« 怒りしかわかない試合(5/8 岐阜戦) | トップページ | ゼロからやり直せ(5/22 東京V戦) »

2016年5月15日 (日)

呆れた・・・(5/15 徳島戦)

 今日(5/15)はホーム・アイスタ日本平での徳島戦でした。

 金沢戦での今季ホーム初勝利の勢いがアウェイ2試合で失われたものの、久々にホームに戻っての試合だし、流れを変えるにはうってつけの舞台となるはずでした。が、結果は完敗。試合終了のホイッスルと同時にブーイングが起こりました。僕はというと、岐阜戦以上の酷い試合に、呆れてモノが言えませんでした。

<明治安田生命J2リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー1 徳島ヴォルティス

Cimg1108_small

 

 もはや「論評するに値しない試合」ですね。呆れました。

 とにかく試合を通して何をしたいのかが伝わってきませんでした。試合の入りは決して悪くはなかったと思いますが、さりとて何か見どころがあったかと言えば、セットプレー以外は何もなし。次第に効果的にサイドチェンジで左サイドを起点にした徳島に押し込まれるようになり、それで全体が押し下げられてしまって、何度か危ないシーンを作られるようになっていきました。碓井の不安定なセービングがチームのバタバタ感に輪をかける形となってしまい、チーム全体がバタバタ状態。前半のウチの見どころは福村のペナ外からのミドルシュートくらいで、前半からして勝てる気が全くしませんでした。それでもハーフタイムを挟んでいったん落ち着けばあるいは、ともこの時は思っていましたが。

 が、後半もペースは徳島へ。開始直後の犬飼のトラップミスからして、もう危ない空気プンプンで、1トップの後ろで2シャドウが動きまわる徳島を相手にして、守備陣のバタバタ状態が継続。一方、攻撃は時折惜しいシュートがありましたが、基本的に攻め手が全くなし。点が入る感じがまるでしませんでした。そしてお決まりのセットプレーから失点。まあいつ点を入れられてもおかしくない雰囲気だったのですが、それにしても簡単にやられ過ぎですね。結局今後の展望がまるで見えないまま敗戦となってしまいました。

 「論評に値しない試合」なので、正直何を言ったらいいのか、という感じなのですが、前節書いた「走力」「球際」「1対1」以前に、「サッカーの仕方、覚えてる?」という内容です。特に引かれたわけでも何でもなく真っ向からぶつかってきた相手に対し、もうバタバタバタバタして、ろくにボールをおさめられない始末。たまにボールを持ってもそこからどうするか考えてる感じだし、パスは受け手の事を考えてないわ、カバーリングがカバーリングになってないわ、で、「サッカーIQが低い」と言わざるを得ません。これで「王国清水」なんてちゃんちゃらおかしいし、ましてや「J2優勝して1年で昇格」なんて「プッ」と笑うしかないです。

 早急にやらないといけないのは、「自分達は下手くそだ。だからJ1から落ちたんだ」という自覚をきっちり持つ事です。その上で、自分達の身の丈にあったサッカーは何かを考える事じゃないですか。J1仕様のサッカーなんて考えなくていいですよ。だって、無理だもの。その上で「気迫」「走力」「球際」に1人1人が負けないように、もっと踏ん張って欲しいです。

 あと碓井、福村、テセについてはチームの足を引っ張るだけの存在に成り下がっているので、当分試合には出さないで欲しいです。そういうメンバー選考やチームへの戦術に関して、僕は小林監督の能力に疑念を持ちつつある事も、ここで申し添えておきます。

 次はアウェイで東京V戦。今の状態じゃロクな戦いにならないでしょうね。現時点で来季のJ1昇格など見通せる状態じゃないし、見には行きますが、もはや苦行でしかない気がします。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 怒りしかわかない試合(5/8 岐阜戦) | トップページ | ゼロからやり直せ(5/22 東京V戦) »

コメント

こんにちは。
通りすがりの者です。
昨日、現場で観戦しましたが、なんと言いますか
YANAさんの仰る通りですね。

何年同じ事やってるのかなぁ?と感じます。
とにかくボールを持ってもアタックしないんですよね。
妙にボールを持って完全にタイミングを失った後にパスとか、
素晴らしい味方を欺くパスとか、
相手にカットされるゆる~いパスとか。
狭いサイド、狭いサイドで無駄なパス交換。

逆に、バックパスは素晴らしいんですよね、何故か。
完全にフリーなのにバックパスとか、
相手が詰めてくるタイミングを計らずにバックパスとか、
素晴らしいノールックでワンタッチのバックパスとか。

Jリーグのデータでセンタリングの数がかなり上位だと聞きました
が、試合見ていたら数は多くても点にはならないだろうなっていう
のが殆どですからね、もうびっくりして悲しいです。

どうして試合中に下手な選手のトレーニングをするのでしょう。
選手個人をあげつらっても仕方ないですがセンタリングの精度の
低さには、もう蹴らないで!と見ていて思います。

YANAさんが仰る”「自分達は下手くそだ。だからJ1から落ちたんだ」
という自覚をきっちり持つ事です”には本当にその通りだと感じます。

清水をずっと見ているファンに取って、清水と言うのは、サッカーは
上手だけど、ここぞと言う時や肝心な時に負けるって感じでしたが、
最近は技術もの片鱗も見せずただ負けるだけです。

最近はよくどうしてこんなチームに成り下がってしまったのだろうと
思います。
お客さんが減るのも納得ですし、ブログタイトルの「呆れた・・・」も
これまた納得の通りすがりの者でした。

投稿: 通りすがりの者 | 2016年5月16日 (月) 10時53分

通りすがりの者さん、コメントありがとうございます。

最近の清水を見てお嘆きになるのはよくわかります。
昔は「シルバーコレクター」できたけど、
今はそれですらないですからね。

そういう現実をチームやサポーターがしっかり
認識する事が大事なんだと思います。

その上で、今季の初めにはできていた
攻守の切り替えを早くした上で
守る時はしっかり守る戦い方に
もう1度立ち返る必要があるんじゃないかなと
今日1日考えて思い立ちました。

今は攻撃面にフォーカスがいきすぎて
守備がおろそかになってますから。

まずは守備をもう1度しっかりする必要が
あるんじゃないかと思います。

投稿: YANA | 2016年5月16日 (月) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/63637233

この記事へのトラックバック一覧です: 呆れた・・・(5/15 徳島戦):

« 怒りしかわかない試合(5/8 岐阜戦) | トップページ | ゼロからやり直せ(5/22 東京V戦) »