« 2023年J2戦力分析その4(磐田、藤枝、岡山、山口) | トップページ | 2023年シーズン開幕に向けて »

2023年2月17日 (金)

2023年J2戦力分析その5(徳島、長崎、熊本、大分)

  今季のJ2の各クラブの戦力分析の最終回です。四国、九州地方の4クラブを取り上げます。昨季は長崎以外はひと桁順位フィニッシュでしたし、その長崎も今オフ精力的に戦力補強を行いました。どのクラブも曲者揃いです。

 今回もYoutubeのサッカーキングチャンネルの週刊J2やエルゴラッソなどを参考にさせて頂きました。

  サッカーキング 週刊J2 移籍まとめ 戦力分析(後編)

〇徳島ヴォルティス(昨季順位:8位)

  監督:ベニャート ラバイン(1年目)
  基本システム:4-4-2(?)
  主な在籍選手:GK ホセ アウレリオ スアレス
                          DF 内田、カカ、エウシーニョ、田向
                          MF 白井、杉本、児玉、長谷川
                          FW 杉森、西谷
  主な加入:ルイズミ ケサダ(DF テルメズ スルホン)
                   外山(DF 松本)
                   中野(DF 京都)
                   渡(FW 福岡)
                   柿谷(FW 名古屋)
                   森(FW 柏)
                   千葉(FW 千葉)
  主な退団:一美(FW 京都)
                   藤尾(FW C大阪)

 昨季の徳島は序盤は勝ち星が伸びませんでしたが、少しずつ攻撃を積み上げていって23節から41節まで負け無しでした。しかし最終戦で山形に敗れて8位に終わってしまいました。失点は35失点と優勝した新潟と並ぶリーグ最少だったのですが、得点が48点と真ん中程度に留まり、そのおかげで引き分けが23と、得点力不足により勝てる試合を引き分けに終わってしまったのが8位に終わった原因なのは明らかでした。それを受けて今オフは攻撃陣を中心に補強。藤尾と一美は抜けたものの、渡、森、千葉を獲得。更に攻撃にアクセントを加える選手として柿谷を獲得し、攻撃陣の厚みは一気に増した印象があります。一方で中盤から後ろは主力がほぼ全員残留しており、昨季最小失点を誇った守備陣と新たに獲得した攻撃陣がマッチすれば、ウチにとっては非常に手強い相手になりそうです。あとは新監督のベニャート ラバイン氏の手腕がどうかですね。指導歴は15年あり、レアルマドリーの下部組織のヘッドコーチやレアルソシエダの分析担当などを歴任されてますが、トップチームの監督は初めてのようなので、ネックがあるとすればここかもしれません。ただリカルド ロドリゲス氏以降一貫してスペインから監督を呼んでくる事が出来るパイプがあるのは羨ましいですね。

〇V・ファーレン長崎(昨季順位:11位)

  監督:ファビオ カリーレ(1年目)
  基本システム:4-2-3-1(?)
  主な在籍選手:GK 富澤
                          DF 櫛引、米田、加藤、奥井
                          MF 加藤、カイオ セザール、鍬先、クリスティアーノ、クレイソン、澤田
                          FW エジガル ジュニオ、都倉
  主な加入:波多野(GK FC東京)
                   岡野(DF 町田)
                   今津(DF 広島)
                   ヴァウド(DF 清水)
                   増山(MF 大分)
                   名倉(MF 仙台)
                   ファンマ デルガド(FW 福岡)
                   宮城(FW 川崎)
  主な退団:江川(DF G大阪)
                   二見(DF 今治)
                   村松(DF 今治)
                   植中(FW 横浜FM)
                   山崎(FW 宮崎)

 昨季の長崎は開幕ダッシュに失敗し、一時は降格圏内まで順位を落としたものの、そこから盛り返して21節時点で5位まで順位を戻し、そこで更なるテコ入れをすべく監督をファビオ カリーレ氏に代えました。ただそこで更にエンジンをかけるはずが逆に調子を落とし、最終的に11位に終わりました。今季逆襲を図るべくオフに大補強を敢行。最終ラインで江川が抜けたものの、今津、ヴァウドといったJ1で実績のある選手を獲得。二列目にも増山、名倉、宮城を入れて厚みを増し、更にファンマを復帰させる事にも成功。非常に選手層の厚い陣容となりました。ウチからするとメンバーを見る限りは脅威なのですが、J2は出場できる外国人は4人までなので2人は使えない事とそしてカリーレ監督の力量がどうかですね。昨年の就任時は「チッチ氏の後のブラジル代表監督候補の一人」という触れ込みを聞いたのですが、今のところあまり評価は高くないみたいなので。

