« 2020年シーズンオフの動きその8 | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその9 »

2021年1月 1日 (金)

謹賀新年

 新年あけましておめでとうございます。

 去年は本当に武漢ウイルス(新型コロナ)禍に悩まされる年となってしまいました。少なくとも冬場は続く事になりそうですが、幸いアメリカでワクチンの接種が始まっており、日本でも既に一定量のワクチンを確保しているとされていて3月から接種が始まると聞いています。上手くいけば6~7月には一段落すると言われていますので、それまでは「正しく恐れ」ながら頑張っていきましょう。

 エスパルスについても、去年はクラモフスキー監督の「アタッキングサッカー」に大いに期待を膨らませたものの、前述の武漢ウイルス(新型コロナ)に邪魔をされ、再開後はなかなかチームが軌道に乗らず失点を重ね、結局11/1にクラモフスキー監督が事実上の解任となってしまいました。私たちサポーターもひたすら「良かった探し」をしながら耐え忍ぶシーズンだったのではないかと思います。ただクラモフスキー監督の指導により最終ラインから繋いでいく技術は着実に上がったと思うし、その意味でこの一年やって来た事は無駄ではなかったと思っています。今期はC大阪で指揮したロティーナ監督とイヴァンコーチを招聘し、選手補強もこれまでのところ順調に進んでいます。今年のエスパルスの反攻に期待したいと思います。

 という事で、今年も本ブログを通して駄文を発信していきますので、引き続きお付き合い頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 2020年シーズンオフの動きその8 | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年シーズンオフの動きその8 | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその9 »