« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月30日 (木)

J1昇格プレーオフ決勝に向けて その1 東京Vの印象

 昇格プレーオフ決勝まであと3日となりました。チームは今日(11/29)から非公開の練習に入っており、そこで決勝を意識した練習が行われている事と思います。チケットも明日発売という事で盛り上がってきました。(僕の胃の痛みも増してきています(汗。)

 そこで、昨日(11/28)の記事で予告した通り、決勝の相手となる東京Vについて、どういうチームかを書こうと思います。といっても、東京Vについてもフルタイム観たのはウチとの2試合とホームでの千葉戦、そして先日行われたプレーオフ準決勝の千葉戦の4試合だけなので、やはり情報不足なところがあるのはあらかじめご承知おき下さい。

続きを読む "J1昇格プレーオフ決勝に向けて その1 東京Vの印象"

| | コメント (0)

2023年11月28日 (火)

最後のチャンスを得た試合(11/25 PO準決勝 山形戦)

 先週末(11/25)はアイスタ日本平で行われたJ1昇格プレーオフ準決勝の山形戦を観に行って来ました。寒くなるという予報が出ていましたが、日が照ってきたのでそれほどでもなく、むしろ過ごしやすい気候でした。

 開門時点ではそれほど観客が来ておらず少し心配していたのですが、試合開始が近付くにつれて結構入って来て、1万6千人近くの観客が訪れました。ゴール裏サポも気合が入っていて、いつも以上の声量が出ていました。圧巻だったのは試合前のコレオグラフィで、「再起」の文字を白をベースに浮かび上がらせ、選手が入場してくるのに合わせてベースの色をオレンジに変えていくというもので、これは素晴らしかったです。

<J1昇格プレーオフ準決勝 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー0 モンテディオ山形

 ※レギュレーションによりエスパルスが決勝進出

20231125_130015_small

続きを読む "最後のチャンスを得た試合(11/25 PO準決勝 山形戦)"

| | コメント (0)

2023年11月26日 (日)

ユース プレミアリーグプレーオフ進出決定

 昨日(11/25)はアイスタ日本平でJ1昇格プレーオフ準決勝が行われ、エスパルスと山形が対戦し0-0で引き分けに終わりました。この結果リーグ戦で最終順位が山形より上であるエスパルスが決勝進出を決めました。また今日(11/26)もう1つの準決勝が行われ、東京Vが勝利し、決勝の対戦相手は東京Vとなりました。

 昨日の試合は勿論観に行ったので、それに関する記事も勿論書くつもりですが、それは明日(11/27)か明後日(11/28)に書きます。今日はユースについて書きます。

 昨日(11/25)、プリンスリーグ東海の第17節が行われました。エスパルスユースは浜松開誠館と対戦。前半早い時間に先制し、後半1度は同点に追い付かれたものの2分後に勝ち越し、終盤に突き放して3-1で勝利しました。一方、3位の藤枝明誠は既に優勝を決めているJFAアカデミー福島と対戦しましたが、0-3で敗戦。この結果、残り1試合で3位との勝ち点差を4に広げたエスパルスユースが2位を確定させ、高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグプレーオフ進出を決めました。

 プリンスリーグ東海の順位表は以下の通りです。

Photo_20231126193401

※JFA公式HPより引用⇒リンク

 前半戦は苦戦が続き中位にいましたが、夏のクラブユース選手権を通して少しずつチーム力を上げて第12節で2位に浮上し、何とかプレーオフへ進む事が出来ました。JFAアカデミー福島の後塵を拝したのは残念ですが、来週最終節での対戦を残してますので、是非とも勝ってダブルを達成しプレーオフへ弾みを付けて欲しいですね。

 高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグプレーオフは12/8と10にエディオンスタジアム広島などの広島県の4会場で行われます。全国のプリンスリーグで上位に入った16チームを4つのグループに分けて、グループ毎に4チームのトーナメント戦を行い、勝ち抜いた4チームが来季のプレミアリーグに参入する権利を得ます。過去に静学も磐田U-18も何度かここで敗退したと記憶しています。過酷な大会ですが、是非ともプレミアリーグ復帰を果たして欲しいです。

 トップチームもユースも目標達成まであと少しですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月22日 (水)

J1昇格プレーオフ準決勝に向けて その2 エスパルスはいかに戦うべきか

 昨日(11/21)、昇格プレーオフ準決勝の相手となる山形の印象とか戦い方について書きました。それを受けて、エスパルスが山形相手にいかに戦うべきかについて書きます。といってもシロートの戯言みたいなものだし、突飛な策も思い浮かばないので、そこはご容赦下さい。

