« 雨中の激闘(4/29 広島戦) | トップページ | 課題が・・・(5/7 川崎戦) »

2022年5月 5日 (木)

裏天王山に勝利(5/3 湘南戦)

 昨日(5/3)はGWの3連戦の2戦目。しかもすぐ下の順位にいる湘南とのアウェーゲームでした。いわば「裏天王山」ですね。その大事な試合を見に2015年以来久々に平塚まで行って来ました。相変わらずスタジアムグルメが充実してましたね。

 この試合の重要性は湘南もエスパも理解していたと思うので当然厳しい試合になると思ってましたし、実際前半途中までは一進一退の展開でしたが、結果としては予想外の快勝。おかげで試合後仲間と久々に美味しい酒を呑む事が出来ました。

<明治安田生命J1リーグ 於 レモンガススタジアム平塚>

 清水エスパルス 4ー1 湘南ベルマーレ

Dsc_0284_small

 

 エスパルスのスタメンは以下の通りです。

20220503

 SUB:大久保、片山、松岡、神谷、ベンジャミン コロリ、カルリーニョス ジュニオ、オ セフン

 開始直後はスタメンを前節から7人代えてシステムも3-4-2-1に変更した湘南が攻めかかりますが、エスパルスも次第に落ち着きを取り戻して中山の速さを活かした相手左サイドのウラへのパスを中心に攻め込むようになり、試合は一進一退となりました。そんな32分、エスパは左サイドで相手パスをホナウドと2人でカットした白崎が同サイドへ流れたサンタナへ出すと見せかけて真ん中にいた唯人にパス。相手を背中で抑えながらこれを受けた唯人が持ち出して、右サイドへ走り込んだ中山へスルーパス。これを中山が落ち着いて流し込んでエスパが先制します。エスパはすぐ後の36分、CKをニアで原がすらし、それをサンタナがヘッド。相手GK冨居が2度に渡って防ぎますが、こぼれ球を唯人が押し込んで待望の追加点。勢いの出たエスパは38分、最終ラインでのビルドアップから中山が右サイドへ流れた唯人へスルーパス。これを受けた唯人のクロスを白崎が押し込んで3点目。前半は3-0で折り返します。

 後半、開始から3人を入れ替えた湘南は50分、カウンターでエスパ守備陣を押し下げた後、杉岡がアーリークロス。これを右のCBの大岩がヘッドで押し込んで1点を返します。これで勢い付いた湘南に押されるエスパでしたが、59分、CKから最後は鈴木ノリさんが押し込んで決定的な4点目。その後はシステムを4-3-3に変えてきた湘南に押され気味の展開となりますが失点は許さず、試合は4-1でエスパルスが9試合ぶりのリーグ戦勝利となりました。

 3点差での勝利となりましたが、点差ほどの差はなかったと思います。勝負を分けたのはどちらがゲームプラン通りに戦えたかどうかだったんじゃないかと思います。

 前述の通り、湘南はシステムを前節の3-5-2から3-4-2-1に変えてきました。これは守備の時にこちらの最終ラインのプレス要員を増やしダブルボランチにも同じダブルボランチを当てる事で前の方で引っかけやすくする事、攻撃は2シャドウがハーフスペースのレーンに入る事でこちらのSBとCBの間を狙う事、そして昨季ウチ相手に2得点をあげたウェリントンの高さを活かす、というところだったんじゃないかと思います。その狙いは攻撃面では山田、池田がこちらのバイタル付近を動き回りつつクサビのボールを引き出してチャンスに繋げてはいましたが、ウェリントン狙いのクロスは思ったほど多くなく、またこの日久々のスタメンとなった立田がウェリントンに負けない高さを活かして抑えてくれていました。守備時においても、まずウチがウラ狙いのボールをいつもより多く入れていた事と、ここ数試合で相手のプレスを上手く剥がす事が出来るようになった事で、意図していた程には前で引っかけられなかったんじゃないかと思います。前半、3点目をとった直後のウェリントンの決定機はこちらのミスもあったとはいえまさに狙っていた形でしょうけどね。

