« 本当に久しぶりの勝利 | トップページ | シーズン最終戦(11/22 甲府戦) »

2015年11月19日 (木)

人事異動その1

 今日(11/19)、田坂監督、原強化部長の辞任と、伊達現育成部長の強化部長就任が発表されました。

 まず田坂監督と原強化部長の辞任は、致し方ないかなと思います。「J1から降格」という結果が出てしまっているので。ただ田坂監督に関しては「致し方ない」の一言で済ませたくない気持ちがあります。一言で言えば「申し訳ない」という気持ちです。前任の監督よりもはるかにサッカーの戦術に精通していて、試合後のコメント中の分析もしっかりしていました。守備組織も短期間で立て直して、鳥栖戦まではそれがしっかり機能していました(ただし藤枝戦除く)。が、そこまでに勝ち点3がとれなかったために浦和、広島と真っ向勝負せざるを得なくなり、そこで大敗した事でチームを瓦解させる結果となりました。まあ試合途中の選手交代は決して上手くなかったし、広島戦あたりからは戦術面がブレるなど限界も見せましたが、前任よりは能力は上でした。それだけにもう少し時間をあげたかったですね。1st.stage終了後に就任させていれば、少なくとも2nd.stageのホーム開幕戦で神戸に0-5で負ける醜態をさらす事はなかったでしょう。残念ではありますが、捲土重来を期待したいです。

 原強化部長に関しても、よくやって下さったと思っています。少ない強化費をやりくりしながら、どうにか戦力を維持してくれていました。ただ致命的だったのは前監督を見切るタイミングが遅すぎた事。しかも監督交代のタイミングでミスを犯したのはこの1度きりではありません。ゴトビ元監督についても、僕は'14年のW杯中断のタイミングで見切るべきだったと思っていますし、大分がJ1から降格した時も同じ事をしています。それを考えるとやはり「致し方ない」と思います。この方も捲土重来を期待したいです。

 一方、新任の伊達強化部長に関しては、今までと仕事の内容が全く違うので、大変だと思います。特にこれから行われる各選手およびその代理人との交渉は大変だと思いますが、原前強化部長から外国人の獲得ルート等のノウハウを上手く引き継いで、頑張って頂きたいです。

 さて、残るは後任の監督。個人的に「コイツだけは絶対やめろ」と思っている人が1人います。今はその人が就任しない事を祈るのみです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 本当に久しぶりの勝利 | トップページ | シーズン最終戦(11/22 甲府戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/62712615

この記事へのトラックバック一覧です: 人事異動その1:

« 本当に久しぶりの勝利 | トップページ | シーズン最終戦(11/22 甲府戦) »