« 完敗での敗退(8/18 天皇杯川崎戦) | トップページ | 唯人のテクニカルなゴラッソ(8/21 湘南戦追記) »

2021年8月22日 (日)

またも痛み分け(8/21 湘南戦)

 昨日(8/21)はアウェーでの湘南戦でした。行こうか止めておくか迷っているうちにチケットが売り切れてしまったので、自宅でDAZNで観戦しました。

 現在自動降格圏の17位ながらエスパとは勝ち点差3という事で、エスパとしては是非とも勝って自動降格圏から離れたかったのですが、結果は1-1のドロー。負けたら湘南に順位で抜かれるところを踏みとどまったので最悪の結果ではないのですが、何とか勝ち点差を離したかったので、何とももどかしい試合結果となりました。まさに「痛み分け」ですね。

<明治安田生命J1リーグ 於 レモンガススタジアム平塚>

 清水エスパルス 1ー1 湘南ベルマーレ

 エスパルスのスタメンは以下の通りです。

 GK 権田
 DF 原、ヴァウド、井林、片山
 MF 松岡、竹内、西澤、コロリ
 FW 鈴木唯、チアゴ サンタナ
 SUB 永井、立田、奥井、ホナウド、滝、中村、指宿

 GKと最終ラインは前節と同じ。ボランチには怪我明けの竹内を入れ、天皇杯で公式戦デビューしたコロリがスタメンに入りました。コロリは登録ではMFでしたが、実際には唯人と入れ替わって2トップの一角でプレーしました。

 前半、ホームでの連敗脱出に燃える湘南が積極的な立ち上がりを見せ、5分に山田がきわどいシュートを放つなど攻勢に出ます。しかしエスパルスも落ち着いてはね返すと次第にボールを握る時間を増やし、西澤のクロスからの唯人のヘッドなど惜しい場面を作ります。が、30分、エスパから見て左サイドからのクロスからウェリントンがヘッドを叩き込み、湘南が先制します。その後は勢いに乗った湘南が攻勢をかけ、エスパにとって我慢の時間帯が続きましたが、45分、自陣ゴールライン近くでのFKから権田がロングボールを送り、コロリ、サンタナが落としたボールを竹内がダイレで唯人へタテパス。これを受けて上手くターンした唯人が相手DF三人の間を割って入り絶妙なループシュートを決め、エスパが同点に追いつきます。試合は1-1で前半終了となりました。

 後半も入りでは湘南が積極的に入って攻め込みますが、開始からホナウドと滝を投入したエスパも少しずつ湘南の勢いを殺してボールを握る時間を増やしていくという前半と同じような展開となりました。エスパは60分過ぎに原のクロスを中で唯人が合わせる決定機などがありましたが決めきる事が出来ず、湘南も75分頃にCKからの二次攻撃からウェリントンがほぼフリーでヘディングシュートを放つ決定機がありましたが権田がビッグセーブで防ぐなど、一進一退の展開となり、結局1-1でドロー。湘南にとってもエスパにとっても痛いドローとなってしまいました。

 G大阪戦に続きリトリート時は5-4のブロックを作って守るチームとの対戦だったわけですが、またもそのブロックを崩し切る事が出来ませんでした。要因の1つとして、新加入選手、特にコロリ、ホナウドがフィットしきってなかった事があげられると思います。この日コロリは2トップに入ったわけですが、なかなか使ってもらえなかったために消えてしまう時間帯がありました。特にウラ抜けの動きをやっていたみたいなんですけど、そこに合わせてロングボールを入れる場面が少なかったですね。後半からボランチに入ったホナウドもフリーでいたのにパスが入らない場面が散見されました。6月後半からようやくチームが固まりだしてある程度狙っていた形を作っていたところに新たな要素を入れてフィットさせなければならない手間が出来てしまった事がこの日に関しては少し災いしたかなと思います。とはいえ2人ともまだチームに合流してからまだ2週間ですから周りと合わないのは仕方ないですし、2人とも能力の高さは感じたので、我慢しながら使ってフィットさせていくしかないかなと思います。もう1つの要因は、言い訳に聞こえるかもですが、湘南と比較してのコンディションで劣勢だったのがあると思います。湘南は今週水曜は試合はありませんでしたからね。実際、特にあまりミスをしない原、片山に繋ぎのところでのミスが目立ったのがその証左かと思います。片山は65分くらい、原も30分くらい天皇杯に出場してますし、その前も殆ど出ずっぱりですからね。2人ともロティーナ監督のポジショナルプレーをよく理解しているので外しずらいのですが、天皇杯での奥井の出来が良かったので、奥井もまじえてローテーションするのがいいのではないかと思います。

 という事でネガティブな論評から入ってしまいましたが、前節に引き続き最終ラインからアタッキングサードまでボールへ前進させる形は出来ていると思います。松岡が加入してひと月たってないとは思えないほどフィットしてどんどんボールを引き出して潤滑油になってくれてます。で、G大阪戦からさらに良くなったのはその松岡からどんどんバイタルへのパスが出てきた事と、そのボールを受けたサンタナなどが傍に走りこむ味方を使って最終ラインを崩そうとする形がいくつか見られた事。これまではバイタルエリアを使う場面が少なかったと思うのですが、あれがいくつか成功すればサイドからの攻撃がより活きると思います。守備に関しても権田のビッグセーブに3度救われましたが、セットプレー時を含めてかなり安定してきていると思います。あとは攻守ともディテールの部分だと思いますね。守備は1失点目の時のように簡単にクロスを入れさせない事。ちょっと唯人の寄せが緩かった気がします。攻めではコロリ、ホナウドとの連携を高めるのが第一ですが、他にはもう少し単純なロングフィードを混ぜて相手を下げさせる場面を増やしてもいいのでは、というところと、ハーフスペース攻略を意識するところではないでしょうか。

 これでリーグ戦で5試合、天皇杯を含めると6試合勝ち無し。見ている方としては「大丈夫か?」と思ってしまう方も多々おられると思います。ただ前述した通り良くなってきている部分はあるので、チームにはブレる事なく今の戦い方をよりブラッシュアップしていって欲しいですね。

 次は来週水曜(8/25)にホーム・アイスタ日本平での鹿島戦があります。苦手なチームですがそうも言っていられません。ホームのサポと勝利の喜びを分かちあえるよう最善の準備をして欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 完敗での敗退(8/18 天皇杯川崎戦) | トップページ | 唯人のテクニカルなゴラッソ(8/21 湘南戦追記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完敗での敗退(8/18 天皇杯川崎戦) | トップページ | 唯人のテクニカルなゴラッソ(8/21 湘南戦追記) »