2019年2月 3日 (日)

アジアカップ カタール戦

 アジアカップに関する記事の更新もサボっていましたが、試合の方は見ていました。準決勝のイラン戦で会心の勝利をあげて期待感を高めた日本でしたが、決勝ではカタールの前に沈みました。

 完敗でしたね。立ち上がりからこちらのブロックの間に入り込まれてパスをつなぐカタールの選手を捕まえきれず、アクロバティックなシュートを決められて先制を許し、その後もいいようにボールを回されて、ミドルシュートで2失点目。こちらは大迫へのタテパスを切られて、ただブロックの周りでパスを回すばかり。後半は攻から守へのトランジションのところでしっかりボールを回収できるようにして、そこから押し込む展開に持ち込みましたが、真ん中のところはきっちり抑えられて1点しか返せず、逆にカウンターから相手に与えたCKでハンドを犯してジ・エンド。全くいいところがありませんでした。

 ぶっちゃけてしまえば、負けて良かったと思っています。今回のチームは「個人の自主性や判断を尊重し、その場の状況に適応する能力を高めていく」という方針の下、攻守における最低限の約束事も見えないような戦いを続けてきました。が、少なくともヨーロッパのクラブシーンでは細かな約束事を決めてそれを体得できるようトレーニングで落とし込んでいくスタイルが主流で、それが代表チームにも波及してきています。いわば今回の代表チームやJFAの方針は、今の流れに逆行しているんですよ。それでもアジアレベルでは個人の能力で打ち負かす事が出来ましたが、決勝で当たったカタールはスペインのスタイルを育成年代から叩き込んできたチームで、そこに日本は完敗しました。またベスト16で当たったサウジアラビアも同様にポジショナルプレーを磨いてきたチームで、そこにも日本は翻弄されたわけです。この2つの試合から今の方針を見直してくれればと思います。

 が、そうはならないでしょうね。田島会長は「格下に負ける事もある」というような敬意を欠く発言をしているし、NHK-BSでワケのわからない精神論をのたまうばかりでトランジションやポジショナルプレーといった最近出てきた用語を1つも口にしなかった山本昌邦氏がJFA技術委員会の要職に就いているわけですから。この2つの事から、今後の日本サッカーには不安しか感じません。

 さてそんなつまらない代表の犠牲となり、代表サポから批判される事になってしまった「僕らの北川航也」ですが、それでも国の名誉をかけた戦いの雰囲気を肌で感じてこれた事は大きな経験となったはずです。ぶっちゃけ今の代表の指導陣よりエスパのヨンソン監督、ペイトンコーチの指導の方がより先進的だと思うので、その指導の下で自分を磨いて、代表サポを黙らせるような活躍を今季のJリーグで見せて欲しいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

アジアカップ サウジアラビア戦

 ここのところつい更新をサボってました。アジアカップのオマーン戦もウズベク戦も見たのですが、相変わらず仕事が忙しくて、書いてる時間がありませんでした。せっかく「僕らの北川航也」が頑張っていたんですけどね。

 という事で、久々に昨日のサウジ戦ですが、内容は厳しめです。

 サウジがポゼッションを大事にするようになっているとは聞いていたし、チームとしてもある程度ボールを握られるのは想定していたみたいですが、それにしても酷かったというのが率直な感想です。前から嵌めにいくわけでもサイドへおびき寄せるでもなく、ただ漫然とボールホルダーに単騎でチェックにいく事の繰り返しだから、結局守備が後手後手にまわるばかり。またせっかくボールを奪ってもその後のパスが雑だからあっさりボールを回収されるばかり。セットプレーの精度の高さとサウジのアタッキングサードの局面でのアイディアの乏しさに救われて勝てたものの、あれで「ボールは持たせてたんです。ゲームプラン通りなんです!」と言われても「はぁ?」と嘲笑するしかないですよ。昨季後半のエスパの攻守における機能美を見ている自分としては物足りないとしか言いようがないです。

 個々の選手に目を向けた時に、東京五輪組の富安とリオ五輪組の遠藤が良かった事は大きな収穫だったと思います。ただ4試合目でまだこの体たらくではイランに勝てるとは思えないし、ベトナムに足元をすくわれる可能性も十分あると思います。もうちょっと何とかして欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

