« 2022年シーズンオフの動き スタッフ編その1 | トップページ | 2023年度新加入内定選手発表その5 »

2022年11月29日 (火)

男子W杯コスタリカ戦

 昨日(11/27)の日本時間の19時から日本にとっての2戦目となるコスタリカ戦が行われました。結果はご存じの通り日本が0-1で敗れ、勝ち点を積み上げる事は出来ませんでした。

 想定した中で最悪の結果となってしまいました。試合を通してコスタリカののらりくらりとした戦いにお付き合いしてしまった感じでしたね。今大会も結構な数の試合を観させてもらってますが、特に前半の内容はこれまでに観た今大会の試合の中で最低レベルだったように感じました。

 日本はドイツ戦からスタメンを5人入れ替えましたが、その判断自体は間違ってはいないと思います。今大会はこれまでの大会よりも試合と試合の間の日数が短いですからある程度ローテーションするのは誰もが考える事だし、両サイドハーフの相馬、堂安はどちらもクオリティの高い選手です。トップを上田にしたのも、前田、浅野に比べてよりオールラウンドなプレーが出来るからじゃないかな、と考えたのだろうと推察してます。当の上田が全く使えなかったのは計算外でしょうが。

 一方のコスタリカがどのようなゲームプランで来るのかも注目されたのですが、ふたを開けてみたら5バックにして守備を固める事を選択しました。前のスペイン戦で0-7と惨敗した分、まず守備の立て直しを図ったわけです。そんなコスタリカに対し、日本は開始直後こそ相馬の積極的な仕掛けなどで攻勢を仕掛けましたが、時間がたつに従って攻めあぐねるようになっていきました。トップの上田が全くボールを収められず、鎌田も前の他の3人がいつもと違うせいか効果的な働きが出来ず、ダブルボランチもゲームをコントロールできるタイプではないため、相手の5バックを崩せる雰囲気が殆どなかったですね。

 これに焦れたのか、日本は途中から右SBの山根を上げて3-4-2-1にシステムを変えたのですが、率直に言って意味不明だと思いました。「勝ったドイツ戦と同じ形でいこう」とか思ったのかもしれませんが、あの時はドイツが後ろから繋いで攻めるチームだったから多少なりとも混乱を誘う事が出来たわけです。それに対してコスタリカは前に蹴る事を厭わないスタイルだから同じ効果は望めません。更に言えば相手が守備に人数をかけてきているのに、同じようにCBを3枚にする事でシステムを変える前に持っていたサイドの数的優位を自ら放棄するとはどういう事か、と。案の定前半は何の効果もなく、後半は前に浅野を入れて攻撃のスピードを上げる事で若干攻撃の迫力は増したものの次第に勢いを失い、サイドは数的同数なので思うように崩せず、特に三笘は相手に警戒されていた事もあってかそもそもパスが来ず、で機能不全。結果として選手個々の閃きから真ん中を強引にこじ開けるしか手がなくなり、それにより直接FKは2本貰えたものの決められずに時間だけが過ぎていきました。

 で、70分くらいから少しずつ前へ圧力をかけ始めたコスタリカに80分頃に先制を許したわけですが、シュートが吉田に当たってコースとボールスピードが微妙に変わったのが不運でした。だからその前の吉田のクリアが非常に中途半端だったのと、途中から入った伊藤がラインを上げそこなったのが問題だったと思います。が、ミスは必ず起こるものです。この試合の敗因はボールを握りながら攻め切れなかった事、というよりは攻め切る確率を増やすための策を殆どしなかった、或いはしてもその効果がなかった事だと思います。

 これで1勝1敗。コスタリカと勝ち点で並んだものの得失点差で2位をキープしています。が、E組のもう1試合のドイツとスペインの試合を観ましたが、非常にクオリティの高い好試合でした。スペインのパス回しはここ数大会と同様に流麗の一語だし、所謂ネガトラの質も非常に高い難敵です。このチーム相手に勝つのは相当しんどいです。またドイツも30分くらいまではスペインにペースを握られましたが次第に持ち直し1-1のドローに持ち込みました。特に怪我のため日本戦に出場できなかったザネが途中から出場してキレのあるプレーを見せました。このドイツがコスタリカ相手に勝ち点を取りこぼすとは思えません。日本はかなり厳しい立場に追い込まれましたが、諦めたら終わりです。スペイン戦の勝利を目指して最善の準備をして欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« 2022年シーズンオフの動き スタッフ編その1 | トップページ | 2023年度新加入内定選手発表その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022年シーズンオフの動き スタッフ編その1 | トップページ | 2023年度新加入内定選手発表その5 »