« 久々にブチ切れた試合(12/15 仙台戦) | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその3 »

2020年12月21日 (月)

全日程終了(12/19 G大阪戦)

 先週末の土曜(12/19)にJ1、日曜(12/20)にJ2、J3が開催され、予定されていたリーグ戦の全試合を無事終える事となりました。新型コロナ禍の影響をモロにかぶりながら様々な調整を行い実施してきたリーグ関係者や参加したクラブ関係者の努力には頭が下がります。心より御礼申し上げます。

 エスパルスはアウェーに乗り込んでG大阪戦。勝ち点を積まないとクラブ初の最下位に終わってしまうというシチュエーションの中、粘り強く戦って見事勝ち点3をゲット。直接対戦していた仙台と湘南の試合がドローに終わったため、16位でフィニッシュしました。

<明治安田生命J1リーグ 於 パナソニックスタジアム吹田>

 清水エスパルス 2ー0 ガンバ大阪

 この試合に向けては、前節欠場したカルリーニョス、ティーラシンに加え、ドゥトラ、ヘナト、ソッコもコンディション不良からか前日練習では別メニューだったらしく、さらにヴァウドにも何かあったみたいで、スタメンではCBに吉本、左SBには奥井、ボランチには宮本に代えて河井、そして2トップの一角に川本と台所事情の苦しさが伺える布陣だったのですが、これで勝ってしまうのがサッカーの面白さですね。

 守り方はこれまでと同じく2トップがボランチへのパスコースを切りながらプレッシャーをかけ、サイドにボールを出させたところでサイドハーフがプレスをかけ、そこで相手がボールを戻せば2トップと最終ラインが相手GKもしくは両CBに厳しくプレスをかけるという形でした。相手も同じ4-4-2だった分前節に比べると対策は立てやすかったと思います。それにより15分くらいまではほぼ互角の展開となり、時には奥井がミドルを撃つなど相手陣に攻め込むシーンもあったのですが、次第に相手がこちらのブロックの中間ポジションに入ってボールを受けてそこを起点に細かいパス交換から崩そうとしてきたため、時間を追う毎に全体を上げられなくなり攻撃も単発になってきました。特に露骨に狙われたのがこちらの左サイドの奥井と立田の間でした。エウシーニョよりも奥井の方が与しやすいと思ったのか左のCBとSBとの連携に問題ありとふんだのか、ひたすら立田と奥井との間のハーフスペースにボールを入れてそこから仕留めようとしてきて、それに対する対応にかなり苦労しました。が、吉本、立田の両CBと河井、竹内の両ボランチが真ん中をしっかり固めて侵入を許さず、決定機を作らせませんでした。また特に前半のG大阪の攻めが妙に細かいパス交換で崩し切る事にこだわったのが幸いしたかなとも思います。左サイドをかき回されたあげくにシンプルなクロスからパトリックの高さを活かすやり方をされたら拙かったかもしれません。ともかく粘り強く守ったエスパがスコアレスで前半を乗り切りました。

 後半、エンジンをかけ直したエスパは再び前へのプレスをかけ始めます。そして48分、自陣でのボール奪取から前線の後藤にパス。ハーフラインからボールを持ちだした後藤はペナ前からミドルシュートを放ち、GKが弾いたボールを川本が押し込もうとする決定機を作ります。これは東口に防がれましたが、そこで得たCKのこぼれ球からエウシーニョがシュートを試み、これ自体は上手くヒットしませんでしたが、それがG大阪の守備ブロックの押し上げと入れ替わるように抜け出した川本の足元へ入り、それを川本が冷静に流し込んで見事にエスパが先制に成功します。先手をとられたG大阪は矢島と渡邊を投入して攻撃の圧力を強めようとしましたが、エスパも後半から最終ラインが下がり過ぎずに中盤のラインとの間にスペースを作らないように修正してきたので、ボールは握られましたが前半ほどペナ内には侵入させない守備が出来てきました。それにより相手の攻撃をはね返し続けた後の64分、右サイドでのパス交換から、途中からボランチに入っていて六平がハーフスペースに侵入してクロス。これは弾かれましたが、これを川本がダイレで真ん中に入り込んでいた金子にパス。相手三人に囲まれていた金子ですが、見事なファーストタッチで抜け出してゴールを決め、エスパが2点リードとなりました。ホーム最終戦という事で負けられないG大阪は3トップにするなどしてさらに攻撃の圧力を強めましたが、エスパの方も久々の公式戦出場で足を攣った吉本に代えて六平をCBにしたり怪我をした奥井に代えて金井を入れたりして守備を固めてG大阪に得点を許さず、見事に今季2度目のクリーンシートでの勝利をあげました。

