« This is Football(9/9 甲府戦) | トップページ | 2018年の新人選手獲得情報その2 »

2017年9月18日 (月)

ホームで蹂躙された試合(9/16 川崎戦)

 昨日(9/16)はホーム・アイスタ日本平での川崎戦でした。台風が接近しているという事であいにくの天気でしたが、アイスタまで行ってきました。

 川崎が水曜にACLを戦っている分コンディション面では有利なのでそこを突ければ、と思っていたのですが、そこは優勝争いをしているチームという事で、全くそれを突く機会を与える事なくいつも通りのパスサッカーをしてきて、ウチはなすすべなく蹂躙されるばかりとなってしまいました。「やはりウチは残留争いをしているチームだな」というのを改めて認識させられる事になってしまいました。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー3 川崎フロンターレ

Cimg1371_small

 川崎は強かったです。特に前半のパス回しは圧巻でした。その川崎を相手にするには細心の注意をして準備する必要があったと思うのですが、それ以前のメンバー配置のところでミスしてたらそりゃ勝てんわな、という感じでしたね。

 松原は出場停止だったため、この日は鎌田を左SBにまわし、右SBには人に強い村松を抜擢しました。そして白崎を中盤の左に入れ、デュークを右サイドにまわす形にしてきました。ゲームプランとしては、なるべく前でボールを引っ掛けるために全体をコンパクトにし、奪ったボールを早めに前に出すという戦い方をとり、先制されるまでは何回か前の方でボールを引っ掛けてカウンターを仕掛ける形も出来ていました。しかし右SBの村松が相手とのマッチアップで後手を踏む場面がいくつかあり、その中の一つでファウルをとられ、そこからFKであっさり失点しまいます。これが非常に痛かったですね。マークを外した二見とニアのストーンとしての役目を果たせなかった長谷川の大失態でした。これで優位に立った川崎は、こちらの右サイドが穴と見て、左でゲームを作ってから一気に右を突くという戦いを徹底させてきます。それに対してこちらの右SBの村松と右サイドハーフのデュークは個人の出来も二人の連携面もあまりにも悪く、いいようにウラをとられるようになってしまいます。そして25分に相手の左SBにあっさりウラをとられて2失点目。その後も川崎にいいようにボールを回され、どうにか持ちこたえていた左サイドの方まで何度か相手の右SBにウラをとられるようになり、あと1~2失点してもおかしくない状況でした。何とか2点差を保ったまま前半を終えましたが、正直勝てるイメージが浮かばなかったですね。

 後半、小林監督は村松をあきらめて六平を右SBにまわして白崎をボランチに入れ、左サイドには清水を入れてきました。それにより最終ラインが少し落ち着きを取り戻したエスパは、前半よりはボールを持てるようになり、川崎陣内に攻め込めるようになりました。ただ相手にブロックを作られてからの判断が遅く、また周囲の動き出しも足りないため、川崎守備陣を脅かすまでには至らず、逆にボールを奪ってからのカウンターで何度かゴールを脅かされてしまいます。終盤には怪我から復帰したチアゴ アウベスを投入して一矢報いようとしますが、相手ゴールを脅かす事が出来たのは直接FKからの一本だけ。逆にカウンターから1失点し、終了間際には「鳥かご」までされるという屈辱を味あわされ、0-3で完敗という結果になりました。

 ゲームプランとしては、何とか終盤まで競った展開を保ち、そこからチアゴ アウベスの個人技で何とか、というところだったのではないかと思いますし、村松を右SBに入れたのも守備を重視しての事だったと思うのですが、その村松が穴となってしまったのが大きな誤算でしょう。が、村松を右SBでスタメン起用した試合は昔から何度かありますが、正直機能した試しがないんですよね。この日も不必要に食いつくわりにはサイドで1対1になった時の対応がお粗末だし、その影響でデュークもおかしくなってしまって、右サイドはズタズタになってしまいました。その意味で、村松を起用した小林監督の責任は非常に大きいと思ってます。また相手のボランチをどう抑えるかも重要なポイントだったと思うのですが、そこもどうにも曖昧でしたね。特に最終ラインのところにボランチが降りた時の対応が、2トップがプレスをかけるわけでもパスコースを切るわけでもなくただいるだけになってしまって、それによってパスがどこに出てくるかが限定できないから中盤での対応も後手後手に回るという感じになり、結果としていいようにパスを回され蹂躙される展開となってしまいました。押し込まれてからの守り方も、最終ラインについてはマンツーマン気味に対応させた分、こちらが食いついて空けたスペースを使われる事を繰り返したし、ちょっと守り方に関してはあまりにも無策だった、という印象がぬぐえないです。

 攻撃に関しては、前半はほとんどボールを持てなかったので攻め手を作る事すらできなかったですが、後半はある程度ボールを持って攻める事が出来ました。が、わかっていた事ではありますが、アタッキング・サードに入った時の川崎との質の差を感じましたね。選手達がパス&ゴーを繰り返し、それによりパスコースを多く作っていた川崎に対し、エスパは前で待ってしまう選手が多かったかなと。結果として川崎の方は無理なくパスをつなぐ事が出来るのに対し、エスパは要所でフィフティフィフティのボールを使わざるを得ず、結果として意図の合わないパスになったり繋がらなかったりする事が多かったですね。結局流れの中からゴール前で混戦になる場面は何度かありましたが、崩した場面はZERO。まあ風間前監督の時から今のサッカーを突き詰めてきた川崎と去年から新たにチームを作り直しているウチとを比べるのはフェアではないかもしれないですが、せっかく同じカテゴリーに手本となりそうなチームがいるわけですから、いかにしたら追いつけるかというのを選手一人一人が普段の練習から意識して欲しいです。

 川崎とは力の差がかなりある事はわかってはいましたが、やはり実際に現実を突きつけられると辛いところはあります。やはりホームであるアイスタ日本平でアウェーチームにあれだけ好き放題やられたのは屈辱以外の何物でもないので、こういう結果を招いた責任を小林監督以下選手、スタッフは重く受け止めて欲しいです。一方で、川崎に対してベタ引きする事をせずに真っ向勝負を挑んだのは、この後の残り8試合を考えての事だと思うので、この日の悔しさをバネにもう一度チームがまとまってくれる事を願うばかりです。

 次節はホームで広島との対戦です。J1残留を確実なものにするためには絶対に負けられない試合です。広島はここに来て調子を上げている一方で、エスパはちょっと沈滞ムードという印象があるのが心配なところではありますが、来季もJ1で戦うためにも何としても勝ち点3をもぎ取って欲しいです。(間に天皇杯を挟む事になるのが辛いとこなんですけどね。)

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« This is Football(9/9 甲府戦) | トップページ | 2018年の新人選手獲得情報その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/65802342

この記事へのトラックバック一覧です: ホームで蹂躙された試合(9/16 川崎戦):

« This is Football(9/9 甲府戦) | トップページ | 2018年の新人選手獲得情報その2 »