« W杯最終予選中国戦 | トップページ | エスパルスのここまでの調整具合は? »

2022年2月 2日 (水)

W杯最終予選サウジアラビア戦

 昨日(2/1)、W杯アジア最終予選が行われ、日本が2-0でB組首位のサウジアラビアを破りました。

 前半途中まではどちらかというとサウジアラビアのペースだったと思います。日本はボールの奪いどころが定まらずにボールを奪えず、奪っても位置が低いため大迫へのパスがあっさりカットされてしまう苦しい展開でした。しかし20分過ぎくらいに伊東が右サイドの仕掛けで勝って決定機を作りかけたところから流れをつかみ、その流れの中から南野の先制点が生まれました。こうした良い時間帯で先制出来たのは良かったと思います。ただその後は少しずつサウジがボールを握る時間帯が長くなり、中を締めきれずにクサビを打たれる場面が数回あったので、前半終わった段階ではまだ全くわからない感じでした。

 が、後半開始から日本が積極的に前へのプレスを行うようになり、その流れのまま約5分間攻め立てて、その流れの中から追加点をとれたのが大きかったですね。伊東のゴールはまさにゴラッソですが、それもいったんボールを奪われたのを奪い返してその流れから獲れたので、積極的な前からの守備が効いたのだと思います。前半はサウジの個々の能力やパス回しの上手さを警戒する分前へのプレスが効かず、その分相手に楽にタテパスを通させていたきらいがあったのが、後半は相手に余裕を持ったパス回しをさせないとばかりにガンガンプレスをかけるようになりました。森保監督からの指示か選手達で話し合っての判断かはわかりませんが、後半に入るにあたってのこの修正がこの日の勝因だと思います。その後は時間がたつにつれ疲れは出ましたが、前からのプレスは最後まで怠らなかったし、ネガティブトランジションは早かったし、守備の強度も落ちませんでした。前半開始からの緩さ、というか様子見の感じは気になるところではあるのですが、全体としては文句のつけようがない勝利だったと思います。

 これでアウェイでの借りを返し、5連勝。オーストラリアが終了間際に追い付かれて引き分けに終わったため、次のアウェーでのオーストラリア戦で勝てばW杯本大会への出場が決まる事になりました。この2連戦を迎えるにあたっての不安材料だった吉田、富安の怪我による欠場も谷口、板倉の2人が完璧に穴を埋めてくれたし、チームは良い方向に進んでいるようです。次の試合まで時間がありますので、まずはそれまでしっかりコンディションを維持して、3月下旬の残り2試合に臨んで欲しいと思います。

 ところで、権田がウチの練習に合流できるのはいつなんでしょうね?

※ブログランキング参加中です。

 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« W杯最終予選中国戦 | トップページ | エスパルスのここまでの調整具合は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« W杯最終予選中国戦 | トップページ | エスパルスのここまでの調整具合は? »