« つまらない敗戦(4/12 ルヴァン杯札幌戦) | トップページ | 勝ち点2を落とさせた試合(4/21 川崎戦) »

2017年4月16日 (日)

痛み分け(4/16 大宮戦)

 今節のJ1は日曜開催でした。エスパはホーム・アイスタ日本平に大宮を迎えました。

 相手が開幕から六連敗中だったという事で、もちろんやりにくさは感じたものの、それ以上に「今日は勝ってくれるだろう。いや、勝って欲しい。」という思いで見ていましたが、結果は引き分け。しかも内容的に見るべきところが少なく、はっきり言ってガッカリしました。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 1ー1 大宮アルディージャ

Cimg1298_small

 前半は今季最低の出来でした。後半はそこから持ち直しましたが、前半支払ったツケが重くのしかかる形となってしまいました。

 大宮は何とか連敗を止めようとエンジン全開で臨んできましたが、それを迎え撃つエスパの立ち上がりが非常にフワッとしていて、それを思い切り大宮に突かれる形となってしまいました。開始早々江坂にドリブル突破からシュートを許すし、失点時にも大前に対するこの日スタメンの村田のチェックが甘くてサイドチェンジを許し、二見がニアへの江坂の侵入を許してあっさり失点。その後は何とか前半のうちに同点に追いつこうとエスパが攻勢をかけますが、右は村田、左は松原がサイドに張って、ボールをもらったらタテへのドリブルとそこからのクロスを繰り返すばかり。先制点を奪いゴール前を固めた大宮にはね返されるだけでした。また中盤でのつまらないボールロストがこの日も多く、さらに最終ラインにまでそれが伝搬してしまって、幾度か致命的なミスを犯してそこからピンチを招きました。特に40分近くに二見と松原がお見合いするようになってしまって、それを奪われてシュートに持ち込まれた場面は本当に致命的なもので、六反のビッグセーブがなければ試合は終わっていました。結局前半のエスパの決定機はゼロ。逆に大宮に何度か危ないシーンを作られ、「ちょっとひどすぎないか」と頭を抱えてしまう内容でした。

 さすがに小林監督もまずいと思ったのでしょう。後半は前半よりマシなサッカーが見られるようになりました。前半はサイドの村田か松原に預ける「だけ」だったのですが、後半は金子やテセ、白崎あたりが大宮のボランチの横とかCBとSBの間に入り込み、ボランチやCBがそこにもボールを付けるようになったため、大宮がボールの奪い所を失う形になり、より深い位置までボールを運べるようになりました。それによってボールを失っても位置が低いため、そこからカウンターをかけられても犬飼、二見が落ち着いて対処できるようになり、後半に関しては殆どシュートを撃たせませんでした。両サイドも前半よりはスペースのある状態で突破にかかれるようになったため、何度か決定機を作れるようになりました。が、ここで露呈したのがフィニッシュやラストパス、またはその前のパスの精度の低さ。ラストパスの精度が低くて相手に引っ掛けられたり、シュートまでいってもGKの正面だったり、と、うーんと唸ってしまう場面が多かったです。それでもチアゴ アウベス、枝村、デュークと攻撃的なカードをどんどん切り、85分にチアゴ アウベスのラストパスにニアで白崎が合わせて何とか同点には追いついたものの、その後の決定機も決めきれず、両者痛み分けという結果に終わってしまいました。

 とにかく悔やむべき、というか非難されるべきは前半ですね。ダービーと同じくフワッと、というかボーッとした試合への入り方をした結果、6試合で1得点しかしていない大宮にあっさりゴールを許すなんてサイテーですよ。相手がシャカリキになってくるのはわかっていたはずなのに、何やってんだかって感じです。おまけにその後も一つ一つのプレーが軽くて、つまらないボールロストをしてはカウンターを食らうというのを繰り返すし。とにかく戦術以前の問題が多すぎて話になりません。またこの日は村田をスタメンで使ってきました。このところ調子がいいのと、早めに先制点を奪って大宮の出鼻をくじきたいという考えからの起用かなと思うのですが、はっきり言って失敗だったと思ってます。この日は特にそうだったのですが、足元でボールをもらって突破を図る事「しか」しなかったので、二枚ぶつけてクロスを入れさせないようにしてきた大宮守備網を全く崩す事が出来ませんでした。もちろんサイド突破はブロックを作った相手を崩すのに有効な手段であり、ウチの強みですが、中を使うのもチラつかせないと有効な手にはならないです。新潟戦の先制点なんかがそうですよね。それがこの日の前半は、ほとんどボールが相手のブロックの外側を回っていただけでした。それではゴトビ元監督の悪い時と同じです。まあその意味ではタテパスを殆ど入れられなかった六平、野津田にも責任はありますが、村田もいいかげんプレーの幅を広げて欲しいです。後半はボールの付け所に工夫が見られた分相手を自陣に釘付けにできるようになりましたが、前述の通りフィニッシュやラストパスの精度の問題が出てしまったし、村田のスタメン起用以外は戦術以前の問題だったと思うので、そこは選手一人一人が猛省して欲しいですね。

 などと厳しい事ばかり書きましたが、後半相手を押し込んで同点に持ち込めたところは評価できます。他にも、チアゴ アウベスがレギュラーメンバーと一緒にプレーした中でそこそこ存在感を出せた事(まだまだ全然ボールが足についてませんでしたが)、デュークのコンディションの良さが見れた事、フォーメーションを次々と変えてもちゃんと機能した事など、収穫もありました。特にデュークに関しては、金子に替えてスタメンで使っても遜色なくやれるのではないかと思います。それにこの日は、繰り返しになりますが、チーム戦術以前のところで失敗した面が大きいので、まずは選手一人一人が猛省して、次のホームの仙台戦では最初からフルスロットルで相手に襲い掛かる姿が見たいです。

 次はアウェイで川崎戦です。ACLの関係で金曜開催となるため、行けるかどうか微妙です。この試合で今日のような入り方をしたら思い切りボコられるんで、最初から集中して臨んで欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« つまらない敗戦(4/12 ルヴァン杯札幌戦) | トップページ | 勝ち点2を落とさせた試合(4/21 川崎戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/65159738

この記事へのトラックバック一覧です: 痛み分け(4/16 大宮戦):

« つまらない敗戦(4/12 ルヴァン杯札幌戦) | トップページ | 勝ち点2を落とさせた試合(4/21 川崎戦) »