 まずは今シーズンの山形との対戦について軽く振り返ります。

〇6/3 第19節 於 NDソフトスタジアム山形

 エスパがルヴァン杯も合わせて公式戦2連勝、山形も3連勝で臨んだ試合でした。前半最初はエスパがペースを握り、30分までに5度ほど決定機を作りました。が、それを決められないでいるうちにペースを持っていかれ、42分に自陣での相手ボールのスローインからチアゴ アウベスにロングシュートを決められ先制を許し、後半早々の48分にタテパスをカットされてのカウンターからイサカ ゼインに決められて2失点目。その後はエスパが押し込み続けますが78分に1点返すのが精一杯。結局1-2で山形にリーグ戦初黒星を喫しました。

〇9/9 第34節 於 IAIスタジアム日本平

 この時のエスパは11試合負け無しだったものの直近2試合はドロー。一方の山形は前々節に町田に0-5と粉砕され、前節も大宮にドローという状態で臨んだ試合でした。前半開始からエスパが山形を押し込み、15分にサンタナのゴールで先制。その後山形にいくつか決定機を作られましたがそれを凌ぎ、逆に30分、相手陣でボールを奪ってのカウンターから岸本が決めて2点目。更に45分にセットプレーから高橋が決めて、前半だけで3点をリード。後半は山形に押し込まれましたが、システムを3バックに変えて凌ぎ切ったエスパが3-0で勝ちました。

 こうやって振り返ってみると、やはり先制点が大事ですね。まあ当たり前の事なのですが(汗。

続きを読む "J1昇格プレーオフ準決勝に向けて その2 エスパルスはいかに戦うべきか"

| | コメント (0)

2023年11月21日 (火)

J1昇格プレーオフ準決勝に向けて その1 山形の印象

 今週末、J1昇格プレーオフ準決勝の山形戦がアイスタ日本平で行われます。チームは昨日一昨日とオフでしたが、今日(11/21)から練習を再開しました。明日から試合前日までの3日間は非公開(マスコミも遮断しての完全非公開との話もあります)で行われます。少しずつ緊張感が高まってきました。

 それに便乗して、というわけではないのですが、水戸戦の記事でプレーオフに向けた記事も別途書くと宣言したというのもあるので、まずはその第1弾として準決勝の対戦相手である山形がどういうチームかについて書こうと思います。といってもフルタイム観たのはウチとの2試合と先日の甲府との試合の3試合だけなので情報不足なところもあると思います。そこはご容赦下さい。

続きを読む "J1昇格プレーオフ準決勝に向けて その1 山形の印象"

| | コメント (0)

2023年11月18日 (土)

ユースは2位以下が決定 だが戦いは続く

 今日(11/18)、プリンスリーグ東海は第16節が行われ、エスパルスユースは藤枝明誠に1-4で敗れました。幸先良く先制したものの前半のうちに逆転され、後半にも2失点喫しての完敗だったそうです。一方、首位のJFAアカデミー福島が浜松開誠館を3-1で勝ち、この結果2位のユースとの勝ち点差が残り2試合で7となったため、JFAアカデミー福島がプリンスリーグ東海の優勝を決めました。

 順位表は以下の通りです。

20231118_20231118224601

 この結果を聞いた時、「これでユースのプレミア昇格の夢が潰えた」と思いました。が、Xで僕がフォローしている方の投稿によると、JFAアカデミー福島のU-18は今年度いっぱいで活動を停止するとの事(U-15は今後も活動継続)。このためJFAアカデミー福島が優勝した場合は、2位のチームが繰上げで昇格プレーオフに出場する事になるとの事。なので、エスパルスユースが今の順位である2位をこのままキープ出来れば昇格プレーオフに進めるそうです。これまで本ブログで誤った情報を出してしまってすみませんでした。

 ただそうなると今日の試合結果は別の意味で残念ですね。3位の藤枝明誠に勝ち点1差に迫られてしまったので。残り2試合、浜松開誠館とJFAアカデミー福島という厳しい対戦相手が残っていますが、何としても2位に踏み止まって昇格プレーオフに進出して、1年でのプレミア復帰に繋げたいですね。

 って、トップチームと状況が酷似してますね(汗。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月16日 (木)

