« ユースは開幕3連勝 | トップページ | Esto es fútbol (4/25 湘南戦) »

2021年4月22日 (木)

ケチャドバ目前?(4/21 ルヴァン杯横浜FM戦)

 昨日(4/21)はルヴァン杯グループ第3節、ホーム・アイスタ日本平での横浜FM戦でした。おとなしく自宅でスカパーで観ました。

 結果はスコアレスドロー。基本的には横浜FMにボールを握られる展開となりましたが、エスパもチャンスもあったし、見どころの多い試合だったのではないかと思います。まあ今季はまだホームで勝てていないし、昨季から考えるとC大阪戦から勝てていないと思うので、フラストレーションのたまった方もいたかもしれませんが。

<JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー0 横浜F・マリノス

 リーグ戦のG大阪戦から中2日という事で、この日のエスパルスは大幅にスタメンをいじってきました。GKには永井。最終ラインはCBに鈴木義の代わりにヴァウド、左SBに福森を入れて、前節左SBだった奥井は右SBへ。中盤はボランチを河井から竹内に代え、左サイドハーフには慶太を起用。そして右サイドハーフに今季公式戦初出場の滝。2トップは後藤、ディサロです。

 開始早々に横浜FMのウラのスペースへ滝が抜け出して中央にディサロに絶好のクロスを送る場面はありましたが、その後は横浜FMがボールを握ってエスパルスを押し込む展開となりました。横浜FMは特に中盤3人のポジショニングが絶妙で後ろからの繋ぎも非常に早くて正確なので、ここ2試合機能していた前からのプレスは殆ど機能せず、後ろで4-4のブロックを作ってはね返す事しか出来ません。ただ真ん中はしっかり締めていて中央での崩しは許さず、サイドでの崩しもSBとサイドハーフに加えてボランチもカバーしていたので決定機を作る事は許さず、前半はスコアレスで折り返しました。

 後半、エスパは持ち味を出せなかった慶太に代えて金子を右に投入。滝を左へ回して状況の打開を図ります。そのおかげもあってか後半開始早々もエスパが勢いを持って攻撃にかかり、左から2回惜しいシュートシーンを作ります。58分にはエウシーニョ、鈴木義、河井を入れて更にペースを握ろうとするエスパでしたが、次第に横浜FMにアジャストされてしまい、63分くらいからは再び自陣に押し込まれる展開となります。しかし76分に投入された指宿が前でボールをキープしてくれるようになった事により、エスパもカウンターから惜しいシーンを作るようになります。が、結局決めきれず、試合はスコアレスドローとなりました。

 最初にも書きましたが、なかなか見どころの多い試合だったと思います。守備に関してはもう少し前から嵌めようとしていたと思うし、2トップが中盤へのパスを切ろうとしてはいたのですが、いかんせん相手の中盤のポジショニングは非常に流動的でパスコースを消しにくいところに立たれたので、どうしてもボックス近くで4-4のブロックを作って耐える形が増えてしまいました。が、そのブロックが堅固でした。相手のサイドチェンジに対するスライドもきちんと出来ていたし、サイドで枚数をかけられてもマークを受け渡しながら対応できていました。中央突破しようとしてきても真ん中をしっかり締めて相手にスペースを与えなかったし、サイドからのクロスもCBがきっちりはね返す事が出来ていました。あれだけ攻められた割には、与えた決定機は前半CKのこぼれ球からのクロスを伊藤に合わされた時と後半最終ラインのウラへパスを通されて水沼が永井と1対1になりかけた場面くらいだったと思います。何より特筆すべきは前節からフィールドプレーヤー7人を入れ替えても守備組織のクオリティが落ちなかった事。GKの永井もルヴァン杯しか出場させていないのがもったいないくらいの出来だったし、誰が入っても守備に関して安定してきたのは自信を持っていいと思います。(まあマルコス ジュニオールやエウベルらが入った時に耐えられるか、というのはありますけどね)

 攻撃に関しては、ネガトラや守備時のアプローチも横浜FMは早いのでかなり苦労しましたが、あれだけ前からプレスをかけられた割にはビルドアップのところで引っかけられる場面は殆どなかったと思います。相手に詰められてもCB、SB、ボランチで上手くパスコースを作ってプレスをかわし、ボールを前進させる事が出来ていました。ボールを相手陣へ運んだところでチェックに合ってボールロストしたり連携が合わなかったりしたために、前半はシュートZEROに終わりましたが、後半金子を入れて両サイドともウラへ飛び出せる選手にした事でより前へボールを運べるようになって、特に左サイドからチャンスを作れるようになりました。さらに指宿が入ってからはボールが収まるようになったし、周りを見てボールを効果的に散らしてもくれたので、それまで停滞気味だった攻撃が機能するようになりました。結局また無得点で終わってしまいましたが、エスパルスの決定機は後半しかないものの4回ありました。攻撃に関してもG大阪戦からまた少し成長した姿を見せてくれたと思います。

 攻撃面が少し成長したといっても、横浜FMが攻撃的に来てくれた分スペースを与えてくれたという側面はあります。ですので、次の試合で「ケチャップがドバドバ出るようになる」とは限りません。ですが、最終ラインから相手陣へボールを運ぶビルドアップのところは確実に成長しています。この日の横浜FM相手でも機能した事がその証左です。最後の崩しの場面でのニアに入った味方の後ろにクロスを送るなどといった工夫は出てきているし、個人に目を向けても攻撃面で良さを見せた福森、2度チャンスに絡んだ滝、そして途中投入から存在感を見せ流れを変えた指宿など収穫は多々ありました。3度あった決定機で決められなかった後藤が責められがちですが、少なくとも3度目の逸機はGKの梶川を褒めるしかないです。シュート自体は難しい浮き球をボレーでしっかり捉えて枠内の厳しいコースへ飛ばしてますから、しょうがないです。という感じで少しずつ攻撃面も良くなってきているので、引き続きチーム力を上げていってくれればと思います。

 次の公式戦は日曜日。ホーム・アイスタ日本平に湘南を迎えます。このチームもここのところ負け無しで来ていて、守備は堅くて攻撃も鋭いものがありますので、またタフな試合になると思います。ただ4月最後のリーグ戦での試合なので、是非とも勝ち点3をもぎ取って欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« ユースは開幕3連勝 | トップページ | Esto es fútbol (4/25 湘南戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユースは開幕3連勝 | トップページ | Esto es fútbol (4/25 湘南戦) »