« 2021年シーズンオフの動きその4 | トップページ | 2021年シーズンオフの動きその6 »

2021年12月25日 (土)

2021年シーズンオフの動きその5

 今日(12/25)も動きがありました。

 〇加入

  岸本 武流(MF 徳島から完全移籍)

 〇退団

  川本 利誉(FM 岡山への期限付移籍期間延長)

 まず退団、というよりは武者修行ですね。今季は岡山でプレーした川本が来季も引き続き岡山でプレーする事が発表されました。開幕当初はスタメンで出場して得点もとっていたのですが、シーズンが終わってみると30試合出場で2得点で終わりました。ただ恐らくは岡山の方が移籍期間の延長を望んで最終的にこの結論に落ち着いたようです。ポテンシャルは高い選手ですから試合経験を重ねる事で更に伸びると思います。岡山で思いきり暴れて欲しいですね。

 一方、徳島から加入した岸本に関しては率直に言ってノーマークでした。ただC大阪のアカデミー出身で2016年にトップに昇格していますから、その頃監督をしていた大熊さんの下でプレーしていたのですね。その後水戸を経て2019年のシーズン途中に徳島に移籍して、2020年の徳島のJ1昇格に貢献しました。今季ウチと対戦した2試合ではいずれも右SBでフル出場していますが、元々はFWでサイドならどこでもこなせる選手との事。今季の対戦の中ではアウェーでの試合で右SBながらボールを保持している時は右サイドの高いポジションで幅を取る役目で、結構イヤらしいポジション取りをしていた記憶があります。昨季までは現浦和監督のリカルド ロドリゲス氏、今季はポヤトス氏の下でポジショナルプレーに基付くサッカーをやってましたので、そこが一番大きな獲得の理由じゃないかと思います。早く実際のプレーを見てみたいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

|

« 2021年シーズンオフの動きその4 | トップページ | 2021年シーズンオフの動きその6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年シーズンオフの動きその4 | トップページ | 2021年シーズンオフの動きその6 »