« 勝ちグセをつける時期(3/26 山形戦) | トップページ | 力負け(4/9 C大阪戦) »

2016年4月 4日 (月)

久々の連勝(4/3 熊本戦)

 一昨日(4/2)から昨日(4/3)にかけて、熊本へ行ってきました。熊本は観光で寄った事はありますが、泊まったのは初めて。もちろんここでのサッカー観戦は初めてです。  

 スタジアムは立派でバックスタンドにも屋根があったので雨を気にせず観戦できたし、スタジアムグルメが充実していたのも好印象だったのですが、唯一残念だったのがシャトルバスの運営。待てども待てども全くバスが来る気配がなく、運営の人も「すぐそばまで来てるんですけど」と言うばかり。結局最寄りの鉄道の駅まで歩くはめになったあげく、予定していた飛行機に乗れなくなってしまいました。ああいうのは何とかして欲しいですね。

<明治安田生命J2リーグ 於 うまかな・よかなスタジアム>

 清水エスパルス 2ー0 ロアッソ熊本

Cimg1087_small

 

 熊本はここまで無敗で来ているだけあって、よくまとまった好チームでした。そういう相手に焦れる事なく戦えたのが勝因かなと思います。

 前半は互角やや熊本ペースだったと思います。序盤から厳しくプレスをかけてきて、こちらに思うようなパスまわしをさせず、ボールを奪うと早く攻める事を主体にしつつ、全体をきっちり押し上げてぶ厚い攻撃をしかけてきました。それに対してこちらはカウンターは許さないようにファーストディフェンスがしっかりできていましたが、その後の熊本の押し上げに対して後手を踏む事が多くなり、なかなか思うようにボールを奪う事ができませんでした。攻撃も熊本がコンパクトなブロックを作った上で厳しいチェックをかけてきたので、なかなか思うような攻めができませんでした。ただ、「ならば点を与えなければいい」とばかりに焦れずに守って、最後のところで自由にさせなかったのが後半につながりました。

 後半も最初は熊本ペースだったのですが、次第に相手の運動量が落ちてきて、そこで空いたスペースを上手く突く事ができるようになってからは、エスパにもいい形が見られるようになってきました。そして1点目につながるわけですが、村田のラストパスと元紀のランニングは見事でしたが、デュークの後ろへの落としが最高でしたね。2点目は完全に元紀の個人技でしょう。あそこで振り抜いて決めてしまうのはさすがです。そのあと西部の負傷交代というアクシデントがあったものの、最後まで落ち着いた試合運びを見せたエスパが見事アウェー連勝を果たしました。

 まあ内容的には、手放しで褒められるものではなかったと思います。ただ、悪いなりに焦れずに戦えるようになりつつあるなと思います。そのベースは守備でしょう。この日も押し込まれる時間帯は結構ありましたが、その割には決定機を与えていませんし、真ん中では自由にさせないという守り方が身についてきています。そういうベースが出来つつあるので、全体が落ち着いて戦えるようになっているなと思いますね。あとは札幌戦のように先手をとられた時にどれだけ落ち着いてやれるか。それにはもう少し攻撃面の連携を上げていく必要があると思いますが、デュークがトップの役割を確実にこなし始めているのは好材料ですし、テセもこれからコンディションを上げてくると思うので、焦れる事なく連携を高めてくれればと思います。

 次はホームに戻ってC大阪戦。また首位のチームとぶつかります。J2の中で戦力的には別格のチームなので苦戦は必至ですが、おそらくは真っ向勝負で来てくれると思うので、これまでの試合よりはやりやすいかなとも思います。そろそろホームで勝たないと恰好がつかないですから、何とかいい結果を残して欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 勝ちグセをつける時期(3/26 山形戦) | トップページ | 力負け(4/9 C大阪戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/63441166

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の連勝(4/3 熊本戦):

« 勝ちグセをつける時期(3/26 山形戦) | トップページ | 力負け(4/9 C大阪戦) »