« W杯最終予選サウジアラビア戦 | トップページ | 2022年シーズン開幕まであと少し »

2022年2月 6日 (日)

エスパルスのここまでの調整具合は?

 エスパルスは昨日(2/5)鹿児島でのキャンプを打ち上げました。明日(2/7)までOFFで、明後日(2/8)から三保で最終調整に入ります。

 まあ練習を見られるわけではないのであくまで伝聞から判断するしかないのですが、ここまでの調整具合は予定より遅れ気味と言わざるを得ないでしょう。武漢ウィルス(新型コロナ)の影響からか鹿児島キャンプ前に行う予定だった練習試合が2試合とも中止になり、さらにトップチーム内で武漢ウィルス(新型コロナ)の罹患者まで出てしまったので、キャンプ前の調整がかなり遅れてしまったのではないかと思われます。鹿児島では2部練習も入れてチーム作りのスピードを速めようとしましたが、松岡など怪我人も出てしまい、キャンプ中の練習試合は0-1、1-3と連敗。特に仙台に1本目で3点とられてしまったのは問題ですね。平岡監督のコメントから推察するに、前日にポジショニングについて新しい要素を入れたところ試合でそれにとらわれ過ぎてインテンシティの部分が弱くなってしまったみたいですし、更に先制を許してから立て続けに失点した点も合わせて昨季の悪い時の内容そのままで、悪癖はなかなか治らないなという感じのようです。

 そんな感じのようなので、開幕からひと月くらいは我慢が必要かなとは思いますが、とはいえそこまでボロボロというわけでもないのかなとも思っています。先程ようやく練習試合の対磐田戦の1、2本目の映像を見ましたが、チーム始動後初めての対外試合にしては悪くなかったと感じました。おそらく磐田のベストメンバーと対峙した1本目でもボール支配率は互角で1つ決定機を作れましたし(磐田に与えた決定機はゼロ)、2本目はある程度ボールを握って攻める事が出来ていました。相手が3-4-2-1でリトリートした時は5バックで守ってくるので、それを剥がすのに苦労していましたが、サンタナ、カルリーニョス、松岡といったメンバーがいない中でもよくやっていたと思います。

 まあ開幕まで2週間しかないので、やはり開幕からしばらくは我慢を強いられる事を覚悟しなければならないように思いますが、とはいえ過剰に悲観的になる必要もないように思います。三保でどこまでチームを整備できるか、平岡監督の手腕と選手達の頑張りに期待したいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

 PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« W杯最終予選サウジアラビア戦 | トップページ | 2022年シーズン開幕まであと少し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« W杯最終予選サウジアラビア戦 | トップページ | 2022年シーズン開幕まであと少し »