アジアカップ トルクメニスタン戦

 W杯の翌年の一月には男子のアジアカップが行われます。そのアジアカップの日本にとっての初戦が行われ、日本がトルクメニスタンを3-2で下して白星スタートとなりました。

 実は森保監督になってからの日本代表の試合を観るのは初めてです。ウルグアイに勝つなどして「強いぞ」と騒がれていたので、「さて、どんな感じかな」と思っていましたが、観終わって感じたのは「いつもの男子A代表じゃん。」って事でしたw。

 まず前半があまりにも一本調子というか、トルクメニスタンが5-4-1でガチッと真ん中を固めているのに、同じようにタテパスを入れて同じようにミス等でロストしてカウンターを受ける事の繰り返し。確かにブロックの間でタテパスを受けるのは有効な手段なのですが、ブロックを広げる努力を全くしないでタテに入れても全く意味がありません。あまりに教科書通りのプレーをし過ぎという印象でした。

 それでも攻撃は森保監督の指示により早めにウラを狙ったりサイドを使うようにする事で揺さぶりをかけて3得点する事が出来たので、それほど心配する必要はないと思うのですが、守備に関してはバラバラというかどう守りたいのかが見えませんでした。1失点目はその最たるものだし、2失点目も確かに北川があの位置でロストしたのは問題なのですが、両CBがあんな「門」を作ってたら話にならないし、ボランチの二人も行方不明だし、何やってんだかって感じでした。失礼ながらトルクメニスタンだからあの程度で済んだと思うし(ただ思った以上に良いチームでしたけどね)、あのガタガタな守備じゃオマーン、ウズベキスタンにはもっとやられますよ。とにかく守備を徹底的に見直して欲しいです。

 で、「僕らの北川航也」については、今回はほろ苦い結果となってしまいましたが、これを薬にしてメゲずに頑張って欲しいです。でも1トップのすぐ下のシャドウならまだしも、4-2-3-1のトップ下を務める適性があるかについては、疑問なんですけどねぇ。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

W杯男子代表ベルギー戦

 今日(7/3)の朝方にかけて行われたW杯決勝トーナメント一回戦、日本は2-3でベルギーに逆転負けを喫し、惜しくもベスト16で敗退する事となりました。

 三時に起きる事は出来なかったのですが五時から試合を観始めました。予想以上の奮戦を見せてくれた事で、終わった直後はそれほど悔しいとか悲しいとかいう気分にならなかったのですが、少しずつ悔しさがこみあげてきてますね。一時は2-0で勝っていたわけですから。どうしても「逃がした魚は大きかった」と考えてしまいます。

 2点差をつける事が出来て浮かれてしまったのかもしれませんが、その分「ナイーブ」なところが出てしまいましたね。やはり1失点目の仕方が、複数のミスが重なったもったいないものだったし、その後勢いにのって攻めかかるベルギーに対して慌ててしまい、あっという間に2失点目を喫したのも痛恨でした。そして決勝点の場面、本田がなぜあんなに安直にCKを蹴ってしまったのか、山口はデブライネをファウルをしてでも止めるべきだったのでは、とかいろいろありますが、やはりチームとしてのリスクマネジメントが出来ていなかったと言わざるを得ません。

 そもそもそれ以前の話として、2点差をつけた時点でもっとセーフティなゲーム運びに切り替えるべきではなかったか。そうした意味の甘さというかナイーブさは感じました。よく「2点差は危険なスコア」ってよく言いますけど、そんな事言ってるの日本だけなんですよ。W杯本大会で2点差を逆転された試合が48年ぶりという事実からも表れています。そこは見る側の問題でもあるかもしれないので、普段Jリーグを見ている時でも「2点差ついてイヤな予感したんだよねー」とかしたり顔で言うのではなく、「なぜ2点差つけてたのに負けるんだ!」という厳しい目を向ける必要があるのでは、と思いました。(もう3点差つけてたのが残り10分で追いつかれるなんて問題外ですよね(爆))

