« 2016夏の移籍動向その4 | トップページ | 2016夏の移籍動向その5 »

2016年7月25日 (月)

壮絶なバカ試合(7/24 千葉戦)

 昨日(7/24)はアウェイの千葉戦を見に、フクアリへ行ってきました。千葉が降格して以来行ってなかったので、7年ぶりになります。名物のソーセージ盛りやナンカレーを食べて、試合前から大満足でした。

 試合に関しては、何と言いますか、これぞ「バカ試合」って感じで、疲れました。まあどんな形であれ勝つのを見るのは嬉しいし、それがあんな劇的な形でですから、心地よい疲労感を感じつつ帰る事ができました。

<明治安田生命J2リーグ 於 フクダ電子アリーナ>

 清水エスパルス 4ー3 ジェフユナイテッド市原・千葉

Cimg1155_small

 まあタイトル通りで「壮絶なバカ試合」でした。もう少し楽に勝てたはずなんですけどね。

 試合の入りは悪くなく、5-3-2のフォーメーションを敷く千葉に対し、いつもの通りじっくりパスを回しながらチャンスを伺い、19分にテセ、27分に川口がゴールを決めて2-0。この時点では楽勝ムードでした。しかし千葉が4バックにして前からプレスをかけるようになると、それに慌てたのか角田がトラップミスを犯し、それを船山につながれて2-1。それによって千葉が息を吹き返し、こっちが終始慌てた感じで前半終了。さらに後半の入りが悪くて千葉の圧力をまともに受けるようになり防戦一方。それでも紙一重で切り抜けていたものの、63分に信じられないミスから失点。その後もバタバタした状態は続き、川口が一発レッドで退場。その上84分に勝ち越し点を奪われ、絶望的な状況に陥ります。しかし90分の相手オウンゴールで息を吹き返し、90+4分にテセが見事なコントロールショットを決めて再逆転。漫画でもそうは見られない展開での勝利となりました。

 反省すべき点は多々あります。2点先行したのに何でこんな試合をしなければならないのか。前半のうちに1点返されたのが悪かったのですが、あそこは最終ラインで処理しようとせずにGKに任せるべきだったんじゃないかと思います。その意味でGKと最終ラインとの連携が悪かったですね。また前半船山にもう1つ決定機を与えたように、CB間の連携も悪いように思いました。後半は後半で入りが悪くて、千葉の前からの圧力をまともに受けてしまったし、前節に続き相手のフォーメーション変更に対応できなかったのは反省すべきでしょう。そしてGK。何でもないボールだったのになぜあんな凡ミスをしてしまったのか。力裕はここ3試合連続で致命的なミスを犯しているので、西部が使えるのならスタメンから外すべきです(使えないから困っているんですけどね)。他にも後半クリア一辺倒になってロクにつなげなくなった事とか、修正すべき点は山積みです。

 ただ、これだけ悪い点が重なれば普通負けます。それを勝ちにもっていったのは、もちろん相手がオウンゴールをしてくれたというラッキーはあったものの、選手達の「このままでは終われない」という強い気持ちがあったからこそだと思います。あのオウンゴールも「中に入れれば何かがおこる」と北川が判断してのものだし、そこに途中出場のキム・ボムヨンが飛び込んでいった事も大きかったと思います。同点に追いついた後も再逆転しようと松原、北川が必死につないだ事が、テセの逆転ゴールに結びついています。こういう姿勢は今までのチームにはなかなか見られなかった事だし、それが最後強引に勝ちをもぎ取る事につながったのだから、そこは評価すべきだろうと思います。選手達はこの日の感覚を忘れる事のないようにして欲しいですね。それが苦しい試合をもぎ取る重要な要素だと思うので。

 これで再びプレーオフ圏内の6位へ浮上。次はホームでの岐阜戦です。川口がサスペンションで出場できないのは痛いですが、キム・ボムヨンもいますし、この日学んだ事を活かしつつ修正すべきところは修正して、試合に臨んで欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 2016夏の移籍動向その4 | トップページ | 2016夏の移籍動向その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/63966677

この記事へのトラックバック一覧です: 壮絶なバカ試合(7/24 千葉戦):

« 2016夏の移籍動向その4 | トップページ | 2016夏の移籍動向その5 »