2020年6月30日 (火)

Footballが戻ってきた

 少し周回遅れの記事になってしまってすみません。5月中旬にドイツ・ブンデスリーガが再開し、6月中旬にはイングランド、イタリア、スペインの各国リーグが再開。そして先週の6/27には日本でもJ2が再開、J3が開幕となりました。

 J2、J3は、当面は無観客もといリモートマッチでの開催ではありますが、愛媛と徳島の四国ダービーで愛媛が3点ビハインドをはね返して逆転勝利するなど、各地で熱戦が繰り広げられました。J2は2節しか終わっていないのに全勝が大宮と長崎だけという早くも混戦を予感させる状況となり、J3も前年度降格し1年でのJ2復帰を目指す岐阜と鹿児島がともに勝ち点3をあげられないという滑り出しとなりました。J1は1週お預けですが、それでも週末のツイッターのTLの話題がサッカー関連でいっぱいになるのは楽しいですね。

 海外に目を向けると、イングランドではリバプールがトップリーグで30年ぶり、プレミアに変わってからは初の優勝を果たしました。中断前のCLではアトレチコに足元をすくわれましたが、リーグ戦は強かったですね。好守とも安定していて盤石という言葉がぴったりくる戦い方でした。プレミアは戦力が拮抗しているので来季もすんなりととはいかないかもしれませんが、それでも優勝候補筆頭にあげられるでしょうね。

 一方僕は国内やプレミアの方は観ていなくて、最終節を迎えたブンデスリーガの残留争いの渦中にあるブレーメンの試合を観ました。最終節直前の段階で自動降格圏の17位に沈み、16位のデュッセルドルフとは勝ち点差が2、得失点差でも不利だったのですが、最終節では大迫の2得点1アシストという活躍もあってケルンを6-1で粉砕。デュッセルドルフが0-3でウニオン・ベルリンに敗れたため、ギリギリで16位となり2部3位のチームとのプレーオフへの出場圏を獲得しました。一昨日(6/28)2部の試合も行われ、2部の3位はハイデンハイムになりました。同じドイツ北部でブレーメンとライバル関係にあるハンブルガーSVが3位に入る可能性もあったのですが、ホームで敗れて4位止まり。これで万が一ブレーメンがハイデンハイムに敗れると、ドイツで有名なダービーの1つであるノルド・ダービーが初めて2部で行われる事になってしまいます。ホーム&アウェイで行われるこのプレーオフも注目です。

 そして今週末はいよいよJ1も再開。楽しみです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

Jリーグの再開日決定

 1日遅れのニュースで恐縮です。昨日(5/29)のJリーグ理事会で、J1、J2の再開日およびJ3の開幕日が発表されました。J1は7/4、J2とJ3は6/27です。

 同時に発表されたのは、

 ・当面は無観客で行い、現時点で政府から示されている基準に従って7/10以降から徐々に観客を入れていく。
 ・移動のリスクを避けるため、東西に分けて距離的に近いクラブ同士の対戦を組んでいく。
 ・上記の理由により、対戦日程を組みなおす。詳細日程は6/15に発表
 ・選手および審判全員に2週間おきでPCR検査を受けさせる

といったところです。

 最初は無観客試合となるのは致し方ないと思います。むしろ「8月くらいまでは無観客かも」って思っていたので、思ったよりも早く観客を入れられるのは嬉しいですね。先に始まったブンデスリーガを観ても違和感ありますから。それと対戦スケジュールが完全に組み直しになるのもしょうがないですね。「日程くん」に頑張ってもらいましょう。

 PCR検査に関しては、先週のNPBとの合同連絡会議で専門家チームから提言があったという話を聞いた時から「ん?」と思ってました。TVではあちこちで「PCR検査をもっと徹底的にやるべき」という意見が出されていたみたいですが、手間がかかる割には精度がそれほど高くない検査にこだわって意味があるのかとずっと思ってましたので(もちろん医師の方に「受けさせるべき」とされた方が速やかに受けられるようにするのは必要ですよ)。ただ検査は唾液を使った検査キットを使用してのものだそうなので、それであればいいのかなと思います。

