« 薄氷の勝利(9/13 名古屋戦) | トップページ | ちょっとだけ(10/6 浦和戦) »

2019年10月 9日 (水)

ご無沙汰です(9/29 湘南戦)

 すみません。これまでも仕事のために投稿できない事はありましたが、ここまでブランクが空いてしまったのは初めてです。それほど現在はクソ忙しくて、ヘトヘトの状態です。とはいえ、こうやって試合の感想を書くのも楽しみの1つなので、今回も頑張って書きます。たださすがに10日近く前の湘南戦の所感をいつものようにダラダラ書くのもアレなので、できるだけコンパクトにまとめます。

<明治安田生命J1リーグ 於 Shonan BMW スタジアム平塚>

 清水エスパルス 6ー0 湘南ベルマーレ

 一言で言えば出来過ぎですね。この試合はリアルタイムで観る事が出来ず速報メール頼りだったのですが、前半終了間際の連続得点メールには「何がおきたのか」と思いました。後で見逃し配信を見たのですが、確かにそれまでの数試合と違ってテンポ良くボールが回っていて選手達の運動量も多かったですが、点差ほど湘南が酷かったとも感じませんでした。じゃあ何が勝敗を分けたかと言えば、選手達が口を揃えて言う通り「先制点がとれた事」そして「2点目がとれた事」が大きかったのだろうと思います。エスパにしても湘南にしても波に乗り切れない戦いが続いていましたから、その分点がとれれば調子に乗るし、逆に失点すると意気消沈する、という当たり前の感情がより大きな振れ幅となって出たのかなと思います。とはいえ、この日の戦いぶりをくさすつもりはありません。久々に見ていて面白い試合が見れたなと思いましたから。何よりこの日のパス回しは見事だったので、「ようやく戻ってきたか」と思いました。もっともそれが幻想だった事に気付かされるのにそれほど時間はかからなかったわけですが。

 浦和戦は明日か明後日に書くつもりです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 薄氷の勝利(9/13 名古屋戦) | トップページ | ちょっとだけ(10/6 浦和戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薄氷の勝利(9/13 名古屋戦) | トップページ | ちょっとだけ(10/6 浦和戦) »