« バカ試合でのシーズン終了(12/1 長崎戦) | トップページ | 2018年オフの動きその2 »

2018年12月 7日 (金)

2018年オフの動きその1

 前の記事で「今年の振り返り記事」云々を書きながら例によって書けずにいたところへ、クラブからのリリースがありました。「今年もこの季節がきたか。」という感じですが、今年もエスパルスのオフの動きを書いていきたいと思います。

 ○退団

   植草裕樹(契約満了)
   長谷川 悠(契約満了)

 どちらも2016年の夏に加入したJ2時代を経験している選手です。今年は出場機会が限られていたので致し方ないところはありますが、寂しくもありますね。

 まず植草ですが、加入した当時のエスパは、ようやくJ2にも慣れ各ポジションも固まってきましたが、GKについては西部が怪我で長期離脱し杉山もいまひとつ安定感に欠けるところがあったため、ここだけが不安要素でした。植草は、そんな中小林前監督のツテで加入したわけですが、エスパに来る前の長崎では第三GKだったため僕も正直「ん?」と思いました。が、初スタメンとなった長崎戦で好セーブを連発してサポの心を掴み、その後はスタメンに定着して、派手さはないものの安定したセービングで守備陣を支え続けてくれました。あの年のチームにとってはまさに最後にハマったピースで、彼が来てくれたからこそエスパは1年でJ1に戻れたと言っても過言ではないと思います。残念ながら2017年に六反が加入した事で出場機会は激減してしまいましたが、あの時感じた感謝の思いを忘れた事はないので、心から「ありがとう」と言いたいです。

 長谷川についても、おそらくは小林前監督の推薦で加入したのだろうと思いますが、加入した2016年は怪我の影響もあってそれほど出場機会はありませんでした。翌年もテセ、金子、チアゴ アウベスの後塵を拝してなかなか出場機会に恵まれませんでしたが、テセ、チアゴ アウベスが次々と怪我で離脱した夏頃にスタメンとして出場し、テセとは違う柔らかな足元を活かしたポストプレーにより前線で身体を張ってくれました。FWの軸だったテセがいない中でも勝ち点をそこそこ稼ぐ事ができたのは長谷川が貢献してくれたからと言えると思うので、その意味では彼にも感謝しないといけないと思います。また彼が残してくれたコメントもサポーター冥利につきるというか、お世辞が多少入っていたとしてもそう言ってくれるのは嬉しいですね。

 二人ともまだまだ老け込む年ではないはず。早く新天地が見つかればいいなと思いますし、そこでの活躍を心から祈っています。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« バカ試合でのシーズン終了(12/1 長崎戦) | トップページ | 2018年オフの動きその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/67457220

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年オフの動きその1:

« バカ試合でのシーズン終了(12/1 長崎戦) | トップページ | 2018年オフの動きその2 »