« 2022年新加入選手発表 | トップページ | ディエゴ マラドーナ氏死去 »

2020年11月22日 (日)

久々の大量失点(11/21 札幌戦)

 昨日(11/21)はアウェイでの札幌戦でした。札幌ドームのアウェイ席には大勢のエスパサポが来ていて、今季のアウェー戦で初めてサンバが流れました。かく言う僕は今回は行きませんでした。昨年、3月のリーグ戦札幌戦以外にも9月にラグビーワールドカップを観に札幌まで行ってまして、2度とも結構散財しちゃったもので(汗)。

 監督交代後初めてのアウェーでの試合という事で、ある意味真価が問われる試合だったわけですが、結果は久々に5失点を食らっての完敗。監督交代後2つ勝って喜びに浸っていた我々を現実に引き戻すような試合となってしまいました。まあ世の中甘くはないって事ですかね。

<明治安田生命J1リーグ 於 札幌ドーム>

 清水エスパルス 1ー5 北海道コンサドーレ札幌

 1-5と大敗してしまったわけですが、点差ほどの差はなかったと思います。ただいわゆるアタッキングサードのところでの攻守の差が出てしまった試合でした。

 攻撃におけるエスパの狙い所として意識していたのは、札幌の両WBのウラ、つまり3バックの脇のスペースだったと思います。また札幌が基本的にマンマークで守ってくる事も意識して、まず中盤のところのサイドでボールを持ったところで2トップの後藤、カルリーニョスが前から降りてボールを引き出し、後藤、カルリーニョスについていった札幌の選手のウラのスペースへ誰かが走り込んで、そこをアタッキングサードでの攻略の起点にするという形を常に狙っていましたし、それは上手くいっていたと思います。1得点目は少し変形になりますが同じような形でボールを運んでいました。右サイドでボールを持ったところへ後藤が下りてきて西澤らとパス交換を行い、札幌の選手が右サイドに寄ったところを逆サイドへ展開し、フリーで受けたソッコがボールを持ちだしてウラへ抜け出したカルリーニョスへスルーパス。それによって札幌のラインを押し下げて最後は空いたバイタルのスペースへ走り込んだソッコが見事なコントロールショットという非常に綺麗な形でのゴールでした。他にも同じような組み立てでサイドのスペースへ侵入する場面は多かったのですが、その後の崩し方も複数人がボールサイドへ寄ってダイレでのパス交換から崩していこうというもので、それ自体は悪くないのですが、さすがに相手ゴール前だと札幌も人数を揃えているからよっぽど精度が高くないと突破できないし、札幌も個々が厳しく当たってくるからどうしても精度が落ちてしまいます。結局前半の決定機は得点した時の1回だけだし、後半にしても慶太から唯人へのスルーパスからの決定機がありましたが(ここで決めていたら試合の流れは変わったかもしれませんが)、それ以外ではなかなか札幌の守備陣を崩せませんでした。

 一方の守備に関しては札幌が3バックプラスボランチ1枚の4枚から組み立てを始めるのに対して2トップと両サイドハーフがタテへのボールを入れさせないよう牽制し行けるところでは前に出てプレスをかけるというここ2試合と同じ形をとりました。それによってボールをサイドへ誘導する事はある程度出来ていたと思うのですが、札幌の両WBは能力が高くてなかなかボールを奪えないしボランチや2シャドウのフォローも早いから、誘導した先でボールを奪うまでは出来ませんでした。さらに10分に荒野の負傷交代によってアンデルソン ロペスが入った事により札幌の前線の預け所がジェイ以外にもう1枚出来てしまい、エスパとしてはより厄介な形になってしまいました。さらに前述した札幌の両WBに対するウチの両SB、エウシーニョとソッコが劣勢になってしまったのも痛かったと思います。まあ1失点目はアンラッキーな形でしたが、2失点目は金子の突破にソッコが対応し切れずクロスを許し、それによってゴール前がカオスになったところを押し込まれたものだし、3失点目はCKからのこぼれ球から再度クロスを上げられたのに対してエウシーニョがクリアし切れなかったのを押し込まれてのもの。4失点目もサイドからのクロスによるものだし、サイドから何らかの形でボールが入れば中央には高さと足元の技術の高い選手が2人いるわけですから、まあ苦しくなりますよね。中央のヴァウド、立田は頑張っていたし両ボランチもよくカバーしていましたが、限界があったなと思います。