ユースは今週末から終盤戦へ

 先週末の水戸戦以来いろんな感情が渦巻いてダウナー状態になってましたが、一昨日(11/13)にその試合の記事を書き、それを通して頭の中を整理出来た事でようやく気持ちの面では切り替えられつつあります。一方で早くもドキドキし始めてますが(汗。で、その記事の中で「プレーオフの事は別の記事にする」と書きましたし、それはアップするつもりですが、プレーオフよりも先にユースの方が今週末から重要な局面を迎えるので、そちらから先に書きます。

 前回書いたユースの記事は10/3なのですが、その後の10/8に1試合行われ、エスパルスユースが藤枝東を5-4で下しました。

 前日の10/7のダービーの日は清水に泊まったので、翌日もう1度アイスタへ行って観てきました。前半はエスパルスユースが攻守共に予想以上に整備されていた印象で、プレスのかけ方とかボール保持時のビルドアップの形がすごくしっかりしていて、その上個々の選手の能力でも上回っていて、実際前半は4-1と圧倒していました。後半も途中まではユースがペースを握っていたのですが、途中から足が止まり始めて藤枝東に押し込まれてしまい、そうなるとバタバタしてしまって立て続けに3失点。82分の矢田のゴラッソがなければドローに持ち込まれていました。という事で課題はあるのですが、プリンス東海で連勝を続けているのはダテじゃないなと感じました。

 これを受けてのプリンスリーグ東海の順位は以下の通りです。

20231008

 ※JFA公式HPより⇒リンク

 1位のJFAアカデミー福島が首位を走っていますが、エスパルスユースも勝ち点4差で2位に付けています。

 で、この試合以降プリンスリーグ東海は、選手権予選が行われる事に配慮してずっと中断していましたが、今週末から再開します。エスパルスユースの試合日程は以下の通りです。

 第16節 11/18 対 藤枝明誠(藤枝総合運動公園陸上競技場)
 第17節 11/25 対 浜松開誠館(浜松開誠館総合グランド)
 第18節 12/02  対 JFAアカデミー福島(未定)

 残りはこの3試合。最終節に首位のJFAアカデミー福島との決戦(しかもホーム!)を残しているので、まずは藤枝明誠、浜松開誠館との2試合に勝った上で最終節に臨みたいところです。一方で首位との勝ち点差が4あるので、JFAアカデミー福島が第16~17節のどちらかで勝ち点を落としてくれないと、高円宮杯プレミアリーグへの復帰の道が閉ざされます。しんどい状況ではありますが、トップと違ってこちらは追う側なので、まずは2試合ともしっかり勝って欲しいです。いずれも強豪ですけどね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月14日 (火)

また自滅 そして苦難の旅は続く(11/12 水戸戦)

 昨日(11/12)はJ2最終節という事で、アウェーの水戸まで行って来ました。聞くところによると4,000人以上のエスパサポが訪れたとの事。実際メインスタンドも半分近くがオレンジ色のユニ等を身にまとっていましたし、アウェーとは思えない雰囲気となっていました。

 しかし結果は1-1。この結果J1自動昇格を磐田に譲る事となり、東京Vにも抜かれて4位でリーグ戦を終える事となりました。

 本当に受け入れがたい結果で、時間がたった今でも失意の底にいるような感じです。とはいえ試合の感想をブログにあげる事はルーチンみたいなものだし、90分映像を見直したので、現地で観た印象と合わせて書いていこうと思います。

<明治安田生命J2リーグ 於 ケーズデンキスタジアム水戸>

 清水エスパルス 1ー1 水戸ホーリーホック

20231112_145648_small

続きを読む "また自滅 そして苦難の旅は続く(11/12 水戸戦)"

| | コメント (0)

2023年11月 8日 (水)

前節の反省を生かしての勝利(11/4 大宮戦)

 先週末(11/4)はホーム・アイスタ日本平での大宮戦。今シーズンのホーム最終戦でした。11月とは思えない暑さこそあったものの、気持ちのいい青空が広がる好天となりました。

 チケットは早々に完売し、ダービーと同じ1万8千人もの観客が訪れました。スタンドのあちこちにサポーター有志による観客へのメッセージが貼りだされ、選手入場時にはその雰囲気を更に高めるような「共に」とのコレオグラフィ。雰囲気は最高でした。

<明治安田生命J2リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 4ー0 大宮アルディージャ

20231104_135943_small

続きを読む "前節の反省を生かしての勝利(11/4 大宮戦)"

| | コメント (0)

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »