« 夏の移籍ウィンドウでの動向その1 | トップページ | 誕生日祝い(7/4 大分戦) »

2021年6月29日 (火)

勝ち点2を失った。が(6/27 横浜FC戦)

 昨日(6/28)予告した通り、横浜FC戦の感想を書きます。書きたい事がいっぱいありますが、あまり長くなり過ぎないようにします(汗)。

 この日は5月の名古屋戦以来久々の生観戦でした。土日の三ッ沢での試合ならと思って行ったのですが、ここは球技専用という事で観やすくて選手同士のぶつかり合いが良く見えました。だから選手に対して「覇気がない」とか「気持ちが見えない」とは全然思わなかったです。特に後半は僕が見ている方のサイドへエスパの選手がどんどん駆け上がってくるし、それを何とかはね返そうという横浜FCとのせめぎ合いは面白かったです。もちろん勝てなかったのは残念だし「勝ち点2を失った試合」だと思っていますが、それはそれとして面白かったと思ってます。やはり球技専用スタジアムでの生観戦はいいですね。もちろん一番はアイスタ日本平ですが。

<明治安田生命J1リーグ 於 ニッパツ三ッ沢球技場>

 清水エスパルス 1ー1 横浜FC

Dsc_0231_small

 エスパルスのスタメンは以下の通りです。

 GK 権田
 DF 原、ヴァウド、立田、片山
 MF 中山、宮本、竹内、鈴木唯
 FW ディサロ、チアゴ サンタナ
 SUB 永井、福森、奥井、河井、西澤、カルリーニョス ジュニオ、指宿

 前節軽い怪我をしたカルリーニョスが大事をとってリザーブからスタート。代わって前節J1初ゴールのディサロがスタメン入りしました。システムは守備時の基本は3-4-3。ただ攻撃時は原が右SBのような立ち位置をとって中山と2人で数的優位を作って崩そうとしていました。

 前半半ばくらいまではほぼ互角で、エスパにも何度か決定機がありました。しかし時間がたつ毎にポゼッションに長けた横浜FCがボールを握るようになり、エスパは3トップによるプレスがハマらず押し込まれるようになりました。ただ真ん中をきっちり締める事で決定機は2度ほどしか作らせず、35分あたりからは割り切って5-4-1のブロックを作ってはね返す事で横浜FCの攻撃の勢いを少しずつ削いでいたのですが、45分、スローインのボールを逆サイドへ展開され、左WBの高木からのクロスを中央で渡邊に合わされて横浜FCに先制を許し、前半は0-1で折り返しました。

 後半、エスパルスはシステムを4-4-2へ切り替え、攻勢に出ます。メンバー交代も53分にディサロからカルリーニョス、70分には唯人、中山、宮本に代えて指宿、奥井、河井と積極的に行い、横浜FCにペースを渡しません。それでもホームでこれ以上無様な試合の出来ない横浜FCが必死で抵抗してきたために得点出来ませんでしたが、81分、CKをヴァウドが頭で合わせて、エスパがとうとう横浜FCのゴールをこじ開けます。勢いにのったエスパはさらに攻勢を仕掛けますが、もう1回ゴールをこじ開けるまでには至らず、1-1でのドローに終わりました。

 前半は途中までは悪くなかったのですが、途中から横浜FCにボールを握られる苦しい展開になってしまいました。相手と同じ3-4-3にしてハメやすくしたつもりだったのでしょうが、前の3人のプレスや後ろへのパスコースの限定が上手くいきませんでした。その要因は相手のダブルボランチのポジショニングが上手かったのもあるでしょうが、それ以上にこちらのダブルボランチの両脇のスペースを上手く使われてしまってましたね。相手の2シャドウがそこへ入り、そこへ斜めからもクサビのパスが入ってきたから最終ラインもボランチも前にラインを上げる事が出来なくて、それで前の3人とのスペースが空いてしまっていました。だから前半ラスト10分くらいで前3人のうち2人を下げて5-4-1にしたのは理にかなっていたのですが、もう少し我慢すればというところで失点してしまったのは残念でした。あの場面は立田がかぶる格好になってしまったのが問題ではありますが、それよりもスローインの時に真ん中にスペースを空けてしまってあっさりサイドチェンジを許してしまったのが問題だったと思います。ちょっと集中を欠いてましたよね。札幌戦や鹿島とのルヴァン杯2nd.legでも同じような失点をしてしまっているので(札幌戦はFKからですが)、そこは猛省が必要でしょう。

