« 試行錯誤(4/7 浦和戦) | トップページ | 4試合勝ち無し だけど(4/18 G大阪戦) »

2021年4月12日 (月)

勝てなかった・・・(4/11 神戸戦)

 昨日(4/11)はアウェーでの神戸戦でした。今回も現地には行かず、DAZNで観戦しました。

 相手の神戸は3連勝中と調子が良く、しかもアウェーでの試合という事で相当に苦戦するだろうと思っていました。結構前から激しくプレスにいくとの話も聞いていましたしね。それが実際には終始優勢に試合を進めての1-1でのドローという事で、予想以上に楽しむ事が出来ました。まああとはもうちょっと我慢できたらなぁとも思ってしまう部分もありますからね。記事のタイトルのような気持ちになった方も非常に多かったと思います。

<明治安田生命J1リーグ 於 ノエビアスタジアム神戸>

 清水エスパルス 1ー1 ヴィッセル神戸

 この日のエスパルスもスタメンをいじってきました。最終ラインは右SBにエウシーニョが戻り、右CBはヴァウドでなく原を起用。中盤はボランチの1枚については竹内に代えて河井を入れ、2トップの一角には唯人をいれました。これはもちろん連戦を考慮してというのもあるでしょうが、前節の60分以降の出来が良かったことを踏まえて、その時のメンバーをそのまま起用したという意図が大きかったのではないかと思います。

 開始早々に自陣でFKを献上したエスパでしたが、そのボールをはね返して、さらに唯人が相手の井上(?)とGKとの連携ミスをついてボールをかっさらいもう少しでゴールというところまで迫った場面を境に、試合はエスパルスペースで推移します。コンパクトなブロックを敷いた上で前から積極的にプレスをかけて神戸に自由な攻撃をさせず、攻撃面では神戸の厳しいプレスを交わしてボールを運んだり、サンタナや中山をウラへ走らせたりするなどして神戸にボールの奪いどころを絞らせませんでした。結局、神戸の前半のシュートはZEROという事でサッカーをさせなかったエスパでしたが、自分達も決定機をモノに出来ずスコアレスで前半を折り返しました。

 後半も入りはエスパペース。何度も神戸ゴール前に迫りますが得点を奪う事は出来ません。神戸がフレッシュな選手を入れてきたのとエスパのスタミナが切れ始めた事が重なって次第に神戸にペースが行きそうになった74分、神戸のCKを直接キャッチした権田が相手陣に走り始めた中山にパス。中山は快足を活かしてペナの手前までボールを持ち出した後、左側を並走していたサンタナへパス。サンタナは一拍置いた後ファーサイドへクロスを入れ、そこへ走り込んだエウシーニョが見事に合わせてゴール。完璧なカウンターでエスパルスが先制します。このまま逃げ切りたかったところですが、神戸も前への圧力を強め、88分、途中出場の櫻内のクロスに対して郷家と原が競り合うとそのボールがペナ角へ。これをフリーで拾った初瀬がクロスを入れて古橋が合わせて、神戸に同点に追いつかれてしまいます。その後も神戸優位で進みますがエスパも踏みとどまり、結局1-1でのドローとなりました。

 試合開始時点での順位を考慮せず純粋に試合内容から判断するのであれば、「勝たなければいけなかった試合」であり「勝ち点2を落とした試合」だと思います。失点の場面は、この日のCBが原だったのが不運といえば不運だったのかなと思います。ヴァウドだったらはね返せるボールでしたから。ただそれは置いておくとして、初瀬にボールが渡った時にそちらにボールウォッチャーになってしまったのが拙かったですね。エウシーニョにはクロスを入れられる前に1~2歩前に出て欲しかったところです。また竹内が古橋との競り合いに負けて前に出られてしまったのも拙かったですね(ファウルっぽかったけど)。ただ失点の場面そのものよりも、もう少し上手く神戸の反撃をいなす事は出来なかったかなという気持ちの方が強いですかね。先制した後数分押し込まれましたが、その後結構ボールを握っている時間もあったので、その時に先制の前と同じペースで攻めに出るのではなくて、後ろで上手くボールを回す時間を作る事で試合の流れを神戸に持っていかせないようにすべきだったかなと。その意味ではナイーブでしたね、ウチは。それともっとそれ以前の話として、前半あれだけペースを握って神戸にサッカーをさせてなかったにも関わらず得点できなかったというのが一番大きな反省点ですね。良い形でクロスを上げたのに精度が悪くて真ん中と合わない事が多かったです。そこも引き続き改善が必要ですね。

