« 2021年シーズンオフの動き・スタッフ編その2 | トップページ | 謹賀新年 »

2021年12月30日 (木)

2021年シーズンオフの動きその8

 あと1日ほどで2021年も終わります。そのせいか今日(12/30)はいろんな動きがありました。

 〇加入

  成岡 輝瑠(MF 相模原への期限付移籍終了後復帰)
  高橋 大悟(MF 北九州への期限付移籍終了後復帰)

 〇退団

  エウシーニョ(DF 契約満了)
  指宿 洋史(FW 契約満了)
  ノリエガ エリック(DF 契約満了)

 まず退団が発表された3人はおそらくは今季限りで契約を更新しない事は決まっていて移籍先を探していたけれど今日(12/30)時点で確定しなかったので、先に退団が発表されたのではないかと勝手に思っています。あくまで推測です。

 エウシーニョは亡くなられた久米GMの置き土産的な感じで2019年に加入し、そのキープ力を始めとした技術の高さでサポーターを大いに楽しませてくれました。今季であればアウェーの神戸戦での自陣CKからのロングカウンターでのゴールとか印象深いゴールも決めてくれました。が、いかんせん怪我が多くて計算が立てにくかった。年齢を考えるとこれが良化するのは難しいと考えてのクラブの決断だったのだろうと思います。残念ですが、新天地での活躍をお祈りします。

 指宿はウチでは珍しい長身FWという事で期待されて今季加入しました。最初はなかなかゲームに絡む事は出来ませんでしたが、ルヴァン杯で存在感を出していく事でリーグ戦でも途中出場が増えました。が、なかなか周りとの呼吸が合わなくて結果も出せなかった事で、次第に出場機会を失ってしまいました。それを考えるとわずか1年での退団も致し方ないかなと思います。ただエリートリーグで得点を重ねていたし、彼も大久保と同じように腐らずに練習してくれていたのだろうと思います。そうやって若手の見本になってくれたのは感謝したいですね。新天地での活躍を期待したいです。

 エリックについてはまだ2年目なので、アカデミーから上がってきた選手でもあるので、こんな早いタイミングで契約を切ってしまうのはどうなのかなという気はします。ペルー出身でわざわざ日本に来てくれたわけですしね。ただ逆にペルー国籍である事が妨げになってしまったところはあるかもしれません。ウチは外国籍選手が多いですから。残念ではありますが、練習で腐らずやっていた事は権田が保証してくれていますので、必ず移籍先は見つかると思います。ウチを見返す活躍をして欲しいですね。

 一方の加入選手2人はいずれも武者修行からの復帰組です。まず成岡は7月から相模原SCへ期限付移籍して17試合に出場しました。残念ながら相模原をJ2に残留させる事は出来ませんでしたが、精神的に厳しい残留争いを経験した事は成岡にとって糧になると思います。ボランチは慶太と河井が抜けるのでその分チャンスはあるでしょう。頑張って欲しいですね。

 もう1人の高橋大悟は北九州に2年半武者修行にいっていて、ようやく復帰となりました。昨季の北九州躍進の立役者の1人であり、今季は北九州は降格してしまいましたが、その中で孤軍奮闘してくれていたと聞きます。成岡と同じく厳しい残留争いを勝ち抜いた事は大きな糧になるでしょうし、何より高卒2年目から2年半の大事な時期に主力として試合に出続けたその経験は大きいと思います。ウチは左利きの選手がいないというのも魅力です。是非とも開幕スタメンを張れるよう始動からガンガンアピールして欲しいですね。

 契約更新もあと数人を残すのみとなりました。何となく今季の戦力が見えてきましたね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

 PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« 2021年シーズンオフの動き・スタッフ編その2 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年シーズンオフの動き・スタッフ編その2 | トップページ | 謹賀新年 »