 などと厳しい事を書きましたが、大会の二か月前のゴタゴタ以降代表に関して全く期待の持てない状態が続いていたので、これだけの戦いを見せてくれたのは望外の喜びです。JFAやマスコミに足を引っ張られながら、よく戦ってくれましたよ。優勝候補のベルギー相手に殴り合い上等の真っ向勝負が出来るなんて思いもよりませんでしたから。少なくとも個の力は少しずつ世界との差を詰めている事が確認できてよかったです。今は疲れ切っていると思いますが、まずはゆっくり休んで欲しいですね。

 それはそれとして、JFAのドタバタとそれに関する私見については、また改めて書くつもりです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

W杯男子代表ポーランド戦

 昨日(6/28)行われたW杯グループリーグ最終戦、日本はポーランドに0-1で敗れ、同時刻に行われた試合で負けたセネガルと勝ち点、得失点差、総得点で並びましたが、フェアプレーポイントでセネガルを上回り、2大会ぶり3度目のグループリーグ突破を決めました。

 「自滅により負けた」と思っています。決勝トーナメントの戦いをにらんでスタメンをそれまでから6人替えて臨み、案の定全体のバランスがいまひとつよくなくて攻撃のテンポが上がらないし、守備面でも時折カウンターを浴びて何度か決定機を作られ、あげくの果てにセットプレーでマークを外してあっさり失点。その後は余裕を失ってさらにバランスが悪くなったため、最後にとった手段がコロンビアが勝つ事に賭けた最終ラインでのボール回し。この試合に関してはみっともないとしか言いようがないです。

 日本がチャレンジャーの立場で戦う必要がある事は西野監督も理解していたはず。それが2試合を経て得られた有利なポジションと決勝トーナメントに向けての欲が出て、FIFAランキング8位のポーランドに一軍半をぶつけた結果、みっともない試合を見せてしまったのは残念です。まあそれでもスタメンで出た6人の中で決勝トーナメントで使えそうな選手が見いだせれば良かったのですが、どいつもこいつも「使えねー」という選手ばっかだし。岡崎まで怪我してしまうし、泣きっ面に蜂でしょ。

 などと厳しい事を書きましたが、日本が今大会でグループリーグを突破した事自体が予想外の出来事なので、その事については良かったと思っていますし、最後のボール回しもその選択自体を全否定するつもりはないです。もしセネガルがドローに終わったら全てがムダになる危険な賭けで、こんなの世界のサッカーシーンでもなかなかお目にかかれないでしょうけどね。次の相手のベルギーは攻撃陣がとんでもなく協力ですが、そこにどう立ち向かうのか、楽しみにしたいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

W杯男子代表セネガル戦

 前回の記事以降、結局他の記事は書けず、今日に至りました。アルゼンチン、ドイツの大苦戦等書く事はあったんですけどね。というわけで、昨日(6/24)のセネガル戦です。

 決めるべきところを決めていれば勝てた試合だったと思います。特に後半の良い流れの中で得点できなったのが勝ち点3を遠ざける要因となりました。が、二度先行されながらのドローは十二分に評価に値するものでした。前半、つまらないミスから失点し、その後もセネガルの速さと強さに後手を踏む場面が多かったにも関わらず辛抱強く戦いながら次第にアジャストしていき、わずかなスキをついて同点に追いついたのは見事でしたし、後半流れが良かったのに再び先行された事で心が折れかける事もあったと思いますが、そこを踏ん張ってすぐに同点に追いついたのも見事でした。西野監督の選手起用も見事でしたし、チームが自信をつけて良い循環になっているのが感じ取れます。

 何より嬉しく思ったのが、W杯本大会でセネガルと真っ向勝負をして互いに攻め合う試合をする姿を見られた事。これまではどちらかといえば現実的な策をとりながらの戦いでしたからね。大会前にあれだけゴタゴタしながらあれだけの試合を出来たというのは素直に嬉しいです。

 とはいえ、まだ終わっていません。次の相手のポーランドは既にグループリーグ敗退が決まっていますが、手負いの相手ほど怖いものはありません。ここまで来て決勝トーナメント進出を逃すわけにはいきませんから、気を引き締めて戦って欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

W杯男子代表コロンビア戦

 えー、せっかくW杯が始まったのに、仕事にかこつけてブログ更新をさぼっていてすみません。しかもこのタイミングで久々のブログ更新という事で「何、こいつ。」と思われた方もいるかもしれません。まあたまのお祭りだからと生温かい目で見守って頂ければ幸いです。

