« 男子代表オーストラリア戦 | トップページ | This is Football(9/9 甲府戦) »

2017年9月 6日 (水)

男子代表サウジアラビア戦

 昨日(8/5)はW杯アジア最終予選の最終日でした。既に本大会出場を決めている日本はアウェイでサウジアラビアと対戦し、0-1で敗れました。

 サウジは勝てば本大会出場というシチュエーションのため、それこそ国を挙げて代表をサポートしてきたし、選手達の「勝ちたい」という気持ちも日本に比べると勝っていたように思います。それでもそんな酷い戦いをしていたわけではなく、どちらかというとお互いに「失点したくない」という気持ちが強く、硬い試合になった印象があります。その中でセットプレーから二度ほど決定機を作れたのですが、そこで得点できなかったのが痛かったですね。後半はサウジが攻撃のギアを上げてきたのに対し、日本は過酷な環境の中で次第に足が止まるようになり、ついにブロックの間をつながれて失点。その後選手交代で挽回しようとしますが機能せず、サウジが本大会出場の歓喜にわく姿を見る羽目になってしまいました。

 まあシチュエーションや試合会場の環境を考えると敗戦も仕方ないかな、とは思いますが、それにしても守備が思うようにいかず後手を踏む場面が多かった事、そして先制した後引いて守るサウジに対して有効な攻め手をほとんど出せなかったのは残念でしたね。本大会は相手が格上の場合が多いのでこういう場面に会うのは少ないかもしれませんが、もともと遅攻も得意だっただけに、考えて欲しい部分はあります。あとこの日はスタメンをオーストラリア戦から四人代えたのですが、そのうちの本田、岡崎が機能しなかったのが痛かったですね。岡崎は守備では頑張っていたもののポスト役はこなし切れず大迫との差を露呈し、本田に至っては攻守ともに足を引っ張る有り様。二人とも適したポジションではなかったというエクスキューズはありますし、岡崎はスーパーサブのような立場でメンバーに食い込む可能性はありますが、本田は今後メキシコで相当の結果を残さないと苦しいぞ、と思いました。

 何にせよ、オーストラリア戦で本大会出場を決めていてよかったと心から思います。この後はいくつか親善試合をこなしつつ、個々の選手は所属チームで本大会出場に向けてアピールしていく事になります。とにかく個々が自身を磨く事で代表の戦力アップにつながれば、と思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 男子代表オーストラリア戦 | トップページ | This is Football(9/9 甲府戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/65759425

この記事へのトラックバック一覧です: 男子代表サウジアラビア戦:

« 男子代表オーストラリア戦 | トップページ | This is Football(9/9 甲府戦) »