« 2019年オフの動きその9・ドウグラス退団 | トップページ | 2019年オフの動きその10・新体制発表とこれまでのまとめ »

2020年1月13日 (月)

高校選手権

 今年の冬は仕事が一段落してそこそこ時間の余裕があったのと、たまたま今大会は準々決勝も休みの日にあったので、準々決勝、準決勝の計4試合を観に行きました。どの試合もレベルが高くて面白かったですね。

 そんな中今日(1/13)決勝が行われ、静岡学園(以下、静学)が青森山田を逆転で下し、24年ぶり2回目の優勝を勝ち取りました。静岡県勢としても24年ぶりです。

 エスパルスを応援している関係上同じくエスパルスを応援する方を多くフォローさせて頂いていますが、皆さん本当に喜んでいましたね。ここのところ静岡県勢はなかなか選手権で上に行けず初戦敗退も結構あって、静岡の人としては悔しい思いをずっと持ち続けてこられたと思うので、本当に溜飲が下がったのではないかと思います。静岡の皆さまに対しても「おめでとう」と言いたいです。

 試合に関しては、試合巧者の青森山田に早々に2点先行され、静学としたら相当に慌てたと思うのですが、それを表には表さずに黙々と自分達のサッカー、個人の高い技量をベースにしたドリブルとパスワークを使ったサッカーでどんどん前に出ていって、それによりペースを自分達に引き戻したのは見事でしたね。これを見て、やっぱり苦しい展開でも自分達が自信を持っているやり方があれば気持ちはそう簡単には折れないし、逆に流れを引き寄せる事が出来るんだなと思いました。ここはエスパルスも見習うべきかもしれませんね。攻撃面だけでなく中盤の守備もしっかりしていて、優勝にふさわしい試合を見せてくれました。おめでとうございます。

 選手権連覇とプレミアリーグとの二冠を阻まれてしまった青森山田には悔しい結果となりました。2点早々に先行した事で受け身になってしまったのが敗因ですかね。厳しい組み合わせになりながら堂々と勝ち上がり、準々決勝では昌平、準決勝は帝京長岡というボールを大事につないでくるチーム相手にも早々に先制して逃げ切ってきたので、余計に油断が出たのかもしれません。が、昌平にも帝京長岡にもあと一歩で同点というところまで追い込まれていたんですよね。準決勝は帝京長岡の方が明らかに決定機が多かったですから。その意味ではフィジカルとパワー、そしてロングスローといった飛び道具に頼り過ぎて、流れの中で取り切る力はあるいは足りなかったかもしれません。ただJクラブアカデミーが居並ぶプレミアEastで毎年上位に食い込むなど高体連のチームでは群を抜く力を持ったチームなのは確かなので、捲土重来を期待したいと思います。

 何にせよ、昨晩のU-23の体たらくを見て怒りまくっていた自分にとっては、恰好の精神安定剤となりました。両チームの皆さま、お疲れ様でした。

P.S ただ、毎回書く事ですが、目の前のサッカーを語ろうとしない日テレのアナとアホな事しか言わない解説者には辟易とさせられます。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 

|

« 2019年オフの動きその9・ドウグラス退団 | トップページ | 2019年オフの動きその10・新体制発表とこれまでのまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年オフの動きその9・ドウグラス退団 | トップページ | 2019年オフの動きその10・新体制発表とこれまでのまとめ »