 という事で全体としては、札幌の両サイドがその気になれば一人で打開できる選手を揃えていたのに対しエスパは右はともかく左SBのソッコは本来CBの選手である事、トップについても札幌はジェイだけでも厄介なのにアンデルソン ロペスまで入ってきたのに対しエスパは本来セカンドストライカーの後藤、カルリーニョスの2人が2トップを務めていたという事で、そうした両サイドと真ん中で札幌に質的優位に立たれて凌ぐ事が出来なかったという感じかなと思います。そうした質の面をカバーすべくいろいろ試行錯誤してきたわけで、11月からは平岡監督がまた違った形を模索しようとしている最中ですから、今回凌ぎ切れなかったのはしょうがないのかなと思います。そうした事情は考慮した上であえて気になった点を2つ。1つ目は特に後半競り合いで負けてボールを奪われる場面が目立った事。良い形でボールを持てなかったというのもあるでしょうが、それにしてもあれだけ1対1で負けたら話にならないです。今一度小林元監督の「’際’が大事」という教えと平岡監督の「闘う集団を目指す」という言葉を思い出して欲しいです。それとこの日は西澤、慶太の両サイドハーフが中に入る場面が非常に多かったです。札幌のマンマークを早いパス回しで剥がすべく中盤の選手間の距離を縮めたかったのかもしれませんが、あれだといざボールを奪われて押し込まれた時にブロックを整えるのが遅くなると思います。2失点目もソッコを1対1に晒したのが一因とも考えられる(サイドチェンジからなので難しいかもしれませんが)し、何よりクラモフスキー前監督の攻撃時の考え方から外れるように思います。それはもったいないと思うので、もう少し前監督時代から引継ぐ要素と新たに入れる要素のバランスを考えて欲しいなと思います。

 次は水曜にアウェーで横浜FCとの対戦。昨季から下平監督が仕込んできたサッカーをJ1でも披露している活きの良いチームで、しかもアウェーでの対戦なので苦戦は必至ですが、こちらも連敗してしまってはこれまでの良い雰囲気が台無しになるので、何とか修正して少しでも良い結果を出して欲しいと思います。

(追記)

 追記になって恐縮ですが、前述の荒野の負傷はヘナトの後ろからのタックルによるものでした。もちろん故意ではないですが、ヘナトが相当のショックを受けたのは中継からも見てとれたし、実際に試合後日本語で謝罪のツイートを出しました。それに対して荒野がポルトガル語で返信してくれたのは良かったと思います。どうやら骨折らしく本人も悔しいでしょうが、ぜひしっかり治療して復帰してくれる事を祈っています。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« 2022年新加入選手発表 | トップページ | ディエゴ マラドーナ氏死去 »

コメント

こんにちは。
こんな点差つくほどの内容の差はないとは思いますけど、やっぱり札幌は相性が悪い。
荒野の怪我で流れが変わりましたね。
札幌相手だと結局守備の取り所があやふやになるんですよね。まぁ繋げるし、ロングボール使うし、サイドチェンジ使いますからね。しかも天敵ジェイいますから。まぁ内容に差がなくても良いイメージ浮かばないですよね。
後、札幌戦は監督交代の二試合から比べると攻撃に関しては出来る事が増えたのが逆にうまくいかなかったような気もします。
プラス縦縦とショートカウンターでもないのに陣形を崩すような仕掛けも多くみれました。で引っかかってカウンター食らうと。出来る事は多かったがあまり良い形ではなかった。と言うのが自分の印象でした。
荒野の怪我は残念でしたね。
自分は札幌は地元チームなんで荒野の人柄はそれなりにわかってるつもりです。金子とのPKの件はありましたが、コロナ禍で北海道の大変な所を支援する為に会社立ち上げたりと色々やってます。
ヘナトとのやりとりも荒野の人柄だと思いますね。話それましたが、早く治ってまたピッチで戦いたいですね!

投稿: はすき | 2020年11月23日 (月) 10時31分

はすきさん、コメントありがとうございます。

仰る通りで、なんか札幌とは相性が悪いですよね。J2で戦った時からずっと。そこにミシャ式サッカーが加わったから余計に悪くなっている気がします。来季以降何とかこのイメージを払拭したいところです。

荒野に関しては「なんか粗いプレーをするなぁ」というどちらかというと悪いイメージを持っていたのですが、今回の件で印象が変わりました。その上コロナ禍に対する支援のために会社を立ち上げているとは。それは素晴らしい事ですね。

ぜひ怪我を早く治してもらって、元気なプレーをアイスタでも見せて欲しいです。

投稿: YANA | 2020年11月23日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022年新加入選手発表 | トップページ | ディエゴ マラドーナ氏死去 »