 という事で反省点ばかり書きましたが、内容としてはここ数試合の中で一番良かったです。守備では相手最終ラインがボールを持った時には2トップが、ボランチが降りてきた時には中山まで加わって真ん中へのパスコースを寸断してボールをサイドへ誘導し、サイドにボールが入ったら右はエウシーニョと河井、左は慶太と奥井がチェックに入り宮本がサポートする事でボールを奪うという守備の形が出来ていました。そこを突破されても最終ラインの原、鈴木義がしっかりカバーしていて、スキを与えませんでした。攻撃に関しては最終ラインからのビルドアップが大きな課題になっていましたが、この日はCBからサイドにボールが入った時に右は河井がしっかりフォローしていたし、左も慶太が降りてきて奥井や鈴木義から上手くパスを引き出していました。またこの日はウラへのフィードも上手く織り交ぜてましたね。サンタナ、鈴木唯、中山をウラへ走らせそこへフィードを入れる事で相手の最終ラインを押し下げていました。前々節の徳島戦や前節の浦和戦の時にサンタナにボールを入れる時は足元もしくはハイボールを入れる形、つまりサンタナが相手を背にしてボールを受ける形が殆どだったために相手に高いラインをキープさせてしまっていたのですが、この日はウラ狙いのパスも織り交ぜる事で相手の守備ブロックを広げる事が出来ていました。サンタナは徳島戦の時なんかもウラへのボールを欲しがる場面があったのでそれを活かせないかなと思っていたのですが、この日はそうした動きを活かせていたので、これでボールの運び方が増えたと思います。そうやって相手を押し込む事が出来ればウチの攻撃陣は技術の高い選手が揃っているから簡単にはボールを奪われませんよね。そこへ運ぶまでに非常に苦労していたのですが、ようやく解決の糸口が見つかったかなと思います。

 前述の通り内容からすると「勝てた試合」「勝たなければいけない試合」であり、それだけに勝てなかった事は非常に残念です。このためこの試合をネガティブに捉える人は多いかもしれません。しかしながら収穫も非常に多い試合だったのも確かです。ビルドアップがずっと課題だったチームが神戸の激しいプレスを上手くかわして優位に試合を進める事が出来たし、守備時のプレスの形もかなり整理されてきました。個人に目を向けても、唯人がプレスのスイッチ役として、または前線でのポイント作りの面で非常に良いプレーをしていたし、浦和戦に続きスタメンの宮本も守備時は最終ラインの前のフィルター役として、攻撃時は河井と慶太の間にポジションをとってつなぎ役として非常に機能していました。左SBの奥井も前節とは全く別人のように左サイドでポイントになってくれたなど、計算出来る選手が増えてきましたよね。そうした理屈よりも何よりも久々に見ていて楽しい試合が見れました。もちろん課題はありますが、それらを少しずつ改善してチーム力を上げて欲しいし、また上げていけるとも思えた試合でした。

 次は1週間の間が空いた後にアウェーでのG大阪戦です。武漢ウイルス(新型コロナ)禍の影響で一時は活動を停止せざるを得なくなるなどしたために苦労しているようですが、昨季は2位フィニッシュしたように本来はもっと強いチームですから、全く油断は出来ません。最善の準備をして臨んで欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« 試行錯誤(4/7 浦和戦) | トップページ | 4試合勝ち無し だけど(4/18 G大阪戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試行錯誤(4/7 浦和戦) | トップページ | 4試合勝ち無し だけど(4/18 G大阪戦) »