 一方、エスパの狙いとしては、まずは長いボールを入れる事でコンパクトな湘南の陣形を少しでも崩す事、そして特にシステムでミスマッチとなる部分の相手3バックの両脇であり両WBのウラを狙って攻める事だったと思います。これが完璧に上手くいきましたね。前半立ち上がり相手に押され気味だったのを盛り返したのは中山が2度にわたって相手左サイドの奥でボールを受けて相手を押し下げたのがきっかけでしたし、先制点はカウンターの形でしたが、中山が快足を活かして相手左CBの杉岡の背後へ走り込んでのものでした。ウチでは貴重なスピードスタータイプの中山の持ち味が出た場面でもありましたね。3点目も同じく相手の左サイドでしたね。最終ラインでの繋ぎから原にボールが入って、その原をフォローすべく中山が落ちる一方で唯人が同サイドのウラへ入り込み、そこへ中山がダイレでボールを送ってのものです。この形は練習でもやっていたでしょうし、SBにボールが入った時にボランチもしくはサイドハーフがボールを受けに来るのはビルドアップの形の1つでもありますので、それがここ数試合安定してきた事が活かされましたね。2点目の原とノリさんが2人ニアに入って相手を釣りだしつつすらす形も篠田コーチを中心に用意してきた形だと思いますし、エスパとしてはゲームプランや準備してきた事を忠実に遂行した結果が勝ち点3となって表れた会心の試合だったと思います。

 もちろん課題はあります。気になるのはやはり守備ですね。中盤がハーフスペースのレーンをカバーしようとするあまりに下がり過ぎてしまうのは気になりますし、その割にそのハーフスペースのレーンでタテパスを受けられた場面があったのも気になるところです。何より1失点した場面、いったん相手WBの畑から上がってきた杉岡にボールが戻されたのですが、あまりに杉岡をフリーにし過ぎましたね。あの場面は相手陣に攻め込んだのを裏返されてカウンターを食らいかけて、何とかそれを押しとどめたところだったので、判断としては難しいかもしれませんが、相手がボールを戻したのだからもう少し4-4のブロック全体を上げても良かったんじゃないかと思います。他にも下がり過ぎかなと感じた場面はあったし、相手にハーフスペースを狙われた時にどうカバーしつつブロックの形を保つかとかブロックをどのくらいの高さにするかについてはまだまだ修正が必要ではないかと思いました。

 あとは4点目をとった直後にサンタナに代えてオ セフンを入れ、更に白崎に代えてカルリーニョスを入れた後になかなか攻撃が機能しなかったのが気になるところではあります。ただ仕方ない部分もあるなとも思ってます。オ セフンは高さ、フィジカルに長けている分スピードがそれほどあるわけではないですから。それを敢えて60分に入れたのはサンタナを早めに休ませたかったからでしょう。それとカルリーニョスについてはリーグ戦初出場でまだまだ試合勘が戻ってないので、試合に出させる事でそれを取り戻させようとしているのだと思います。相手が4-3-3にして押し込んできたのもありますし、この部分についてはそれほど目くじらを立てる事はないと思っています。

 とにかくこの「裏天王山」に勝てて良かったです。また特に攻撃の部分においてこれまで積み重ねてきた形が結果となって表れたので、その部分においても大きな勝利でした。ホッと一息といったところですが、次はホーム・アイスタ日本平に川崎を迎えての試合です。これまた厳しい試合となるでしょうが、これまで少しずつ積み上げてきたものがどれだけ通用するかをじっくり観させてもらうつもりです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

|

« 雨中の激闘(4/29 広島戦) | トップページ | 課題が・・・(5/7 川崎戦) »

コメント

結果的には大勝ではあるが、戦い方の相性の差と質の差かな?と思いました。
失点のシーンは主様のおっしゃる通り、自分も気になりました。今シーズン真ん中割られて崩されたシーンは少ないけど、クロスからの失点多すぎますね。広島戦でも同じような失点してますし、セレッソ戦なんかは丸橋のスーパークロス2本。
さすがにあれだけフリーにすれば毎回良いクロス入れられますよ(笑)
結局、ハーフスペース空くのがずっと改善されないんですよね。普通にいけばSHが見なきゃいけない位置なのに毎回いない。中山を悪く言うわけではなく誰が入っても一緒だし。
攻撃はまぁ良くなってきてるとは思いますから、最低限きっちり守れる戦い方は必要かと感じます

投稿: はすき | 2022年5月 5日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨中の激闘(4/29 広島戦) | トップページ | 課題が・・・(5/7 川崎戦) »