« 2022年夏の移籍ウィンドウの動きその2 | トップページ | 2023年新加入内定選手発表 »

2022年7月22日 (金)

2022年夏の移籍ウィンドウの動きその3

 今季も結構活発に動いてますね。今日(7/22)は2つのリリースがありました。

 〇加入

  乾 貴士(MF フリー 前所属はC大阪)

 〇退団

  菊地 脩太(DF 長崎へ育成型期限付移籍)

 まず菊地から。彼は今季アカデミーからトップチームへ昇格して、リーグ戦の出場はなかったもののルヴァン杯の方に3試合出場して、その能力の片鱗を見せてくれました。ただトップとなるとノリさん、立田といった壁があるという事で、試合経験を積むために長崎へ武者修行に出る決断をした模様です。何度も書いてますがこの年代で試合経験を重ねる事は非常に重要なので、良い決断だと思います。また修行する先が長崎というのがいいですね。今季開幕当初は苦労していて監督も代わりましたが、次第に調子を上げて現在プレーオフ圏内の4位につけています。そうしたチームに請われたというのは良い事です。また監督のカリーレ氏はブラジル国内では「チッチの後任のセレソン監督有力候補」との評価を受けていると聞いた事があります。そんな監督の指導を受ける事は菊地にとっても良い経験となるでしょう。是非長崎で試合経験を積んで帰って来てほしいですね。

 一方、加入する乾に関しては、昨日(7/21)報道が出た時は「まあ、静観だな」という感じでいました。が、大本営の夕刊でも報道され、今日(7/22)正式リリースが出て、「あれま、来ちゃったwww」という感じです。まあ4月頃に前所属のC大阪で騒ぎを起こして契約解除となり、このブログで前所属の書き方に困る状態になったのは事実ですがw、基本的に僕は「来る者は拒まず」という主義なので、今回の移籍も歓迎しています。実際問題として、ゼ リカルド監督のサッカーでは両サイドからの崩しがキモになりますが、残念ながら1対1で仕掛けられる選手が少ないですが、乾はその点うってつけですからね。また前節の浦和戦で西澤が全治2~3か月の重傷を負ってしまったという事情もあるので、乾がその穴を埋めてくれれば助かります。更にウチにはいないキャラクターなので、彼が中堅、若手に良い刺激を与えてくれれば、と思います。練習参加していた岡山でどの程度コンディションを戻していたのかはわかりませんが、早く彼のプレーをアイスタで見たいですね。

 さすがにもう加入はないと思うのですが、ただ左足利きが来てくれると更に嬉しいんですけどねぇ。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

|

« 2022年夏の移籍ウィンドウの動きその2 | トップページ | 2023年新加入内定選手発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022年夏の移籍ウィンドウの動きその2 | トップページ | 2023年新加入内定選手発表 »