« 2023年J2戦力分析その2(栃木、群馬、大宮、千葉) | トップページ | 2023年J2戦力分析その4(磐田、藤枝、岡山、山口) »

2023年2月13日 (月)

2023年J2戦力分析その3(東京V、町田、甲府、金沢)

 今季のJ2の各クラブの戦力分析(といっても軽めのつもりですが)第3弾です。ようやく今回で半分を超す事になります。

 今回もYoutubeのサッカーキングチャンネルの週刊J2やエルゴラッソを参考にさせて頂きました。あと甲府については2/11のスーパーカップで今季のメンバーでの戦いを見る事が出来たので、その時の印象も加えております。

 サッカーキング 週刊J2 移籍まとめ 戦力分析(前編)
 サッカーキング 週刊J2 移籍まとめ 戦力分析(後編)

〇東京ヴェルディ(昨季順位:9位)

  監督:城福 浩(2年目)
  基本システム:4-4-2
  主な在籍選手:GK マテウス
                          DF 谷口、深澤、加藤、山越
                          MF 梶川、森田、小池、杉本、バスケス バイロン
                          FW 河村
  主な加入:宮原(DF 名古屋)
                   千田(DF 秋田)
                   斎藤(MF 横浜FC)
                   北島(MF 福岡)
                   マリオ エンゲルス(FW スパルタ)
  主な退団:高木和(GK いわき)
                   ンドカ ボニフェイス(DF 横浜FC)
                   馬場(DF 札幌)
                   井出(MF 神戸)
                   石浦(MF 愛媛)
                   佐藤(FW 福岡)

 昨季は開幕から8試合無敗だったもののそこから少しずつ低迷し、21節時点で14位にとどまり、監督を城福氏に交代。その後はふた桁順位の前半で推移したものの、最後の6試合を全勝で終えて9位でフィニッシュ。6連勝中の相手には新潟、仙台、岡山もいたという事で非常に充実したシーズンの終わり方をしたのですが、その反動なのか今オフではンドカ ボニフェイス、馬場、佐藤といった主力が流出。特にラストの6連勝の時は失点わずか1だった事が示すように守備の堅さ、インテンシティの高さが要因といわれていたので、加入した宮原、千田にかかる期待は大きいと思います。また昨季のチーム得点王の佐藤と入れ替わりで加入したマリオ エンゲルスがチーム戦術に溶け込むかも注目ですね。ケルンのアカデミー出身との事なので大外れはないと思いますが。などと不安ばかり書きましたが、城福監督にしてみたらこういう選手の入れ替わりは甲府や広島の時に経験済だと思うので上手くやり繰りするでしょうし、それにより昨季末の強かった時の感覚を思い出されると怖い存在になるでしょうね。

〇FC町田ゼルビア(昨季順位:15位)

  監督:黒田 剛(1年目)
  基本システム:4-4-2(?)
  主な在籍選手:GK 福井
                          DF 深津、高橋、奥山、翁長
                          MF 高江、安井、山口
                          FW 中島
  主な加入:チャン ミンギュ(DF 千葉)
                   カルロス グティエレス(DF 栃木)
                   藤原(DF 浦和)
                   下田(MF 大分)
                   稲葉(MF 秋田)
                   高橋(MF 清水)
                   黒川(MF 磐田)
                   沼田(FW 山口)
                   ミッチェル デューク(FW 岡山)
                   エリキ(FW 長春亜泰)
                   高澤(FW 北九州)
  主な退団:岡野(DF 長崎)
                   菅沼(DF 未定)
                   長谷川(MF 未定)
                   平戸(MF 京都)
                   佐野(MF 鹿島)
                   鄭 大世(FW 引退)
                   太田(FW 新潟)
                   ヴィニシウス アラウージョ(FW 未定)
                   ドゥドゥ(FW 今治)

 昨季は終盤に低迷し、15位で終えた町田でしたが、サイバーエージェント社の藤田晋氏が代表取締役兼CEOに就任。強化部門も一新され、新たにフットボールダイレクターとなった原靖氏の下でチームの大改革を断行し、今オフの主役となりました。特に中盤から前はメンバーが総入れ替えに近い形となり、岡山からデュークを、中国から元横浜FMのエリキという強力2トップを獲得。二列目も高橋大悟と黒川が加入して、非常に充実したチーム構成になっています。このチームを率いるのが青森山田高を全国レベルの強豪に押し上げた黒田剛氏。一種のチームを率いた経験こそないものの、マネジメント力は確かなものがあるでしょう。実際チームの雰囲気はかなり活性化したようで、チーム始動後J1のクラブ相手のトレーニングマッチで連勝を重ねたのもその表れでしょう。未知数の部分も多いですが、非常に怖いチームですね。

