« 2020年シーズンオフの動きその10 | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその12 »

2021年1月 5日 (火)

2020年シーズンオフの動きその11

 大熊GMが就任して2年目ですが、非常に精力的に動いて下さっています。おかげで祭りのネタにはこと欠かない状況ですが、若干踊り疲れ始めているサポもいるのではないかと思います。が、今日(1/5)も祭りのネタが投下されました。

 〇加入

  中山 克広(MF 横浜FCから完全移籍)

 〇復帰

  ノリエガ エリック(DF 町田への育成型期限付移籍終了後、復帰)

 〇退団

  川本 梨誉(FW 岡山へ育成型期限付移籍)

 まず中山は専修大学卒業後2019年に横浜FCに加入し、特に一昨季に32試合出場して6得点をあげチームのJ1昇格に貢献しました。今のウチの中盤にはいない一人で打開できるサイドアタッカータイプの選手です。まあクラモフスキー元監督の時にいてくれていたらとの声も聞かれますが、ロティーナ監督のサッカーにも必要なタイプの選手ですよ。昨季はC大阪で坂元を重用して一本立ちさせましたしね。そもそもスペインはサイドアタッカーの宝庫ですし。昨季主力を務めた西澤、金子、慶太といった選手達には良い刺激になるでしょうし、中山も含めて4人ともタイプが異なるので、ロティーナ監督がどのように組み合わせて使うのか楽しみですし、早く実際にプレーを見てみたいです。

 またノリエガ エリックの復帰も発表されました。町田ではなかなか出場機会が得られず育成型期限付移籍が満了になったのですが、ウチのCBの人数が微妙に少ないという事もあって復帰する事になったと思われます。競争相手がたくさんいて大変ですが、監督とスペイン語で直接会話できるのは強みだと思うので、どんどんアピールして欲しいと思います。

 それから昨季最終戦でプロ入り初ゴールを決めてアピールした川本の岡山への育成型期限付移籍も発表されました。少々意外ではありますが、FWは一気に層が厚くなったので、ならば武者修行に出して試合経験を積んだ方が良いという事になったのでしょうね。岡山は昨季はやや低迷しましたが毎年真ん中から上を争っているクラブですし、石毛や西村が武者修行した場所でもあるので、頑張ってアピールして欲しいと思います。

 あともう1つ、今季限りで契約満了となったテセの町田への移籍が発表されました。無事移籍先が決まって良かったです。まだまだやれると思いますので、頑張って欲しいです。

 ま、さすがに加入の方はないでしょうね(ウワサがないわけではないけど)。現時点で契約更新が終わっていないのは5選手ですが、もしかしたらその中から外へ出る選手が現れるかもしれません。ただおおよそ今季のスカッドが固まってきたかなと思いますので、そろそろ祭りを終えてどんな感じのチームになるかをじっくり考え始めるタイミングでしょうか。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 2020年シーズンオフの動きその10 | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年シーズンオフの動きその10 | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその12 »