 ルヴァンカップの日程や開催方式等未定のところも多々あるようですが、ひとまず再開日が決定したのは良かったと思います。やはり準備のターゲットとなる日があるのとないのとではまるで違いますからね。これを受けてクラブも、来週からトップチームはチーム全体での練習を再開する事、クラブの営業は一部在宅ワークを除き通常営業にする事を発表しています。ようやくフットボールのある週末を取り戻す道筋が出来てきて少しホッとしましたが、とはいえウイルスと上手く付き合わないといけない状況に変わりはないので、今の流れを壊さないためにも、引き続き感染のリスクを排除する努力を怠らないようにしないとですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

思い出の試合2(86年W杯 ブラジルvsフランス)

 前回記事に書いたように、このところ新型コロナウィルス感染者増加で世界中でサッカーが出来ない状態になる中、FIFAが過去のW杯の名勝負をYoutubeにアップしてくれています。その中から'86年メキシコ大会準々決勝のブラジルvsフランスを観ましたので、感想を書きたいと思います。何せJリーグが始まるより前の試合なので知らない方も多いと思いますが、Jリーグ初期に活躍したジーコやカレカといった選手が出場した試合ですので、ヒマ潰しにでも読んで頂けると幸いです。

続きを読む "思い出の試合2(86年W杯 ブラジルvsフランス)"

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

Jリーグ再開に向けた状況

 新型コロナウィルス感染の影響でJリーグが中断してから1か月がたとうとしています。この間、ヨーロッパでは日本をはるかに上回る感染者の増加により各国のリーグ戦は中断となり、今年行われる予定だったヨーロッパ選手権も1年延期となりました。完全に「フットボールが奪われた状況」です。

 そんな中、日本では関係者の努力等により感染者はそれほど多くはならず、小康状態を保っていると言っていいと思います。Jリーグや各クラブも4/3からの再開に向けて粛々と準備を進めて来ましたが、今日(3/23)のプロ野球とJリーグとの合同連絡会議において専門家チームからは「4月上旬からの再開は困難」という意見が出され、再延期の可能性が高くなってきました。

 まあ小康状態といっても感染者は少しずつ増えていっているし、日毎に見た場合でもまだ感染した方の方が回復して退院された方よりも多い状況なので、専門家の方々とすれば少なくとも「再開OK」というようなお墨付きは出せないと思います。先週末の国の専門家委員会でも大都市圏での感染者数の爆発的増加(オーバーシュートでしたっけ)のリスクを指摘されていましたし、4月上旬の再開が厳しいというのは理解できなくはないです。

 ただ、Jリーグや各クラブは前向きに準備を進めているというのは伝わってくるのですが、それを取り囲む政府や各省庁、自治体、そして専門家の動きのバラつきについイライラしちゃうんですよね。今頃「オーバーシュート」とかいう新たな専門用語を出す専門家の方々(クラスター除去のために多くの方々が尽力して下さっているのは承知していますが)、省庁間の足並みが揃わず今頃になって横断的な組織を作った政府、同じく今頃になって「東京を封鎖する可能性」に言及する小池都知事とか。都知事の「イベントを3週間自粛」要請にしても何かの目星や準備期間のためという感じには見えないし、何というか大した見込みもなしに「自粛しろ」としか言われず、結果として僕たちのフットボールが失われたままになっているという事にイライラしています。亡くなられた方もいらっしゃる以上そんな事は言ってはいけないのかもしれませんけどね。

 以前にも書きましたが、ウイルスを完全に失くす事は100%不可能なのだから、ウイルスとの共存を考えていくしかないと僕は思っています。また動画配信を拝見する限りJリーグも同じ考えの下準備を進めているものと認識しており、信頼もしています。その考えに立つのであれば、専門家をある程度納得させ得る準備が整えば、後は専門家チームが何を言おうがリーグ戦を再開させるように進める覚悟を持って欲しいし、既に持っているものと信じています。まあまずは25日の理事会での判断待ちですね。

 一方で日毎の感染者の数と回復された方の人数は個人的にウォッチしようと思っています。あとは昨日のK-1イベントで影響が出ない事を祈りたいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

