« 壁を越えた!(9/18 水戸戦) | トップページ | 何もさせてもらえなかった試合(9/25 松本戦) »

2016年9月23日 (金)

ターンオーバーで3回戦突破(9/22 天皇杯大分戦)

 昨日(9/22)は、甲府・中銀スタで天皇杯3回戦の大分戦が行われました。僕は所用のため行けず、速報メール頼りでした。

 ターンオーバーするというのは小林監督が名言していましたが、最初にこの日のスタメンを見た時は新鮮なメンツだなと思いました。最終的にはセットプレーの1点を守り切っての勝利となりましたが、このメンツできちっと勝てたというのは今後のチームにとって大きいと思いました。

<第96回天皇杯全日本サッカー選手権3回戦 於 山梨中銀スタジアム>

 清水エスパルス 1-0 大分トリニータ

 リーグ戦をより重要視していたのは大分も同じで、ウチと同様に直近のリーグ戦のスタメンから全員入れ替えてこの試合に臨みました。そのせいか、両チームとも少しぎこちなくて、細かなところでのパスがズレたりする事が目立ちました。少しずつ落ち着いてくると、やはり個人の能力で優るエスパがボールキープする時間が長くなり、何度も両サイドからクロスを上げるのですが、精度が低くて中で合わずに外に流れる場面が多く、なかなか決定機を作れませんでした。結局、ペナ内に入り込んでシュートを打てたのって澤田が突破した時くらいで、ちょっと低調な感じは受けました。

 前半の出来を反省したのか、後半は開始からエスパが分厚い攻めを見せ、元紀と石毛とのワンツーによる突破など惜しいシーンを何度か作り出し、それがCKからの犬飼の先制点につながりました。その後は落ち着いてボールをつなぎながら大分の反撃をいなし、時折カウンターも狙う事で、前に出ようとする大分の気勢を削いでいきました。結局、大分に与えた決定機は前後半1回くらいで、きっちりと無失点に抑えて勝つ事ができました。

 前述の通り、特に前半は低調な感じは否めませんでしたが、じゃあ選手が頑張っていなかったかというとそういうわけではなかったと思います。それは相手の最終ラインにボールが入った時の前の選手達の果敢なプレスによく表れていました。みんな「アピールしよう。その上でチームとして戦ってきっちり勝とう」という気持ちがプレーに表れていたと思います。普段なかなかスタメンになかなか絡めない選手達がそういう気持ちで戦ってくれたのは今後厳しい戦いが控える中で、スタメン組への良い刺激になったと思うので、その点は良かったと思います。

 で、個々の選手の評価ですが、いつスタメンに戻ってもおかしくない元紀はまあ別格として、他で良かったのは本田ですね。攻守によく絡んでましたし、あの長い正確なフィードはやはり大きな武器です。もっとも本田にはもっと頑張ってもらって、河井、竹内にもっと危機感を与えてくれないと困るのですが。その他では、澤田の時折見せる鋭い突破はやはり魅力だと思ったし、2回決定機を与えてしまったものの、三浦、犬飼の両CBも安定していました。一方でもう少し頑張って欲しいなと思ったのはキム ボムヨン、二見の両SBですかね。二人とも上がるところまではいいのに、最後の精度が低いのがどうにも。このへんは練習で鍛えて欲しいところです。

 次の天皇杯は11/9。この後はリーグ戦に戻り、もう明後日には天王山といえるアウェイでの松本山雅戦です。厳しい戦いになるのは間違いないですが、この日出場した選手達の意気に応える意味でも、ぜひとも勝ち点3をもぎ取って欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 壁を越えた!(9/18 水戸戦) | トップページ | 何もさせてもらえなかった試合(9/25 松本戦) »

コメント

こんにちは、通りすがりのものです。
現場とTVで結構印象が違うなと感じました。
心のなかで今日は2軍だなって感じ見ていましたが(大前選手は別格ですが)
リーグに先発出来ない理由はあるなと思います。
殆どのメンバーは以前はリーグ戦に出ていた選手たち。
バックスタンドで見ていましたが、結構ため息が多かったと思います。
石毛選手のプレーには特に多かったかな。
また、私の余り好きではない(笑)、犬飼選手、三浦選手に福村選手を
合わせたトライアングルは結構イラつきました。
本当に見ていてボール回しのテンポが悪いんですよね。
ワンタッチで回せば良いと思うのですが、無駄なキックフェイントしている間に
相手が全力で詰めて来てボールを蹴っ飛ばすとか。相手がいるサイドでチマチマ
パスを繋いでピンチになるとか、ドフリーでバックパスとか、こういうの彼ら
がリーグ戦に出ている時に良く目撃しました。
人のチームの事は言えないのですが、J2とかJ3のチームって基本的には下手
です。
信じられないミスから大ピンチになっても相手も結構な頻度でミスってくれます。
だから良かったではダメなんですよね。
暴言を承知で言えば、J2に馴染んでいるんじゃないよ!と思います。

悲劇なのは大前選手について来れる選手が殆どいないことです。

今リーグに出ているメンバーはそれでも良くはなって来ましたが、それでも守備に
回ったら守りきれません。今の控えのメンバーが突き上げないといけないのですが
まだ難しいと感じた試合でした。

投稿: 通りすがりの者 | 2016年9月24日 (土) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/64246227

この記事へのトラックバック一覧です: ターンオーバーで3回戦突破(9/22 天皇杯大分戦):

« 壁を越えた!(9/18 水戸戦) | トップページ | 何もさせてもらえなかった試合(9/25 松本戦) »