〇ロアッソ熊本(昨季順位:4位)

  監督:大木 武(4年目)
  基本システム:3-3-1-3
  主な在籍選手:GK 佐藤
                          DF 黒木、阿部、江崎
                          MF 田辺、三島、上村、竹本、平川
                          FW 土志田、粟飯原
  主な加入:岡崎(DF FC東京)
                   宮崎(DF 鹿屋体育大)
                   相澤(DF 駒沢大)
                   大西(MF 岐阜)
                   大本(MF 琉球)
                   松岡(MF 栃木)
                   豊田(MF 中央大)
                   石川(FW 鳥取)
                   大崎(FW 福岡大)
  主な退団:菅田(DF 仙台)
                   イヨハ 理 ヘンリー(DF 京都)
                   河原(MF 鳥栖)
                   杉山(MF G大阪)
                   高橋(FW 浦和)
                   坂本(FW 横浜FC)
                   ターレス(FW 名古屋)

 昨季4年ぶりにJ2に参戦した熊本は、開幕当初は中位で推移していたものの次第に調子を上げ、復帰1年目でクラブ史上最高の4位でフィニッシュ。昇格プレーオフも勝ち抜きJ1昇格へ後一歩まで迫りましたが、惜しくも昇格はならなかったものの、予想外の大躍進となりました。が、その反動というのか今オフは他クラブからの標的となってしまい、最終ラインの菅田、イヨハ 理 ヘンリー、中盤の河原、杉山、FWの高橋、坂本といった主力をごっそり引き抜かれてしまいました。特にチーム得点王だった高橋と中盤の要だった河原の穴は大きいと思われ、大本や石川を獲得したものの戦力ダウンは否めません。とはいえ大木監督のサッカースタイルは完全に浸透しており、即戦力となり得る大卒選手を多数獲得しているので、ここは大木監督の腕の見せ所ですね。

〇大分トリニータ(昨季順位:5位)

  監督:下平隆宏(2年目)
  基本システム:3-4-2-1
  主な在籍選手:GK 高木
                          DF ペレイラ、上夷、坂、刀根
                          MF 弓場、羽田、藤本、高畑、町田、野村、梅崎
                          FW 長沢、サムエル
  主な加入:新井(GK 秋田)
                   テイシェイラ(GK ECバイーア)
                   安藤(DF 今治)
                   デルラン(DF グアラニ)
                   松尾(DF 関西大)
                   茂(MF 秋田)
                   池田(MF 琉球)
  主な退団:小出(DF 仙台)
                   三竿(DF 京都)
                   エドゥアルド ネット(MF 未定)
                   井上(MF 横浜FM)
                   小林裕(MF 引退)
                   下田(MF 町田)
                   増山(MF 長崎)
                   金崎(FW 未定)
                   呉屋(FW 千葉)

 1年でのJ1復帰を目指した大分ですが、ルヴァン杯参加による過密日程やけが人の続出などにより前半戦を終えたところで10位に終わります。しかし後半は若手の成長などもあって持ち直し、何とかプレーオフ圏内に滑り込みましたが、プレーオフ初戦で敗退しJ1復帰はなりませんでした。今オフは最終ラインの三竿、中盤の井上、下田、そして前線で長沢に次ぐチーム2位の得点をあげた呉屋が退団し、特に横浜FMに引き抜かれた井上の穴をいかに埋めるかがカギとなるでしょう。とはいえ、チーム得点王の長沢が健在で、その後ろのポジションにも町田、梅崎がいるなど選手は揃っています。下平監督も実績は十分なので、昇格争いには間違いなく絡んでくるでしょう。

 という事で、何とかエスパルス以外の21クラブを紹介する事が出来ました。一通り見させて頂いて、自分としても勉強になりましたし、どこのクラブも一癖も二癖もあるなぁという感じで、気持ちが引き締まりました。明後日(2/18)、いよいよ開幕です。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« 2023年J2戦力分析その4(磐田、藤枝、岡山、山口) | トップページ | 2023年シーズン開幕に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2023年J2戦力分析その4(磐田、藤枝、岡山、山口) | トップページ | 2023年シーズン開幕に向けて »