« 東京五輪でのサッカー男女代表の戦い | トップページ | 東京五輪サッカー決勝トーナメント・女子 »

2021年8月 2日 (月)

夏の移籍ウィンドウでの動きその8

 夏の移籍ウィンドウが開いてから半月たちました。エスパルスは既に井林、ホナウド、コロリの3人の獲得が決まっていたため、「加入はもうないだろ」と思っていました。が、今朝(8/2)になってとんでもないビッグ ディールの話が飛び込んで来ました。

 〇加入

  松岡 大起(MF 鳥栖から完全移籍)

 鳥栖の主力中の主力である松岡の獲得が発表されました。唯人と同じ20歳ですが、高校時代は鳥栖U-18に入って、高2の時にトップチームデビューを果たし、高3では23試合に出場。翌年のトップ昇格後もボランチの中心として32試合に出場し、今季も上位へ大躍進した鳥栖の中心でした。ポジションはボランチで守備能力が高く、さらにゲームメイクのセンスも高い選手で、3年後のパリ五輪でも中心となるであろうと言われています。ウチにしてみたら、現在はヘナトと慶太が怪我で離脱中のため竹内、宮本、河井の3人でボランチを回していたところへ攻守とも高いレベルで出来る松岡が入ってくれるのはとても有難いですし、鳥栖でポジショナルプレーを叩き込まれていますから、ウチのやり方に馴染むのも早いのではないかと思うので、これからが楽しみです。

 ただ現在は喜び半分、戸惑い半分というのが正直な感覚です。何せウチはずーっと「引き抜かれる側」でしたからね。それに鳥栖サポからしたら、彼は二種登録で出場していた時から見続けていて、これからの鳥栖の将来をしょって立ち、あるいは鳥栖の看板を背負って海外でプレーする事を楽しみにしていた選手でしょうから、その選手が同じリーグのチームへ移籍してしまう事に対するショック、悲しみは非常に大きいでしょう。それを思うとはしゃいでしまうのもどうかなと思ってしまいますね。今言える事は鳥栖サポに文句を言われないように松岡を育てていかなければという事だけです。

 これで夏の新加入は4人となりました。いずれもエスパのサッカーのレベルを更に上げてくれそうな選手ばかりです。中断明けにどんなチームとなるか楽しみです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« 東京五輪でのサッカー男女代表の戦い | トップページ | 東京五輪サッカー決勝トーナメント・女子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京五輪でのサッカー男女代表の戦い | トップページ | 東京五輪サッカー決勝トーナメント・女子 »