 W杯ロシア大会の日本にとっての初戦、日本はコロンビアを2-1で下し勝ち点3を手にしました。

 とにかく開始直後の退場劇が全てだったかと思います。あのおかげで前回あれだけ怖かったコロンビアの攻撃にそれほど鋭さがなかったですし、さらに名将ペケルマンも焦ったのか、前半一番怖さを感じたクアドラードを下げてくれました。日本がボールを持っても数的不利な分どうしてもどこかで誰かが浮くので、日本は確実にボールを握りながら相手のスキを突くサッカーが出来ました。そういう日本が得意とする形に持ち込めたのは数的優位によるところが大きかったと思うので、その点はラッキーでしたね。

 ただ、この試合が単純に「運が良かったから勝てた」だけとは思いません。相手を退場に追い込んだのはコロンビアのバウンドしたボール処理のミスを逃さず突いた大迫とそれに続いた香川の頑張りです。その意味では自分達の手で運を呼び込んだと言えます。また前半は細かいミスが多かったしちょっと慎重になり過ぎているところがありましたが、そこをハーフタイムでしっかり修正できたし、なにより選手全員がよく走って自分の役割をまっとうしてくれました(除く途中投入の4番)。本当に素直に「おめでとう。」と言いたいです。

 とはいえ、まだ1試合終わっただけです。いろいろあったので期待してなかったのですが、こうなると欲が出てしまうものです。まだセネガル、ポーランドといった強敵との対戦があるので、まずはしっかりリカバリーして次に備えて欲しいと思います。

P.S

 なお、二か月前に起こったゴタゴタがこれでチャラになったとは断じて思っていません。そのへんは大会が終わってからにでもゆっくり書きたいと思います。

 あと、日本戦以外の試合も書くようにします(汗)。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

男子代表サウジアラビア戦

 昨日(8/5)はW杯アジア最終予選の最終日でした。既に本大会出場を決めている日本はアウェイでサウジアラビアと対戦し、0-1で敗れました。

 サウジは勝てば本大会出場というシチュエーションのため、それこそ国を挙げて代表をサポートしてきたし、選手達の「勝ちたい」という気持ちも日本に比べると勝っていたように思います。それでもそんな酷い戦いをしていたわけではなく、どちらかというとお互いに「失点したくない」という気持ちが強く、硬い試合になった印象があります。その中でセットプレーから二度ほど決定機を作れたのですが、そこで得点できなかったのが痛かったですね。後半はサウジが攻撃のギアを上げてきたのに対し、日本は過酷な環境の中で次第に足が止まるようになり、ついにブロックの間をつながれて失点。その後選手交代で挽回しようとしますが機能せず、サウジが本大会出場の歓喜にわく姿を見る羽目になってしまいました。

 まあシチュエーションや試合会場の環境を考えると敗戦も仕方ないかな、とは思いますが、それにしても守備が思うようにいかず後手を踏む場面が多かった事、そして先制した後引いて守るサウジに対して有効な攻め手をほとんど出せなかったのは残念でしたね。本大会は相手が格上の場合が多いのでこういう場面に会うのは少ないかもしれませんが、もともと遅攻も得意だっただけに、考えて欲しい部分はあります。あとこの日はスタメンをオーストラリア戦から四人代えたのですが、そのうちの本田、岡崎が機能しなかったのが痛かったですね。岡崎は守備では頑張っていたもののポスト役はこなし切れず大迫との差を露呈し、本田に至っては攻守ともに足を引っ張る有り様。二人とも適したポジションではなかったというエクスキューズはありますし、岡崎はスーパーサブのような立場でメンバーに食い込む可能性はありますが、本田は今後メキシコで相当の結果を残さないと苦しいぞ、と思いました。

 何にせよ、オーストラリア戦で本大会出場を決めていてよかったと心から思います。この後はいくつか親善試合をこなしつつ、個々の選手は所属チームで本大会出場に向けてアピールしていく事になります。とにかく個々が自身を磨く事で代表の戦力アップにつながれば、と思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

