« EURO2020絶賛開催中 | トップページ | 勝ち点2を失った。が(6/27 横浜FC戦) »

2021年6月28日 (月)

夏の移籍ウィンドウでの動向その1

 昨日(6/27)は横浜FC戦がありましたが、まだ見返す事が出来ていないので、明日(6/29)以降に書きます。それよりもあと半月ほどでオープンされる夏の移籍ウィンドウに向けて、早くも動きがありました。

 〇加入

  井林 章(DF 広島から完全移籍)

 先週土曜くらいに中国新聞で報じられていた井林の獲得が発表されました。CBで広島県出身。広島皆実高が選手権で優勝した時のメンバーで、その後関学大を経て東京Vに加入し、6年間プレー。特に2018年はロティーナ監督の下、6位でフィニッシュしたJ2のプレーオフを勝ち抜いて磐田と昇格をかけて戦った時の主将であり守備の中心でした。翌年から広島に移籍したものの残念ながら思うような出場機会は得られず、今回ウチに移籍すると決めてくれました。

 特徴としては、ネットなどで評判を見た限りでは、例えばヴァウドの高さや立田のフィードのような特筆すべき特徴はないものの与えられた役割を高いレベルでこなせるタイプのようです。ただウチにとっても井林にとっても決め手はロティーナ監督の指導を過去に受けていた事でしょう。ウチとすればCBの軸だった宜さんが大怪我で離脱して(もっとも練習が公開された日にもごく軽いメニューとはいえ練習参加していたそうですし、少なくとも日常生活を営む分には問題ないみたいでホッとしました)CBの選手層が薄くなっていたし、ロティーナ監督のやり方を知っているというのは大きなメリットです。井林の方にも「またロティーナとやりたい」という思いがあったのかもしれません。あいにく夏のウィンドウがオープンするのは7/16からで、それまでは選手登録できませんが、おそらく今週の練習から合流するでしょうね。どんなプレーを見せてくれるかを楽しみにしていたいと思います。

 井林以外にも既にちらほら加入の噂は流れてきています。一方で選手契約枠があるので、修行などに出す選手もいるかもしれません。もしかしたらいつもより慌ただしい夏になるかもしれませんね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« EURO2020絶賛開催中 | トップページ | 勝ち点2を失った。が(6/27 横浜FC戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EURO2020絶賛開催中 | トップページ | 勝ち点2を失った。が(6/27 横浜FC戦) »