« 基準にして欲しい試合(8/7 FC東京戦) | トップページ | 我慢を強いられながらの勝利(8/14 G大阪戦) »

2022年8月12日 (金)

夏の移籍ウィンドウの動きその4

 すみません。表題の話について、先週ウチの若手に動きがあったのに、すっかり更新し損ねていました。

 〇退団

  川本 利誉(FW 岡山から群馬へ育成型期限付移籍)
  川谷 凪(MF いわきへ育成型期限付移籍)

 まず川本ですが、今季始めから岡山へ武者修行に出て、今季は合計20試合に出場しましたが、得点は2点という事でなかなか首脳陣の信頼を勝ち取れず、6/25の水戸戦を最後に出場機会を失っていました。そこへ群馬からオファーがかかって、より出場機会を与えてもらえそうな群馬への移籍を決断したようです。群馬は現在盛岡、大宮、琉球とJ2残留争いの真っただ中にあり、川本に求められるのは当然ながら得点でしょう。また自分でボールを持ち運べる推進力も持ち味です。是非とも群馬で結果を残してJ2残留に貢献して欲しいですね。

 川谷については、エリートリーグや天皇杯、ルヴァン杯では出場機会を得ていましたが、なにぶん一年目でありまた線もまだ細いので、リーグ戦での抜擢は厳しいのが現実です。そこでオファーを貰って武者修行に出る事にしたわけですが、移籍先がいわきFCというのが面白いですね。2017年の天皇杯で札幌を破るというジャイアントキリングを起こし、続くウチとの戦いでも大いに苦しめてくれたチームですが、当時は福島県リーグ所属でした。が、そこからトントン拍子に上位カテゴリへ進み、今季はJ3で戦っています。特徴的なのが選手の栄養管理とフィジカル強化に主眼をおいたトレーニングで、2017年にウチと戦ったチームも全員がしっかりした身体をしていました。そんなクラブで川谷もトレーニングするわけで、勿論試合経験を積む事も大事ですが、あの突破時のスピードを殺す事なく肉体強化を行えば、よりスケールの大きなウィンガーになってくれるかもしれません。練習環境も非常に充実しているので、是非とも自分を磨いてきて欲しいです。

 ちょうど今日(8/12)で移籍ウィンドウがクローズされたので、育成型期限付移籍についてはまだあるかもしれませんが、他チームからの移籍獲得はなくなりました。今季は北川、ピカチュウ、乾の3選手が加入しただけで、昨季に比べるとおとなしめですが、既に3人とも出場機会を得てその力を見せてくれています。あとはその力を上手くチームに還元してくれる事を期待したいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

|

« 基準にして欲しい試合(8/7 FC東京戦) | トップページ | 我慢を強いられながらの勝利(8/14 G大阪戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 基準にして欲しい試合(8/7 FC東京戦) | トップページ | 我慢を強いられながらの勝利(8/14 G大阪戦) »