 という事で、前半の流れは良くなかったのですが、そのムードをまたもシステム変更で一変させたのは見事でしたね。4-4-2にしたのは、再三クサビを打たれていたボランチの両脇のスペースを埋めるためだったと思うのですが、その効果は絶大で、縦パスを入れる先がなくなった横浜FCはこちらが4-4のコンパクトなブロックを作った事でブロックの外側からしか攻める事が出来なくなりました。一方でエスパの攻撃は、右は原と中山(途中から片山)のコンビネーションで、真ん中はサンタナと唯人(途中から指宿)のキープ力、左はカルリーニョスの突破力で、という感じでそれぞれ持ち味を出しながら横浜FC守備陣を脅かす事が出来ていました。特に右サイドが面白かったですね。SBに入った原はやはりポジショニングが上手くて、周りの活かし方や周りからの活かされ方がわかってきたかなという感じがしました。象徴的なのが前半のサンタナのダイビングヘッドに繋がった中山、宮本と連携しながらの突破でしょう。それ以上にクレバーなのが片山で、同点に追い付いた後の時間帯で片山が右のハーフスペースの前の方にポジションをとってクサビのパスを要求していて、それに気付いた立田とかがロングフィードを入れてきてもそれをきっちり収めて味方に繋いでいました。あれは相手にとってはイヤですし、こちらとしては新たな崩しのパターンを掴んだ感じではないでしょうか。

 そんな感じで後半は相手を攻め立てたわけですが、ゴールが遠かったですね。右からの直接FKからのサンタナのヘッド等決定機は沢山あったのですが、この日は決定力不足の病が発症しちゃいました。中でも終了間際のサンタナとGKの六反との1対1や、それを弾かれたこぼれ球に竹内が反応してのシュートは決めて欲しかったところです。まあサンタナのシュートは若干コースが甘かったかもしれませんが、六反の飛び出しも早かったですからね。また竹内のシュートが決まらなかったのも、相手の前嶋を褒めるべきだと思います。サンタナと六反が1対1になった時にカバーに行った流れでボール付近にいたのですが、竹内がシュート体勢に入った時に1歩前に出て止めにいってますからね。竹内も長い距離をスプリントしてきたから、前嶋をかわすような余裕はなかったでしょう。これに限らずこの日の横浜FCは要所で体を張って守っていました。前節5失点したと聞いた時に「逆に引き締めてくるからイヤだなぁ」と思っていたら、その通りになってしまいました。もちろんあれだけあった決定機を1度しかモノに出来なかった事は反省すべきですが、相手もある事なので過剰に責めるのは良くないかなとも思ってます。

 繰り返しになりますが、「勝ち点2を失った試合」だと僕も思います。あれだけ決定機があったのですから。ただ先制を許した時の今季の戦績が良くない中で何とか同点に追い付いて、6ポイントマッチで相手との下位チームとの勝ち点差を縮めさせなかったのは最低限ではありますが評価できると思います。勝ち点1積み上げた事で順位が1つ上がりましたしね。とはいえこの日積み上げた勝ち点1が意味を持つかどうかは今後の戦い次第なので、楽観的になり過ぎないようにもしないといけないとは思います。

 次は久々にホーム・アイスタ日本平での大分戦。またもいわゆる6ポイントマッチ。さらにエスパルスの29回目のバースデーと銘打っての試合です。こういういろいろかかった試合ではあまりいい思い出がないのですが、少ないながら2017年のG大阪戦での勝利もあります。そうした話以前に横浜FC戦の勝ち点1を意味あるものにするには勝つしかないので、是非とも勝ってバースデーをお祝いしたいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« 夏の移籍ウィンドウでの動向その1 | トップページ | 誕生日祝い(7/4 大分戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の移籍ウィンドウでの動向その1 | トップページ | 誕生日祝い(7/4 大分戦) »