2017年2月 7日 (火)

突然、スーパーボウルの話

 サッカーの試合ではないのですが、あまりにすごい試合を見たので、感想を書いておこうと思います。

 日本時間で昨日(2/6)の午前中に、アメリカンフットボールの頂上決戦、スーパーボウルが行われました。試合は延長戦(オーバータイム)の末に、ニューイングランド・ペイトリオッツがアトランタ・ファルコンズを下し、5度目の優勝を果たしました。

 昨日は一切の情報を遮断して、家に帰ってから見ました。前半はとにかくファルコンズが完全にリズムをつかんでタッチダウンを3つ奪ってリード。ペイトリオッツは全くリズムがつかめませんでした。後半に入っても最初のタッチダウンを奪ったのはファルコンズで、この時点で25点差がつきました。何とか第3クオーターのうちにペイトリオッツがタッチダウンを返しましたが、このままファルコンズが勝つんだろうなと思ってました。

 ところがそこからペイトリオッツが猛反撃を仕掛け、2タッチダウンを奪取して8点差。さらに残り1分というところでさらにタッチダウンをあげ、さらに2ポイントコンバージョンまで決めて同点。スーパーボウル史上初のオーバータイムでは、ペイトリオッツが先にタッチダウンを決めて、サッカーで昔あったVゴール勝ち!見事な大逆転優勝を果たしました。

 まあサッカーで表現するなら、70分過ぎまで4点リードしていたのを残り20分で4点返して同点に追いつき、延長戦でVゴール勝ちするようなものですからね。ちょっとビックリです。第4クォーターの途中からは追いつきそうな雰囲気がプンプン漂ってましたからね。サッカーでもいかに流れをつかむかが重要になりますが、そこはアメフトも同じなんだなぁというのを強く感じました。

 まあ僕はNFLはポストシーズンの何試合かとあとスーパーボウルしか見ないニワカなんですけど、楽しませてもらいました。優勝したペイトリオッツはもちろんファルコンズもまた来年良いチームを作ってきて欲しいなと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます!

 去年は初めてでのJ2の戦いで、序盤は本当に苦しみましたが、少しずつチーム力を高めていって特に攻撃力が大きく向上し、終盤まるで辻褄を合わせたような怒涛の9連勝により、見事にJ1へのストレートインを果たしました。チームとしての成長をこれほど感じられたシーズンはここ数年なかったので、途中からは見ていて楽しいシーズンになりました。

 今年は戦いの舞台を再びJ1に戻す事になりますが、決して楽なシーズンにはならないでしょう。J2では通用した事がJ1では通用しないというのがいくらでもあると思います。現実的には「J1残留」というのが目標になるでしょう。それに向けては既存戦力の慰留と新戦力の補強が必須となりますが、それはさておき、今年もエスパルスが一歩でも半歩でも前進したと思えるシーズンになって欲しいと強く願っています。

 本ブログのスタンスとしては、今までと変わらず、サポートしているエスパルスがチームとして前進したか後退したかを、駄文ではありますがしっかり書いていきたいな、と思います。もちろんW杯に向けての重要な年となるので、そちらも書ければと思ってます。

 という事で、今年も本ブログをよろしくお願い致します。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月31日 (日)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 去年はエスパルスにとっては本当に「地獄のシーズン」でした。結果として、今季は初めてJ2で戦う事になります。なんせチーム数が多いし、北は札幌から南は熊本までと非常に移動距離が長く、さらには我々と同じくJ1からカテゴリーを移したチームに加え、いつになく積極的な補強を見せる京都、同じく補強に積極的なC大阪、本山を加えた北九州などどのチームもJ1昇格を虎視眈々と狙っており、一筋縄ではいかないでしょう。我々も覚悟をもって臨まなければならないですし、そのためには去年のように「静岡の暗部」を表に出すような事はあってはならず、クラブ、サポーターが一致団結する必要があります。僕も微力ながら本ブログなどを通して力になれればと思います。

 あと、個人的にも去年はロクな年じゃなかったので、もう少しマシな年にしたいなと思います。

 何にせよ本年も本ブログでエスパルスの事を中心にダラダラと駄文を書き連ねる事になると思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

ラグビーW杯グループリーグ

 9月中旬から始まったラグビーW杯のグループリーグ、日本はアメリカに勝って3勝目をあげましたが、惜しくも決勝トーナメント進出はなりませんでした。グループリーグで3勝しながら決勝トーナメントに進めなかったのは今回の日本が初めてだそうです。