男子代表オーストラリア戦

 今日(8/31)行われたW杯アジア最終予選で、日本はオーストラリアに2-0で快勝し、6大会連続6回目のW杯本大会出場を決めました。

 まずはハリルホジッチ監督をはじめとする選手・スタッフの方々に、心から「おめでとう」と言いたいです。とにかく完璧な内容の試合でした。

 事前のスカウティングとそれに基付く戦術が見事にハマったのが大きいですね。GKから丁寧につなごうとするオーストラリアに対し、前線の3人とインサイドハーフの2人がガンガンプレスをかけていって、相手に自由につながせる事を許しませんでした。前半はそれがはがされる場面もあったのですが、その時は最終ラインとその前の5人でブロックを作ってスペースを与えず、オーストラリアに決定機を作らせませんでした。もちろんこうした戦術も、それを遂行し得る選手がいなかったら意味がないわけで、その意味で選手達も見事な戦いぶりを見せてくれました。守備に回った時に集中を切らす選手がいなかったというのは素晴らしいと思います。

 ただ、今回の男子代表に関しては、この試合に向けて特別な策を講じたというわけではなく、基本的には最終予選を通してこの戦い方でやってきてるんですよね。ボランチが1人になるか2人になるかというくらいで、両サイドに槍役の選手を置いて1トップを含めた3人でプレスをかけ、奪ったボールを素早く前へつないでゴールを陥れるというやり方を、特にアウェイのUAE戦からこの形でやってきました。その1トップに大迫がはまり、今日はサブでしたが槍役の原口や久保が奮闘して、さらに井手口という才能が新たに加わるなどして、ようやくこの日のような見事な戦いを見せられるようになったわけです。まあこれまでのポゼッションを重視したサッカーとは真逆なので、批判的なライターの方も結構いましたし、僕も「アジア予選でもこの戦いをするってどうなの?」と思った事もありますが、ことこの日の戦いぶりに関しては文句のつけようがないですね。本当にお見事でした。

 これで6大会連続の出場という事で、なんだか本大会出場が当たり前みたいな感覚になりがちですが、一方で本大会では2度決勝トーナメントに進んだくらいなので、今度はもう少し大きなインパクトを残したいですね。その一方で最終予選はもう1試合あります。今日は機能しませんでしたがオーストラリアの戦い方にも好感を持ったので、彼らと一緒に本大会に進むためにも、次もきっちり勝ち点を積み上げて欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

男子代表イラク戦

 昨日(6/13)行われたロシアW杯最終予選のイラク戦、日本はドローに終わったもののB組首位はキープしました。

 ぶっちゃけてしまえば「つまらない試合」でしたね。早々に先制して優位に試合を運べる立場にありながら、重心が後ろに下がり過ぎてしまってイラクの両サイドからの攻めに苦しめられる事になってしまいました。それでも予選である以上、勝てばどんなにつまらない試合でもOKなのですが、非常につまらない失点を献上してのドローではねぇ。とても満足はできません。しかもまた吉田と川島の連係ミスが原因ですから。二人は猛省して欲しいです。そんな感じの試合だったのでガッカリしましたが、何せほとんど体温に近い環境下での試合ですから、川島、吉田以外の選手は責められないと思います。

 という事で、矛先はどうしてもハリルホジッチ監督にいきます。まず、なぜ本田を右サイドで使ったのかがわかりません。UAE戦以降は両翼に槍のような存在を置く事で攻撃を機能させてきたと思っているので、片翼にスピードのない本田を入れてどうするつもりだったのかがわかりません。普通にトップ下に置けば良かったと思うのですが。選手交代にしても、殆ど消えていた久保ではなくなぜ原口を下げたのか、コンディションの万全でない酒井宏をなぜ最初から使ったのか等、疑問は尽きないです。

 それ以上に問題なのはサッカー協会ですね。なぜあんな過酷な環境での試合を認めたのか、全く理解に苦しみます。試合会場の電力供給がどうとか言ってますが、じゃあそんなところでやらせるのを認めるなよ、という話です。ここのところの協会は、あまりにも交渉能力がないというか、そもそもまともに交渉する気あるの?という感じが見えて、イヤになります。もう少し選手達によりプレーしやすい環境を与えてあげて欲しいものです。

※ブログランキング参加中です

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