Jリーグ再延期 3月いっぱい中断

 Jリーグは今日(3/12)の理事会で、3/18から再開予定だったJ1,J2,J3およびルヴァンカップの試合を延期する事を正式決定しました。4/3からの再開を目指すとの事です。

 既に9日に関係者が集まって合意した旨が報道されているので、当然ながら驚きはないですが、何ともいえない忸怩たる思いでいっぱいになっているというのが今の感想ですかね。Jリーグだけでなく高校野球も中止が発表されたし、大相撲も無観客で行われているし、当たり前だった日常が失われているのは寂しいですよね。先日記事を書いたヨーロッパのサッカーに関しても、昨日今日行われたCLベスト16のうち2試合が無観客で行われ、今週末以降のプレミアリーグも無観客で行われる事が発表されたみたいです。特に今週末楽しみにしていたドルトムントとシャルケのレヴィアダービーも無観客で行われるらしいというのは非常に残念です。こうやって大好きな「フットボールに囲まれた日常」が奪われようとしているのは本当に残念だし、この無念さや怒りの矛先をどこに向けたらいいのかわからずに日々悶々としています。(いや、具体的な矛先はあるんですけどね。お隣の中国とかWHOのク〇委員長とか。)

 Jリーグに関しては4/3からの再開を目指すとの事ですが、現時点では確実に再開できるとは言えないと思います。感染者の数は増えていますし、ここ数日は亡くなられた方もおられるので。ただ今のまま自粛自粛で委縮したままでいたら、経済面でとんでもない痛手を被る事は明らかです。それにぶっちゃけた話ここに至っては新型コロナウィルスを完全に駆逐するなんて不可能なのは明らかなんだから、もう万が一かかった時の治療方法を探しながらある程度共生していくしかないと思ってます。ですのでこれからは一人一人がそういう意識を持ち、それにあたっての基礎知識を政府やマスコミがきちんと報道していく事で、国全体を少しずつ元に戻していくための雰囲気作りをしていく必要があるんjないかなと思います。Jリーグがそうした雰囲気作りの先鞭をつけられたらいいですね。

 Jリーグ再延期の報を聞いて感じていた事を取り留めもなく書いてしまいました。今はJリーグが予定通り4月から再開される事を祈るのみです。

 なおJリーグ副理事長の原さんが僕と似たような考えの話を述べて下さった動画がありますので、共有します。お時間のある方はご覧ください。

 NPBとのウイルス対策連絡会議について(JリーグTV)

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 昨年のエスパルスについては、開幕前は「今年はいけるぞ」と期待感に満ち溢れていたのですが、開幕前からいろんな事があって、結局最終戦まで残留を争っての12位という不本意な結果に終わりました。それを受けてクラブは社長、GM、監督の全てを交代させました。「なんとかこのじり貧感を脱したい」という強い思いから行った事だと思いますが、これが吉とでるか凶と出るかは全くわかりません。ただ、特にサッカーのスタイルについては少しでも新しいものを積極的に取り入れていかないと今のJリーグを生き残っていくのが困難なので、そのTryは歓迎したいし、観ている僕らも腹をくくらないといけないと思います。

 個人的にも去年は仕事が本当にしんどくて、その余波が年末まで続いている感がありますが、オリンピックにはもう少し元気を取り戻して、より楽しくやっていきたいなと思っています。

 というわけで、今年も本ブログをよろしくお願い致します。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 まずエスパルスですが、昨年は久々に一けた順位に入るというポジティブなシーズンとなり、復権へ向けて拙いながら第一歩を踏み出した年となりました。とはいえ、今年また下位に低迷するようでは意味がなく、昨季踏み出した歩みを続けなくてはなりません。なかなか思うようにいかない事もあるかもしれませんが、昨季築いたベースを信じて頑張って欲しいです。

 僕個人はどうにもこうにも仕事が忙し過ぎたので、もう少し落ち着いた生活に戻したいのですが、なかなか思うようにはいかないようです。とはいえあまり仕事に振り回される事なく、マイペースに過ごしたいな、というのが年頭にあたっての所感です。(ポジティブな内容でなくてすみません(汗))