 今回のチームは史上最強の呼び声が高かったので、ひそかに期待はしていました。ただ決勝トーナメント進出は難しいと思っていたし、まさか3勝するとは思ってませんでした。しかもそのうちの1つが南アフリカですからね。本当にあの試合は興奮しましたし、あれは日本はもちろん世界のラグビーの歴史に残る大アップセットでした。W杯では勝てなかったサモアやアメリカにもきっちり勝ったし、本当に素晴らしい戦いぶりだったと思います。改めて日本の選手、スタッフに敬意を表したです。

 ラグビーとサッカーは違いますが、見ていて思ったのは日本がコンタクトプレーを苦にしなかった事ですね。接点では必ず止めていたし、スクラムやラインアウトも安定していました。日本がドライビングモールでトライをとれるなんて思いませんでしたよ。で、これは日本サッカーへの良い勉強材料になると思うんですね。ともすると、日本のサッカー関係者はコンタクトプレイを避けて敏捷性を活かす事のみに目を向けがちなんですけども、やっぱりサッカーもコンタクトプレイは避けられないわけです。そういう当たり前の事をした上で日本人の敏捷さを活かすという強化が、ラグビーを見ていて日本サッカーが良い教材にすべきところじゃないかなと思いました。

 次の大会は日本で行われます。監督がエディ・ジョーンズから代わる事は心配ですが、これだけラグビーが盛り上がったんだから、その火を消さないように最善の準備をして欲しいと思います。まずは胸を張って帰ってきて欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

NFLスーパーボウル

 他のエスパサポは新社長の話題とかでもちきりなのでしょうが、自分としては今日の話題はこれです。

 いやぁ、今回のスーパーボウルは面白かったです。最初から点の取り合いで、リードしては追いつかれたり逆転されたりの繰り返しだったし、最後は特にしびれました。残り30秒であと1ヤードで再逆転タッチダウンという場面でインターセプトして凌ぐとは。一瞬何が起きたかわかりませんでした。

 去年はシーホークスが圧勝して、今年もその時のチーム力を維持したままスーパーボウルに進出してきたので、第3クォーターで10点差がついた時点で「こりゃシーホークスの勝ちかな」と思ったのですが、それを第4クォーターでひっくり返したブレイディを中心としたペイトリオッツの攻撃は見事でした。で、さらにそれをひっくり返そうとして前述のような場面まで持って行ったシーホークスもまた見事で、「こんな試合はそうは見られないだろうな」と思いました。

 アメフトはサッカーでいうところのセットプレーを繰り返すスポーツなので、やたら時間がかかりますが、それを除けば見ていて面白いスポーツです。と言っても僕はポストシーズンの試合を観るくらいなのですが、たまに観るとついつい見入ってしまいます。来年も今回のような熱い試合を観たいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

続きを読む "NFLスーパーボウル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 昨年のエスパルスは本当に厳しいシーズンを戦いました。何とかJ1に踏みとどまった事で、「今季はこの経験を活かして」といきたいところですが、そう上手くはいかないのがフットボールの世界。オフの補強も思うように進んでいない感じがしますし、今年も苦戦は必至のような気がします。ただ大榎監督がシーズン開始からチーム作りに関われるので、監督の理想とするサッカーが定着すれば、という淡い期待も持っています(もっとも、ユースは例年シーズン序盤は大敗続きだった記憶がありますが・・・)。何にせよ、変わらずサポートしていきたいと思ってます。

 代表に関しては、1月にアジアカップがありますが、仕事の関係でどれだけ見れるかわかりません。まあW杯が終わってすぐなので、あまり結果にこだわらずにやればいいんじゃないの、と思いますね。

 などと、今年もエスパルスを中心にして駄文を書き連ねていきますが、引き続き本ブログにお付き合い頂ければ幸いです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

ソチ五輪

 昨日(2/23)、ソチ冬季五輪が閉幕しました。

 正直開会前はそれほど興味がなかったのですが、何だかんだで見ちゃいました。理由は日本の選手達が思っていた以上に頑張った事にあるかなと思います。「メダルは3~4個くらいだろ」と思っていたのが、倍ですから。それもあまり大会前は騒がれていなかった選手達がとったのが良かったなと思います。

 特に41歳の葛西選手が銀メダルを獲得したのは凄いなと思いました。今でも一線で活躍しているだけでもすごいのに、メダルを獲っちゃうんですから。すごいとしか言いようがないです。

 他にもメダルには届かないながらカーリングは健闘したと思いますし、競技自体も結構面白いなと思いました。アイスホッケーとかスキーの回転競技も面白かったし、普段あまりみない競技をまとめて見る事ができて、楽しかったです。選手達には「お疲れ様」と言ってあげたいですね。

 さて、そんな非日常のお祭りも昨日で終わり。今週末からはサッカーファンにとっての日常であるJリーグが始まります。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

