« 2016年オフの動きその6 | トップページ | 2016年オフの動きその7 »

2016年12月29日 (木)

2016年オフの動きその7

 小出しで発表が続いていましたが、今日も発表がありました。しかも一気に三選手です。

 〇加入

   六反勇治(仙台から完全移籍で加入)

 〇移籍

   本田拓也(山形へ完全移籍)
   瀬沼優司(愛媛へのレンタル移籍終了後山形へレンタル移籍)

 まずお別れする選手の方から。本田については、好きな選手の一人だったので、残念です。また本人のコメントに「清水で引退しようと決めて」とあったように、本人にとってもエスパは思い入れのあるクラブだったようですから。ただチームが攻撃にシフトしていって、河井がボランチとして台頭していくのにつれて出場機会を減らし、今回本田がこのような決断をする事となってしまいました。ただ少ない選手生命ですから、出場機会を重視するのは仕方ないと思います。山形は木山新監督の下、J1昇格へ向けて着々と補強を進めています。その中でポジションを奪って山形のJ1復帰に貢献し、再来年元気な姿をアイスタで見せてくれる事を祈っています。

 瀬沼も同じ山形の木山新監督に請われて、愛媛から山形へ活躍の場を移す事になりました。テセの代役になりうるポストワーカーが長谷川一人なので、レンタルバックもありだと思っていましたが、やはり出場機会は大事ですし、木山監督とは気心が知れてますからやりやすいでしょう。山形で活躍して、来年ウチが「戻したい!」と思わせる選手になって欲しいです。

 一方、同じく出場機会を求めて仙台からGKの六反が加入しました。長身で、代表に呼ばれた経験もあるという事で、西部の復帰が遅れているエスパとしては、来てくれて嬉しいと思える選手です。まあはっきり言ってノーマークでしたし、今朝いきなり獲得濃厚という記事が地元紙に載ったと思ったら、その日のうちに正式発表ですからね。相変わらずその忍者ぶりが凄いです。それはさておき、GKはずっと固定できなかったポジションなので、果たしてどんなプレーヤーなのか、見るのが楽しみです。

 さて、現時点でウチのGKの保有選手数は七人です。どう考えても誰かが出ていく事になるでしょう。そして本田の移籍により、球際に強くいけるボランチがいなくなりました。特に後者は重要課題だと思うので、引き続き強化部の働きに期待したいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 2016年オフの動きその6 | トップページ | 2016年オフの動きその7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/64692800

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年オフの動きその7:

« 2016年オフの動きその6 | トップページ | 2016年オフの動きその7 »