« またしても惨敗(9/20 天皇杯川崎戦) | トップページ | 2018年の新人選手獲得情報その3 »

2017年9月24日 (日)

いよいよ尻に火がついてきた(9/23 広島戦)

 昨日(9/23)はアイスタ日本平での広島戦。残留争いを行っているチームとの直接対決でした。

 スタジアムはチームを勝たせようというムードで満ちていたし、同点ゴールの時にはそれが最高潮に達したんですけどね。しかしその後攻撃に転じた広島に勝ち越し点を献上。相手に残留に近付ける勝ち点3を与えてしまいました。僕もこの結末には呆然としてしまったし、今でもショックから抜け切らない状態です。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 1ー3 サンフレッチェ広島

Cimg1375_small

 ここのところ露呈している守備の脆弱さに最後まで足を引っ張られた試合でした。最終ラインはもちろん中盤も含めた守備の甘さがこのような結果を招いたと思います。

 負けが許されないというシチュエーションなので堅い試合になるかなと思いましたが、試合開始から広島が積極的に攻め込んできました。それに対してエスパはどこかふわっとした入り方をしてしまい、その結果試合開始わずか5分にCKから先制を許します。しかも相手の一番警戒すべき選手にニアで合わされるという前節と同じ形で。これにより一時的に広島が勢い付きエスパがバタバタする展開になりましたが、次第にエスパが落ち着きを取り戻し、広島を自陣に押し込むようになりました。しかし先制している広島は守備に重点を置いてカウンター狙いという割り切った戦いをしてきたので、ボールを支配している割には決定機はわずか3回だけと攻めあぐねる展開になってしまいます。細かいところでミスをする場面が散見され、頼みのチアゴ アウベスも単身で突破を図ろうとしてはボールをロストする事の繰り返しで、なかなか攻撃のリズムが上がってきません。結局前半は0-1。流れがいまひとつ良くなかったので、「これは1点差のまま粘って、後半投入されてくるであろうテセが入ったタイミングで勝負かな。」という感じで見ていました。

 後半はエスパがより攻撃への圧力を強め、ボランチを起点にしつつ両サイドを活かして広島にどんどんプレッシャーを与えていきます。ただ広島も真ん中をしっかり固めていて、なかなか崩すところまではいきません。逆にカウンターから二度ほど相手に決定機を与えますが、二度とも六反がグッドセーブをして、何とか1点差を死守します。途中からは北川、テセ、村田とどんどん攻撃のカードを切って、さらに攻撃の圧力を強めますが、広島も集中を切らしません。しかし84分、北川のクロスにテセが合わせてようやく広島の堅陣を破ります。スタジアムは最高の盛り上がりを見せますが、ここで勝たなければならない広島が一気に攻勢に転じ、試合はオープンな展開になります。その中で竹内が犯した二度のパスミスからのカウンターのうちの一度をモノにされ、広島が勝ち越し。焦るエスパは角田を前に上げて勝負をかけますが、一度狂ったリズムは戻る事がなく、試合終了間際にカウンターからもう1失点を食らい、1-3で残留争いでの直接対決に敗れました。

 早々に先制を許した後一時的に混乱はしましたが、その後落ち着いて短いパスを回す事で流れを引き戻したのは良かったと思います。また白崎がポジションにこだわらずにどんどんボールを受けて回す潤滑油的な役割を果たしてくれた事、そしてテセが途中交代でゴールを決めてくれた事は大きな収穫ではないかと思います。二人とも怪我による離脱期間が長くて、それによりチームの攻撃が回らなくなった部分はあるので、彼らの復帰によってより攻撃が活性化してくれればいいと思います。

 が、収穫以上にマイナス面が多かった事は言うまでもありません。何より守備がザル過ぎます。何より腹立たしいのは1失点目。なぜ前節と同じ失敗を続けて繰り返すのか。鎌田はあっさりマークを振り切られるし、ニアのストーンをそもそも誰がやるのかも曖昧でした。同じ形で二試合続けて失点するなんて恥以外の何物でもないと思うのですが、恥という言葉を知らないんですかね。2失点目にしても、パスミスをした竹内ばかりが責められてますが、他の選手も大概ですよ。枝村はただ後ろからついていくだけだし、鎌田も対応が甘くて中を切らなければならないのに逆に中に切り込まれてるし、角田は何を血迷ったのかサイドの選手を見にいって二見との間に広大なスペースを開けるし、二見、松原もパトリックや二列目から走り込んできた選手を捕まえてなかった。対応があまりにも稚拙です。先制した後の広島は守備重視できていた分攻撃の迫力はさほどなかったのですが、そんな中でも失点シーン以外でも四度の決定機を許しています。六反がいなかったらもっと早く試合が終わっていたかもしれません。広島がカウンターを狙っているのはわかっていたはずなのに、それに対するリスクマネジメントが全くなってなかった。週中に天皇杯を挟んでいたとはいえ、何を準備してきたのかを疑いたくなるほど守備が酷かったなと思います。

 何より感じるのは試合運びの拙さですよね。大事な試合にも関わらず入り方を失敗してあっさり失点するのは言わずもがな。また1-1の同点になった時、広島は攻めかかってきましたが、それに対して殴り合いを選択してしまったのもどうかと思います。順位はこちらが上だったのですから勝ち点差を維持するという選択もありだったはず。それをせずにもう1点とろうと同じリズムで攻めかかった結果、リスクマネジメントを怠って勝ち越しを許したのは愚の骨頂です。テセが試合後に語った「ファウルしてでも止めるというのがない」というのもまさにその通りで、そういうとこからしてとにかく甘いというかみるいというか、そう思わざるを得ません。

 今節は16位の甲府が勝ったため、甲府との勝ち点差は4に縮まりました。いよいよお尻に火が付き始めた格好です。サポの中には小林監督を解任すべしという声が多くなっているようですが、今残留争いを戦った経験のある小林監督を手放すのはそれこそ愚かだと思うので、今季中は小林監督に託すべきと考えます(来季に関してはまた別の考えも持ってますが)。ただ小林監督にお願いしたいのは、もうどうあがいても残留争いに巻き込まれた事は変えられないので、この期に及んでまだ「9位を狙う」とかずれた事は考えずに、目前の残留争いをどう生き残るかに絞って指導をして欲しいです。そのためには6月頃のように後ろに重心を残して現実的に勝ち点を拾っていくというやり方もありですし、結局今のスタメンが能力不足なのは変えようがないんだから、むしろ人数をかけて守る事を選択した方がいいように思います。今のままでは不必要な失点を重ねて自信を失うばかりなので、より現実的な策に舵を切って欲しいです。

 次はアウェーで17位の大宮と直接対決です。自由席以外のエリアのチケットが早々に売り切れてしまったあたり、大宮も死に者狂いで来ると予想されます。それに対して慌てる事なく、まず失点しない事を重視して、何とか良い結果をもたらして欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« またしても惨敗(9/20 天皇杯川崎戦) | トップページ | 2018年の新人選手獲得情報その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/65832118

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ尻に火がついてきた(9/23 広島戦):

« またしても惨敗(9/20 天皇杯川崎戦) | トップページ | 2018年の新人選手獲得情報その3 »