高校サッカー決勝

 一昨日に引き続いて国立まで行って来ました。今の姿で行われる最後の大会だからでしょうか、どちらかというと地味なカードにも関わらず超満員で、門の前には余ったチケットを求める人達がいっぱいいました。

 「国立最蹴章」というキャッチフレーズにふさわしい好勝負でした。富山一高が常に優勢に試合を進めながら、数少ないチャンスを活かして星稜が2点をリードし、「試合展開とは裏腹の結果かぁ」と思っていたら富山一高が残り3分で1点を返し、イケイケドンドンで攻め立ててPKを貰って同点に追いつき、延長で逆転までしちゃうんですからねー。サッカーでの2点差の怖さを改めて感じるとともに、富山一高の粘り強さに感心しました。戦い方も前へ前へとアグレッシブに攻めていくスタイルで、見ていて面白かったです。特に左SBの竹澤がいいですね。「進路決まってるのかな」とか思っちゃいます。

 星稜はねぇ、この負け方は本当に悔しいでしょう。すぐそこまで見えていた優勝が逃げてしまったわけですから。ただ守備は非常に堅固だったし、時折見せるカウンターには鋭いものがありました。なかなか切り替えるのは難しいかもしれませんが、捲土重来を期待したいです。

 今の姿の国立を訪れるのは、たぶん僕にとっても最後になるでしょう。少し寂しい気持ちはありますが、次にどんな姿となるか楽しみにしていたいと思います。

P.S しかし来年は埼スタかぁ。遠いなぁ。

Cimg0670_small

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

高校サッカー準決勝

 昨日(1/11)は高校選手権の準決勝を見に、国立まで行って来ました。1日遅れではありますが、その感想を書きたいと思います。

 まず第一試合ですが、予想以上に面白かったです。まず富山一高の攻撃が見ていて面白かったです。ウラ狙いを徹底していましたが、それを数人のコンビネーションで狙おうという意図が見えて、好感が持てました。対して四中工は押され気味だったのですが、そこは名門校。2度先行されながら追いついて終盤はむしろ押し気味の展開に持っていったあたりはさすがでしたね。1点目の直接FKは見事としかいいようがないですし。最後はPK戦で決着する形になりましたが、準決勝にふさわしい試合だったと思います。

 一方の第二試合は思わぬ大差がついてしまいました。点差ほどの差はなかったと思うのですが、やはり星稜が京都橘をよく研究していたなと思います。特に前半は小屋松に殆ど仕事をさせなかったですからね。攻撃はサイドからの攻めを徹底させていましたが、1、3、4点目はそれが結実した形ですし、2点目のPKを貰った場面も右サイドからのクロスに対する対応からですからね。この試合についてはそれがハマった形となりました。対する京都橘は運がなかったなという感じがします。PKの判定もそうですし、後半は結構決定機があったのにことごとく止められてしまいましたからね。悔しいと思いますが、捲土重来を期して欲しいと思います。

 これで決勝は北陸決戦となりました。九州決戦とかありましたが、それに比べるとちょっと地味な印象がありますね。ただ実力は拮抗していると思うので、楽しみです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

今年の初生観戦

 今年のサッカーの初生観戦は、昨年と同じく高校サッカーでした。準々決勝のカードを見て思い立ち、駒沢競技場まで行って来ました。以下、その雑感です。

 第1試合はスコアレスドローでPK戦となり、PKを3本連続で止めた星稜が準決勝進出を決めました。試合自体は丁寧につないでくる星稜に対してがっちり守ってカウンターを狙う修徳という構図となり、特に後半は修徳が狙い通りの試合をしたと思うので、ちょっと残念ではありますね。ただPKを3本とも読み切って止めた星稜のGKの近藤は見事だったと思います。

 第2試合の方が目当ての試合で、実際こちらの方が面白かったです。ただ市船はもう少しやると思っていたんですけどね。何せ優勝候補筆頭ですから。時折見せるサイドでの崩しとかは非常に綺麗なんですけどラストパスの精度が低くてシュートまで持ち込めない場面が多く(何かどこかのチームみたいですが(汗))、次第に京都橘の術中にはまっていく格好となってしまいました。一方の京都橘はやはり小屋松にボールが渡ると何かやってくれそうな感じがありましたね。スピードだけでも相手DFをちきれますし、シュートとかの技術も高いです。ただチーム全体で見ると、去年より重心が後ろにいっていて、後ろからのつなぎもちょっとアバウトになっている気がしました。まあ相手との力関係もあるかもしれないので、準決勝ではそのあたり注目したいと思います。

 これで関東勢は全滅。4強は近畿と北陸勢で占められました(三重も関西の色が強いですしね)。市船と東福岡が消えた中でどういう争いになるか注目です。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