« 無様なダービー敗戦(5/10 ルヴァン杯磐田戦) | トップページ | メンタルは重要(5/20 浦和戦) »

2017年5月14日 (日)

自滅によるドロー(5/14 鳥栖戦)

 今日(5/14)はアイスタ日本平での鳥栖戦でした。前日の雨から一転して非常に良い天気となり、さりとてそんなに暑いという感じでもない絶好の観戦日和となりました。

 90分までリードを保っていたので「もう少しで勝てるぞ。」と期待したのですが、アディショナルタイムに同点弾を食らってのドロー。試合後、ゴール裏サポからブーイングが選手達に浴びせられました。「ま、あの展開ならこういう反応するだろうな。」と思いますが、内容的には仙台戦の方が酷かったので、「ならなんであの試合の時はしなかったのかな?」という違和感も持ちました。(事情は知ってますけどね。)

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 1ー1 サガン鳥栖

Cimg1317_small

 あと1~2分凌いでいれば勝てたというシチュエーションからすると、「勝ち点2を逃した試合」と言えますが、内容込みのトータルで考えると、ドローという結果は極めて妥当なものだったと思います。それも自滅により内容を悪くした感がある分、印象は良くないですよね。

 試合は、最初こそ鳥栖に押し込まれたものの、その後しばらくはエスパがペースを握りました。サイドを起点にしたパス回しからいくつか良い形を作り、さらにこの日はセットプレーでも得点の匂いが続きました。次第に互角の展開に持ち込まれたものの、23分にチアゴ アウベスがテセとのワンツーの形から見事なゴラッソ。早い時間帯に先制に成功するという理想的な形となりました。が、この後からエスパの中盤がパスミスを連発。相手のチェックに押されてというのもありましたが、フリーなのにパスがズレる場面が多くなり、その結果「さあ攻めるぞ」というところでボールロストして裏返される場面が続出し、みすみす鳥栖にペースを明け渡してしまいました。30分からは完全に鳥栖に自陣に押し込められる展開となり、何とか前半は無失点で凌いだものの、「こりゃもう1点とらないとキツいぞ」と感じました。

 後半も状況は同じ。エスパは攻めようとはしますが、鳥栖の出足の速さとチェックの厳しさの前にボールロストする場面が続出。特に47~48分頃に自陣でのミスからGKと1対1の場面を作られてしまいますが、六反が凌いで事なきを得ます。その後も基本的な図式は、鳥栖がエスパを押し込み、エスパが時折カウンターを仕掛けるというものでした。エスパはテセやチアゴ アウベスが献身的に相手の最終ラインへプレスをかけ、それにより相手のパスコースを限定したり、時には前でボールを奪う事も出来ていました。中でも二度ほど決定機があったのですが、白崎のシュートは相手DFに防がれ、テセがGKと1対1になった場面はコースが甘くて権田にセーブされてしまいます。その後、次第にエスパの選手達の足が止まり、カウンターすらできなくなっていきましたが、一方で鳥栖もそれほど攻め手があったわけではなく、エスパもきっちりブロックを作って対応していたので、「このままいくかな。」と思いました。が、アディショナルタイムに入ってからのセットプレーで相手GKの権田が上がってきたあたりから急にエスパの選手達がバタバタし始め、あげく何でもないグラウンダーのボールに食いつき過ぎてファーサイドの選手をどフリーにして失点。今季ホーム初勝利はまたもおあずけとなりました。

 正直、前半の感じからして「1失点はするだろうな」と思ってました。だからせめてもう1点とらないと、と思っていたので、まずは「もう1点とれなかった事」がドローに終わった要因としてあげられると思います。特にテセには決めて欲しかったですね。ただ、それ以上に「自らペースを崩してしまった事」が悔やまれますね。1点リードしたんだから落ち着いてボールを大事に回していけばいいのに、相手にあっさりつつかれたり何でもないところでパスミスしたりしてボールロストする場面が多過ぎました。確かに鳥栖は前からフィジカルの強さに定評のあるチームですが、それにしてもバタバタし過ぎです。後半もその流れは変わらず、さあカウンターってとこで相手にチェックされてボールをつつかれてボールロストする事の繰り返し。そうやって攻めあがってまた戻ってっていうのを繰り返したら、そりゃ足も止まるでしょ。その意味でも「自滅」なんですよね。あと「終盤の時間の使い方が下手だった」というのも要因としてあるかな、という気もします。アディショナルタイムに入った頃に、敵陣でボールをキープできそうな場面があったのですが、そこで変に無理して攻めようとしてあっさりボールロストする場面がありました。あの時間帯まできたらまずボールを大事に保持する、というのが大事だったはずなんですけどね。他にもそういう場面が散見されたし、このあたりは「勝ち方を忘れちゃったの?」とすら思いました。あとはメンタル。正直80~90分あたりは鳥栖にも攻め疲れが見られたので、あのまま落ち着いて対処すれば問題なかったはずなんですよ。それが権田が上がっただけで全体がバタついてしまって、それまでの雰囲気が一変してしまい、あげく失点の場面では全員が完璧にボールウォッチャーになってしまう愚行まで犯してしまいました。こういうところはホント「ヘタレ」ですよね。

 まあホーム・アウェイに関わらず公式戦7試合勝てていないために、チームから自信が失われているところは間違いなくあると思います。そこから前述の問題点につながっていっているのかもしれません。ここは、まず一つ勝つ事でしか乗り越えられないと思うので、そこは選手達に踏ん張ってもらいたいところです。そのためにはまずパス回しの精度を上げ、簡単にボールをとられない、というのを練習から意識して欲しいです。ここは前から意識して取り組んでいるはずなのに一向に上がってこないので、そこがもどかしいですね。その上今日は精度以前のつまんないパスミスが多すぎだし。しかもリードしてから。もっとマイボールを大事にして時間を上手く使えば勝てたかもしれないので、その意味でも、もっと練習で意識して取り組んで欲しいです。

 などと辛い事ばかり書きましたが、この日は収穫もありました。まずチアゴ アウベスがリーグ戦で2試合続けて結果を出した事。彼のプレースキックやシュート力は確実にチームの武器になってくれそうです。あとは竹内が90分プレーできたのも収穫ですね。まあまだまだ本調子ではないですが、これからコンディションを上げてくれれば、これも大きな力になってくれると思います。

 次はアウェイで浦和戦。今日新潟を粉砕して気を良くしているだろうし、なかなか勝つイメージが出来ませんが、まずは粘り強く守る事で活路を見出してくれれば、と思います。

※ブログランキング参加中です。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 無様なダービー敗戦(5/10 ルヴァン杯磐田戦) | トップページ | メンタルは重要(5/20 浦和戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/65280098

この記事へのトラックバック一覧です: 自滅によるドロー(5/14 鳥栖戦):

« 無様なダービー敗戦(5/10 ルヴァン杯磐田戦) | トップページ | メンタルは重要(5/20 浦和戦) »