« 凡戦(6/4 水戸戦) | トップページ | 薄氷を踏むとはこの事(6/8 町田戦) »

2016年6月 9日 (木)

大前元紀、重傷を負い長期離脱

 いつもなら昨日(6/8)の試合の感想を書くところですが、まずは悲しいお知らせから。

昨日の町田戦で大前元紀選手が町田の井上選手のラフプレーにより負傷交代し、病院へ搬送されましたが、今日精密検査の結果が発表されました。

 左第5、6,7、8肋骨骨折と肺挫傷だそうです。肺挫傷の程度によって全治がいつかわかるようですが、現時点で全治までどれくらい要するかは不明。ただ新聞報道によると、最低でも2か月かかるとの事です。

 思っていた以上の重傷なので、ショックは大きいですね。何より1年でのJ1復帰を目指すエスパとしても痛手です。チームの得点源であり、攻撃のキーマンですからね。戦力的には厳しい状況となりました。P.

 しかし、起きてしまった事は仕方がありません。残った選手で何とか穴を埋めるしかないでしょう。おそらく今季中に元紀が復帰するのは難しいと思いますが、彼が復帰した時、そこがJ1の舞台であるように、残った選手が奮起して頑張ってくれる事を期待したいと思います。(一方で、夏の移籍期間中にFWの補強を行う事は必須でしょうね)

 試合の感想は改めて書きます。

P.S 町田の背番号15番、井上の事は忘れねーよ。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 凡戦(6/4 水戸戦) | トップページ | 薄氷を踏むとはこの事(6/8 町田戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/63754749

この記事へのトラックバック一覧です: 大前元紀、重傷を負い長期離脱:

« 凡戦(6/4 水戸戦) | トップページ | 薄氷を踏むとはこの事(6/8 町田戦) »