« 2022年シーズンオフの動き その4 | トップページ | 2022年シーズンオフの動き その5 »

2022年12月11日 (日)

RCDマジョルカと業務提携

 昨日(12/10)、エスパルスがスペインのRCDマジョルカとの業務提携を発表しました。

 RCDマジョルカはスペイン バレンジア州のマヨルカ島にあるクラブです。設立は1915年と古く、1998-99年シーズンには1部で3位に食い込んだ事もあるクラブです。かつては大久保や家長、昨季は久保といった日本人選手が在籍していた事から、日本での知名度はそこそこあるのではないでしょうか。ちなみに今季は現在1部で11位。在籍選手としてはセルビア代表GKのライコビッチや韓国代表のイ ガンインなどがいます。

 業務提携の内容としては「ジュニア世代からトップ世代における各世代のチ一ム及び選手育成・強化を目的に、選手、指導者、クラブスタッフの人的交流を行う」との事。具体的なアクションはこれからのようですが、「近日中には実施できる予定」との発言もありました。

 関心があるのが特にユース、Jr.ユースの選手育成・強化の部分に良い影響を与えられるかどうか、です。マジョルカの下部組織からは、古くはバルセロナで活躍しスペイン代表でもプレーしたミゲル アンヘル ナダル、最近ではついこの間のW杯のスペイン代表の一人であるマルコ アセンシオを輩出しているとの事。そうした選手達を育成したノウハウを得られれば大きな成果となるはず。期待したいです。

 最後になってしまいましたが、今回の提携にはエスパルスのユニフォームスポンサーであるタイカ様が仲立ちをして下さったとの事。こうした縁は大事にしたいですね。

※ブログランキング参加中です。

 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 

|

« 2022年シーズンオフの動き その4 | トップページ | 2022年シーズンオフの動き その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022年シーズンオフの動き その4 | トップページ | 2022年シーズンオフの動き その5 »