 とにかく守備において出場したメンバー全員が自分達それぞれの役割をきっちりこなして相手の得点を許さなかったのが勝因だと思います。90分通してどちらかというと押され気味の展開となり、特に前半は左サイドの危険なエリアに入り込まれて対応に苦労したと思うのですが、両CBの吉本、立田がボランチの竹内、河井のサポートを受けながら粘り強く対応してラストパスやシュートをはね返し続けてくれました。エウシーニョ、奥井の両SBもCBをフォローしながらも自分達のサイドが崩される事がないよう対応し、そこに西澤、金子の献身的な守備も加わる事で4-4のブロックによる守備が崩れる事はありませんでした。まあさすがに最後の15分はなかなか押し上げられなくなったため決定機も3回ほど与えてしまいましたが、「守備が酷すぎ」と散々言われながら最後の最後でクリーンシートによる勝利をあげられたのは良かったと思います。

 一方の攻撃については、こちらも前半はなかなか決定機を作れませんでしたが、後半早々に得点をあげた事で心理的に優位に立ち、いくつかチャンスを作る事が出来ました。前半からそうでしたが、真ん中にクサビを入れていくというよりは、2トップがサイドへ流れてボールを持ち、そこにSBやサイドハーフが素早くフォローしそこにボランチも絡む事で攻撃に厚みを加えていたと思います。2トップが流れた事で空いた真ん中のスペースには逆サイドのサイドハーフが入ってくる形もちゃんと作れていて、それが2点目に繋がりました。この形は平岡監督体制になってからの約束事だと思いますが、シーズン開始当初から叩き込まれた最終ラインからの繋ぎが進歩してきた事もこの得点に寄与したと思います。もちろん平岡監督も難しいタイミングでの就任ながら、特に守備面でアレンジを施して、就任してから4勝をあげるチームを作ってくれました。この事には本当に感謝しています。

 またこの試合でエスパルスを去る事が決まっている三人がそれぞれ自分の役割をまっとうしてくれた事にも触れないわけにはいきません。今季限りで現役を引退する吉本は、急な出場にも関わらず最終ラインで気持ちのこもったプレーを見せてチームを鼓舞してくれました。西村と交代してベンチに下がった時に平岡監督や篠田コーチなどと抱擁する姿は印象深いです。途中からボランチに入った六平も2点目に絡むなど攻守に貢献し、吉本が下がった後はCBに入ってそつのないプレーをして貢献してくれました。奥井に代わって入った金井も左サイドをしっかり締めてクリーンシートに貢献してくれました。3人がエスパルスのために戦ってくれた事には本当に感謝したいです。

 これでいろいろと大変だった2020年シーズンは終了。エスパルスは昨季よりさらに1つ順位を落とした16位でフィニッシュしました。通常のレギュレーションであればJ2のプレーオフ勝者とJ1残留をかけて戦わないといけない順位です。当然反省すべきところが多々ありますが、それについては別途総括っぽい記事として書きたいと思います。一昨日(12/19)の夜から祭り状態となっている新監督就任の公式リリースより先に書きたいのですが、間に合うかどうかw。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« 久々にブチ切れた試合(12/15 仙台戦) | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々にブチ切れた試合(12/15 仙台戦) | トップページ | 2020年シーズンオフの動きその3 »