« 2018年オフの動きその11 | トップページ | 2018年オフの動きその12 »

2019年1月23日 (水)

アジアカップ サウジアラビア戦

 ここのところつい更新をサボってました。アジアカップのオマーン戦もウズベク戦も見たのですが、相変わらず仕事が忙しくて、書いてる時間がありませんでした。せっかく「僕らの北川航也」が頑張っていたんですけどね。

 という事で、久々に昨日のサウジ戦ですが、内容は厳しめです。

 サウジがポゼッションを大事にするようになっているとは聞いていたし、チームとしてもある程度ボールを握られるのは想定していたみたいですが、それにしても酷かったというのが率直な感想です。前から嵌めにいくわけでもサイドへおびき寄せるでもなく、ただ漫然とボールホルダーに単騎でチェックにいく事の繰り返しだから、結局守備が後手後手にまわるばかり。またせっかくボールを奪ってもその後のパスが雑だからあっさりボールを回収されるばかり。セットプレーの精度の高さとサウジのアタッキングサードの局面でのアイディアの乏しさに救われて勝てたものの、あれで「ボールは持たせてたんです。ゲームプラン通りなんです!」と言われても「はぁ?」と嘲笑するしかないですよ。昨季後半のエスパの攻守における機能美を見ている自分としては物足りないとしか言いようがないです。

 個々の選手に目を向けた時に、東京五輪組の富安とリオ五輪組の遠藤が良かった事は大きな収穫だったと思います。ただ4試合目でまだこの体たらくではイランに勝てるとは思えないし、ベトナムに足元をすくわれる可能性も十分あると思います。もうちょっと何とかして欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 2018年オフの動きその11 | トップページ | 2018年オフの動きその12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ サウジアラビア戦:

« 2018年オフの動きその11 | トップページ | 2018年オフの動きその12 »