〇ヴァンフォーレ甲府(昨季順位:18位)

  監督:篠田善之(1年目)
  基本システム:4-2-3-1
  主な在籍選手:GK 河田
                          DF 野澤、エドゥアルド マンシャ、山本、須貝、荒木
                          MF 松本、鳥海、長谷川、宮崎
                          FW 三平
  主な加入:蓮川(DF FC東京)
                   三浦(DF 日体大)
                   佐藤(MF 松本)
                   土肥(MF 広島)
                   武富(MF 京都)
                   水野(MF 桐蔭横浜大)
                   ピーター ウタカ(FW 京都)
  主な退団:浦上(DF 大宮)
                   山田(MF 名古屋)
                   石川(MF 大宮)
                   ウイリアン リラ(FW ケダ ダルル アマン)

 昨季はリーグ戦では低迷して18位に終わり、そのせいか吉田氏は退任となりましたが、天皇杯ではJ1勢をなぎ倒しまくって、クラブ創設初のビッグタイトルを獲得しました。新シーズンに向けては浦上、山田、ウィリアン リラといった主力は抜けたものの、佐藤、土肥、武富、ピーター ウタカといった新戦力を獲得。さらに三浦、水野という大卒の即戦力も加入しました。新監督は昨季まで長くエスパでコーチを務めた篠田さんが就任。先日スーパーカップで新チームのお披露目となったのですが、エスパで監督をしていた時と同じく4-2-3-1でポゼッションよりはなるべく前でボールを奪ってショートカウンターを仕掛ける戦い方を志向していくようです。ただ最前線がウタカという時点でどこかで前プレに穴が開くし、横浜FMのようなボール回しの上手い相手だとハメ切れない時間帯も出てきて、実際前半途中からは横浜FMにゲームを支配されていました。加えて今季はACLに参加する事になっており、それも足かせになる可能性があります。メンツは揃っていてハマるとイヤな相手ですが、攻略できそうなポイントはあるな、という風に見ています。

〇ツエーゲン金沢(昨季順位:14位)

  監督:柳下正明(7年目)
  基本システム:4-4-2
  主な在籍選手:GK 白井
                          DF 庄司、孫、毛利、長峰
                          MF 藤村、小野原、嶋田、大石
                          FW 林、豊田、杉浦
  主な加入:小島(DF 群馬)
                   レオ バイーア(DF ヴィラフランケンセ)
                   加藤(MF 群馬)
                   石原(MF 仙台)
                   ジェフェルソン バイアーノ(FW アライアル ド カポ)
  主な退団:松田(DF 千葉)
                   廣井(DF 引退)
                   平松(MF 湘南)
                   松本(MF 広島)
                   丹羽(FW 秋田)

 金沢は柳下監督が就任して今季で7年目となります。昨季は開幕直後こそ調子が良かったものの次第に失速し、後半になると失点も増えてきて、失点はリーグワースト2位の69失点。この失点癖を治すべく小島、レオ バイーアを獲得したものの、一方で松田を千葉に引き抜かれているので、このメンバーでいかに最終ラインを立て直せるかがカギとなります。中盤も平松、松本のレンタル組が戻りましたが、代わりに獲得した加藤、石原がどれだけやれるかもポイントでしょう。戦い方は柳下監督によるオーソドックスな4-4-2による堅実なものとなるでしょうが、この方が監督の時の磐田、新潟には散々煮え湯を飲まされた記憶がありますし(特に新潟)、トップの豊田も鳥栖時代怖い思いをさせられてますから、彼らに足元をすくわれないようにしないといけませんね。

 あと8クラブ。無事開幕前に記事に出来るのか、こうご期待!w

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« 2023年J2戦力分析その2(栃木、群馬、大宮、千葉) | トップページ | 2023年J2戦力分析その4(磐田、藤枝、岡山、山口) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2023年J2戦力分析その2(栃木、群馬、大宮、千葉) | トップページ | 2023年J2戦力分析その4(磐田、藤枝、岡山、山口) »