« またも痛み分け(8/21 湘南戦) | トップページ | 惨敗(8/25 鹿島戦) »

2021年8月23日 (月)

唯人のテクニカルなゴラッソ(8/21 湘南戦追記)

 昨日(8/21)の湘南戦のレビューで唯人の見事なゴールについて書くのをすっかり忘れていました(汗)。それについて書きます。

 まあ改めて文章にするのも憚られるほどのゴールでした。竹内からのタテパスを半身で受けて反転してすぐ後ろにいたDFをかわし、田中と杉岡の間をダブルタッチでわずかにボールの角度を変えてかつ急加速で2人の間を抜き去り、飛び出してきたGKの谷をあざ笑うかのような頭上を抜くループシュートを決めるというまさにゴラッソ。彼のボールテクニックの高さとサッカーセンス、体幹の強さといった良さが全て詰まったゴールでした。

 エスパサポからすると1試合に最低1度は唯人のボールテクニックの凄さを見ていると思いますし、「あとはゴールだけなんだよなぁ」と思っている方が大多数だったと思います。それが突然あんなゴールを決めてくれるから、嬉しいやらビックリするやらという感じですよね。まあ決定力については引き続き磨いてもらわないとと思ってますが。この日も65分くらいにサンタナからのサイドチェンジのパスを滝が落として原がフリーでニアゾーンに持ち込んで唯人にクロスを送る場面がありましたが、あれはせめて枠に入れて欲しかったですね。ただまだ高卒二年目でこれからどんどん伸びると思うので、彼の成長に期待したいです。

 なおこのゴールは竹内のタテパスも地味に効いていたと思います。サンタナの落としをダイレで入れたというタイミングが良かったし、左足に付けた事も唯人が反転しやすかったと思うので。松岡と比べるとタテパスが少ないと思われがちな竹内なんですけど、ここってタイミングでタテパスを狙うんですよね。昔から。それは付記しておきます。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« またも痛み分け(8/21 湘南戦) | トップページ | 惨敗(8/25 鹿島戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またも痛み分け(8/21 湘南戦) | トップページ | 惨敗(8/25 鹿島戦) »