« やはりヘタレ集団だったようで(ルヴァン杯 大宮戦) | トップページ | 12試合ぶりの公式戦勝利(5/31 ルヴァン杯FC東京戦) »

2017年5月28日 (日)

やるべき事をやれ!(5/27 横浜FM戦)

 昨日(5/27)はアイスタ日本平での横浜FM戦でした。朝方まで雨が降っていたせいか空気が非常に澄んでいて、そのおかげで富士山や伊豆半島をこの時期にしては珍しく鮮明に見る事が出来ました。

 試合は1-3で敗戦。この日のアイスタからの景色のように視界良好とはならず、むしろ混迷の度を増した結果となりました。試合後は「なんでこうなっちゃうかなぁ」と、何ともやるせない気持ちになりましたね。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 1ー3 横浜F・マリノス

Cimg1317_small

 試合運びの拙さ、詰めの甘さが非常に目立ったゲームでした。この状態で勝とうなんて甘いな、と思いました。

 前半はどちらもゆっくりした展開から入りました。その中での最初のCKでフレイレが絶好のチャンスを逃すと、横浜FMがスローインからクロスを上げると逆サイドでどフリーの松原健にボールが渡り、あっさり失点。いきなりリードを許す形になります。その後は勢いを増した横浜FM相手にバタついてしまい、危なっかしい展開が続きましたが、次第に落ち着きを取り戻すと、エスパがボールを支配し、横浜FM相手に攻めたてる展開になります。その中でFKからの角田のヘッドなどいくつか決定機を作りますが、それをことごとく外してしまい、前半は0-1で終わりました。

 後半もエスパが良い入り方をし、50分に右サイドから流れてきたボールを白崎が落ち着いて流し込み、同点に追いつきます。が、その直後にこちらの右サイドからマルティノスに絶妙なクロスを入れられ、中央でウーゴ・ヴィエイラに合わされて失点。あまりにあっさり勝ち越しを許してしまいます。その後はエスパが一方的に攻め立てる展開になりましたが、横浜FMも栗原を入れて5バックにしてゴール前にカギをかけてしまい、エスパは次第にチャンスすら作れなくなってしまいます。そしてアディショナルタイムにウーゴ・ヴィエイラにダメ押し弾を決められてジ・エンド。1-3で敗戦となってしまいました。

 試合が終わった後、一番に思ったのは「試合運びが拙すぎる!」という事です。せっかく苦労して同点に追いついたのに、なんですぐに失点してしまうのか。このパターンは浦和戦やルヴァン杯磐田戦など再三発生しているもの。それが全く改善されないのは情けないです。またそれ以前の話として、横浜FM相手に先制されちゃダメなんですよ。彼らは昔から堅守が持ち味なんですから。だから先に失点しないよう細心の注意を払わないといけないのに、あんなエアポケットのような失点を許すなんてあり得ません。こう書いてしまうと横浜FMサポの方は怒るかもしれませんが、この日の横浜FMはそんなに強いとは思いませんでした。が、ここぞってところではしっかり守り切る力を持っているし、カウンターのチャンスがくれば決めきる力も持っていた。そういう試合運びの上手さでは完全に横浜FMが上で、それに比べてウチは本当に幼いというかぬるいなぁと思います。

 また、もう一つ感じたのは、「開幕時に比べて局面局面での応対が緩くなってませんか?」という事。1失点目なんて典型ですよね。スローインのサイドに人をかける事「しか」考えてなくて、そのおかげでどフリーでクロスを許し、そのボールのクリアをミスってしまい、さらに逆サイドでフリーでボールを受けた松原に対する白崎の応対も非常に緩い。あれじゃ失点するでしょ。2失点目も、マルティノスに対する応対がいかにも緩いし、3失点目も、まずウーゴ・ヴィエイラにボールを渡す選手への応対がやはり緩いし、おまけにボールがウーゴ・ヴィエイラにボールが渡った時、野津田も竹内も自陣へ戻る事をせずに、フレイレを晒す格好になってしまった。戻っても間に合わなかったかもしれませんが、フレイレが何とかディレイさせる事で潰す事も出来たかもしれない。小林監督も試合後の記者会見で仰ってましたが、あれは罰金モノのプレーだと思います。

 で、思ったのは、このへんのプレーって開幕直後とか4月頃とかはもう少しできていたはずなんですよ。もっとボールホルダーにきっちり寄せていたし、戻るべき時にはきちんと戻っていたと思います。それがいつの間にかやらなくなって、それで失点を重ねている、そんな気がします。僕は、試合直後はこの日スタメンのCB、フレイレ、角田に対する怒りを強く感じていました。まあ確かに彼らのプレーは終始危なっかしかったです。が、組織で守るからには、CBをあんな簡単に晒しちゃダメなんですよ。結局一人一人がやるべき事をやらないか不十分になってきているから、結果としてCBへの負担が大きくなっているのではないか、と考えるようになりました。やはり組織で守るからには、個人がやるべき事をやらないとダメなんですよ。それが崩れちゃってるから、結果として守備組織が崩壊してるんです。今週は2試合で7失点してしまいましたが、それは守備組織の破綻によるところが非常に大きいです。だからもう一度自分がやるべき事が何かを見直した上で、それの遂行を徹底して欲しいです。「点をとらなきゃ」とか「ホームで勝たなきゃ」とか言ってますけど、その結果守備でやるべき事やらなくなって失点を重ねてたら意味ないですよ。で、気がつけばホーム・アウェイに関わらず公式戦11試合勝利なしという不名誉極まりない状態になっているのです。余計な事を考えずに「やるべき事をやれ!」。今、選手に一番言いたいのはこの一言につきます。

 この後はルヴァン杯、リーグ戦と二試合連続でFC東京との対戦になります。また個の力の強いチームとの対戦なので苦戦は必至ですが、まず自分達の本来の戦い方に立ち返った上でやるべき事をきっちりやって欲しいです。特に守備において。そうしたら次第に結果もついてくるのではないでしょうか。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« やはりヘタレ集団だったようで(ルヴァン杯 大宮戦) | トップページ | 12試合ぶりの公式戦勝利(5/31 ルヴァン杯FC東京戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/65341231

この記事へのトラックバック一覧です: やるべき事をやれ!(5/27 横浜FM戦):

« やはりヘタレ集団だったようで(ルヴァン杯 大宮戦) | トップページ | 12試合ぶりの公式戦勝利(5/31 ルヴァン杯FC東京戦) »