« タイトな戦い(5/14 京都戦) | トップページ | 落とし穴(5/21 名古屋戦) »

2022年5月19日 (木)

今季公式戦ホーム初勝利(5/18 ルヴァン杯広島戦)

 昨日(5/18)はルヴァン杯のグループステージ最終節。エスパルスはホーム・アイスタ日本平に広島を迎えました。

 この試合に勝っても名古屋が徳島に負けないとグループステージ突破が叶わないという厳しいシチュエーションでの試合でしたが、とにかくこの試合に勝つ、という気持ちが出た良い試合でした。結果としてグループステージ突破はならなかったものの終盤の勝ち越し点を守り切って2-1で勝利。待望の今季のアイスタ日本平での初勝利となりました。

<JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 2ー1 サンフレッチェ広島

 エスパルスのスタメンは以下の通りです。

 20220518_20220519223901

 SUB:永井、立田、山原、成岡、カルリーニョス ジュニオ、チアゴ サンタナ、鈴木唯

 両チームとも中2日で土曜にリーグ戦を控えているという事で、スタメン11人全員を入れ替えてきました。そうなった場合にウチは相当苦しくなるんじゃないかなと試合前は思っていました。ウチと広島を比べた時にチーム全体での戦術の浸透度は広島の方が上だと思っていたので。特に最終ラインはただでさえ試合出場が少ないメンツなのに加えて左SBにコンバートしたばかりの滝が入るという布陣でしたから、広島の前からのプレスに相当苦しむんじゃないかと思ってました。

 が、予想外にみんな頑張ってくれました。失礼ながら嬉しい誤算でした。守備については、井林がどちらかというとラインを低く取りがちな印象を持っていたのですが、この日は菊地と2人で最終ラインを一定の高さに保って中盤と合わせてコンパクトな陣形を保てていました。また相手が3-4-2-1で、こちらのシステムとのミスマッチを突くべく幅をとった上でタテパスを入れたりサイドチェンジをしたりして揺さぶってきましたが、それに対しても時にサイドハーフやボランチが最終ラインのカバーに入る事で5バックにしながらも真ん中のバイタルエリアは開けずに2ラインを保つ事が出来ていました。ディサロ、オ セフンの2トップも粘り強く追ってくれたし、1失点はしたものの守備は安定していたのではないかと思います。

 攻撃についても、スタメンがガラッと変わる事でビルドアップがなかなか出来なくなるんじゃないかという不安がありました。広島はハイプレスが持ち味ですしね。が、こちらも問題なく出来てました。フィードが上手くてボールが持てる井林による安定した球出しはもとより菊地が高卒新人とは思えないプレーぶりで相手のプレスをことごとく外していたのが印象的でした。両SBの岸本、滝もボールが持てるという自分の特徴を活かして相手のプレスを上手くいなしていたし、2人に対する両ボランチやサイドハーフのサポートも良かったと思います。さらにオ セフンが身体を活かして味方からのフィードを収めてくれたのも大きかったですね。ビルドアップに関してはリーグ戦に出ているメンバーの時は安定してきていると思っていましたが、それがチーム全体で共有出来ているかは疑問に思っていました。が、この心配はどうやら杞憂だったみたいで、そこも僕にとっての収穫です。

 課題は、後半の入り方ですよね。相手が修正してきて押し返してきた時に、それを受けてしまって劣勢にまわってしまった事は反省点の1つだと思います。一方でカウンターから惜しいチャンスを作っていたりとやられっ放しではなかったですけどね。ただ流れを完全に引き寄せ切れない中で同点に追い付かれたのは残念でした。あそこは菊地が相手FWの永井へのパスコースを切るべく前に出たのだと思うのですが、他の3人より前に出た分ギャップを作ってしまったのが拙かったですね。そこを逃さない広島も見事でしたが。この後はエスパのスタミナが切れてきて更に劣勢になったわけですが、ここでの平岡監督の選手交代のカードの切り方が上手かったですね。竹内に代わって入った成岡が豊富な運動量とボールキープの上手さでエスパがボールを握る時間を増やした事が流れを再びエスパへ戻す要因となりました。またオ セフンに代えて入れたカルリーニョスをそのままトップに入れずに右サイドハーフに入れて、神谷を2トップの一角にして普段の唯人と同じ役割を担わせたのも効いたと思います。彼が真ん中で動き回ってボールを引き出す事で広島の守備陣を混乱させてました。決勝点こそ西澤、滝のアカデミー出身者のホットラインによるものですが、成岡と神谷の2人でゲームの主導権を握り返せたのは非常に大きかったと思います。それと決勝点の場面、右サイドでボールを受けた時に広島の選手が2人が門の状態になっていたのを見逃さずにパスを通したカルリーニョスとそのパスを引き出すポジションに入って西澤に預けた松岡のプレーも地味ながら好きですね。もちろん一番の主役は滝ですけど。あのトラップと冷静なシュートは見事です。

 名古屋が徳島に勝利したため、残念ながらルヴァン杯はグループステージで敗退しました。が、これは前節名古屋に負けた時点で覚悟していた事。その後も悶々とした戦いを続けた中でようやくホームのアイスタ日本平で勝てたのはメンタル面では非常に大きいと思います。結構なプレッシャーがかかっていたでしょうからね。これでリーグ戦のスタメン組も肩の力を抜いてアイスタ日本平での戦いに挑めるのではないでしょうか。土曜に対戦する名古屋は今のエスパにとって一番やりにくい相手かもしれませんが、この日得た勢いを無駄にせず、リーグ戦でもホーム初勝利を飾って欲しいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

|

« タイトな戦い(5/14 京都戦) | トップページ | 落とし穴(5/21 名古屋戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイトな戦い(5/14 京都戦) | トップページ | 落とし穴(5/21 名古屋戦) »