 本ブログもそんな感じでマイペースにやっていきたいと思いますので、引き続きお付き合い頂ければ幸いです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 まずエスパルスの事について書くと、昨年は最後の最後まで苦しみましたが、何とか今年もJ1で戦える事になりました。とはいえ、昨年のようなギリギリの戦いを繰り返していたらやがてクラブの体力もなくなっていくのは目に見えていますが、クラブも同じ事を考えたのか、久米氏をGMとして招へいするなど、体制をより盤石なものとするための動きをしています。肝心の選手補強の動きはあまり聞こえてきませんが、そこはなるようにしかならないところがあるので、吉報を待つしかないですね。とにかく今年はより安らかな気持ちで試合が見られるようにして欲しいです。

 一方で六月にはワールドカップが始まります。肝心の日本代表の状態がいまひとつなのが気になるところですが、それでも世界中の強豪がしのぎを削る戦いが見られるのは楽しみです。

 何にせよ今年もちょこちょこ駄文を書かせて頂きますので、お付き合い頂ければ幸いです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

突然、スーパーボウルの話

 サッカーの試合ではないのですが、あまりにすごい試合を見たので、感想を書いておこうと思います。

 日本時間で昨日(2/6)の午前中に、アメリカンフットボールの頂上決戦、スーパーボウルが行われました。試合は延長戦(オーバータイム)の末に、ニューイングランド・ペイトリオッツがアトランタ・ファルコンズを下し、5度目の優勝を果たしました。

 昨日は一切の情報を遮断して、家に帰ってから見ました。前半はとにかくファルコンズが完全にリズムをつかんでタッチダウンを3つ奪ってリード。ペイトリオッツは全くリズムがつかめませんでした。後半に入っても最初のタッチダウンを奪ったのはファルコンズで、この時点で25点差がつきました。何とか第3クオーターのうちにペイトリオッツがタッチダウンを返しましたが、このままファルコンズが勝つんだろうなと思ってました。

 ところがそこからペイトリオッツが猛反撃を仕掛け、2タッチダウンを奪取して8点差。さらに残り1分というところでさらにタッチダウンをあげ、さらに2ポイントコンバージョンまで決めて同点。スーパーボウル史上初のオーバータイムでは、ペイトリオッツが先にタッチダウンを決めて、サッカーで昔あったVゴール勝ち!見事な大逆転優勝を果たしました。

 まあサッカーで表現するなら、70分過ぎまで4点リードしていたのを残り20分で4点返して同点に追いつき、延長戦でVゴール勝ちするようなものですからね。ちょっとビックリです。第4クォーターの途中からは追いつきそうな雰囲気がプンプン漂ってましたからね。サッカーでもいかに流れをつかむかが重要になりますが、そこはアメフトも同じなんだなぁというのを強く感じました。

 まあ僕はNFLはポストシーズンの何試合かとあとスーパーボウルしか見ないニワカなんですけど、楽しませてもらいました。優勝したペイトリオッツはもちろんファルコンズもまた来年良いチームを作ってきて欲しいなと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます!

 去年は初めてでのJ2の戦いで、序盤は本当に苦しみましたが、少しずつチーム力を高めていって特に攻撃力が大きく向上し、終盤まるで辻褄を合わせたような怒涛の9連勝により、見事にJ1へのストレートインを果たしました。チームとしての成長をこれほど感じられたシーズンはここ数年なかったので、途中からは見ていて楽しいシーズンになりました。

 今年は戦いの舞台を再びJ1に戻す事になりますが、決して楽なシーズンにはならないでしょう。J2では通用した事がJ1では通用しないというのがいくらでもあると思います。現実的には「J1残留」というのが目標になるでしょう。それに向けては既存戦力の慰留と新戦力の補強が必須となりますが、それはさておき、今年もエスパルスが一歩でも半歩でも前進したと思えるシーズンになって欲しいと強く願っています。

 本ブログのスタンスとしては、今までと変わらず、サポートしているエスパルスがチームとして前進したか後退したかを、駄文ではありますがしっかり書いていきたいな、と思います。もちろんW杯に向けての重要な年となるので、そちらも書ければと思ってます。

 という事で、今年も本ブログをよろしくお願い致します。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