« 2017年オフの動きその5 | トップページ | 2017年オフの動きその6 »

2018年1月 8日 (月)

市川大祐引退試合

 今日(1/8)は、市川大祐さんの引退試合を観に、今年初めてアイスタへ行ってきました。これまでの好天が嘘のような空模様で、「何とか試合終了まで雨が降らないで欲しい」と思っていたのですが、試合開始前から雨が降り出し、後半からセレモニーまでは本降りだったので、大変でした。

 ただ、行った甲斐はありましたね。やっぱりメンバーが豪華だし、そんなメンバーが楽しそうにサッカーをしていたので、観ていたこちらも和やかな気持ちにさせられました。昨年末のアイスタには荒んだムードが蔓延してましたから(苦笑)、余計に気分が良かったです。エスパ目線で言うと、オジー、ペリマン時代の主力が軒並み参加していたのに加え、クラブ草創期を支えた清水東三羽烏や、その一人である長谷川監督時代のメンバーである和道、兵働らもいて、さらにイチのユースの同期メンバーの平松らも来てくれましたから、それを観れただけも行った甲斐があったし(欲を言うなら俊秀、森岡、戸田の三人での3バックが観たかった!)、ジャパンオールスターズの方も中山、井原、相馬、名波といったジョホールバル組や宮本、小野、中田浩、小笠原、稲本らゴールデンエイジ組などそうそうたる顔ぶれで、特に小野、稲本、小笠原はさすがのプレーぶりでした。一方で中山や健太などプレー以外で盛り上げてくれた選手もいましたが。それから忘れてならないのは、亡くなられた真田さんの息子さん二人が出場してくれた事。お兄さんの方は後半途中までエスパ側のゴールマウスを守ってくれたし、弟の方もイチの1点目につながるプレーをしてくれました。特にお兄さんの方は獲得を考えてみてもいいのではないでしょうか?

 セレモニーでの挨拶の途中、イチが感極まって言葉が出なくなる場面がありましたね。やはり順風満帆とはとてもいえないサッカー人生だった分、思うところが多かったのでしょう。オーバートレーニング症候群にかかってナイジェリアでのワールドユースに出られなくなったり、’03年以降度重なる怪我で満足なプレーが出来なくなるなど、本当に苦労しましたからね。ただ、調子が良い時の、機を見てのオーバーラップとそこからの正確なクロスは、本当に魅力的でした。そういう武器があったからこそ、ここまで長くプレー出来たのだと思います。

 彼のプレーで印象深いのは、’06年シーズンのフクアリで見せた右サイドの空いたスペースに走り込んでの弾丸ミドルと、’09年シーズンの日本平での鹿島戦で、0-2からヨンセンのダイビングヘッドで同点に追いついたんですが、そのヨンセンへの絶妙のクロスですね。W杯のチュニジア戦での中田英へのクロスも捨てがたいのですが、やっぱりこの2つが印象的です。

 既に昨年からエスパルスの育成部に着任して、様々な活動を行っていると聞いています。彼の手によってイチ二世、三世みたいな選手が見出されたらいいな、と思います。

 とにかく、市川大祐選手、長い間お疲れ様でした&ありがとうございました。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 2017年オフの動きその5 | トップページ | 2017年オフの動きその6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/66257018

この記事へのトラックバック一覧です: 市川大祐引退試合:

« 2017年オフの動きその5 | トップページ | 2017年オフの動きその6 »