« ラグビーW杯グループリーグ | トップページ | なぜ降格の憂き目にあったのか・考察その1 »

2015年10月17日 (土)

J2へ降格(10/17 仙台戦)

 今日(10/17)は、ホームでの仙台戦でした。「奇跡」を起こすためには絶対に勝ち点を落とせない試合でしたが、序盤の失点が最後まで響き、敗戦。その後に15位の新潟が松本に勝利したため、残り3試合を残してエスパルスのJ2への降格が決まりました。

 まあ広島戦あたりである程度覚悟はしていましたが、実際に現実になるとやはりネガティブな感情しか浮かばないですね。この1年を思い出すと必然的な事でしかないのですが、「あの時こうしていれば」という思いはどうしてもありますからね。今は「無念」としか言いようがないです。

<明治安田生命J1リーグ 2nd.stage 第14節 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0-1 ベガルタ仙台

Cimg1018_small

 選手個々は頑張っていたと思います。それは伝わってきました。ただ、それらが「点」にしかならず「線」や「組織」にならない事がことに攻撃において非常に多かったというのが、この試合で感じた事です。

 立ち上がり、エスパの選手が硬いのは明らかでした。キックオフからミスしていたし、その後もミスの連続で、ボールを扱うのもおぼつかない感じでした。で、何でもないロングボールに対して判断とクリアのミスを犯してCKを与え、そこで相手のCFをあっさりフリーにして失点。この時点でゲームプランは完全に崩れました。が、選手達は愚直に試合前のゲームプラン通りにボールを奪ったら相手のウラを狙う事「のみ」を続け、そのたびにボールロストを繰り返します。最初は「まあそれで相手のラインを下げさせられればいいけど」と思っていましたが、30分たっても同じ調子だったので、「イヤイヤ、もう少しボールを大事にしようよ」と何度も思いました。さすがに最終ラインの選手がそれに気付いたのか単純にロングボールを上げるのを控えるようになりましたが、前の元紀やデュークはまだウラを狙う動きばかりしているから、結局お互いがイラ立つようになるという状態。守備は体を張って守っていたもののこちらの決定機は1度だけ。澤田がボールを持った時に少し可能性を感じたくらいで、本当に見どころのない前半でした。

 後半、さすがにこれではダメだと修正が加えられ、元紀や白崎が相手のブロックの間でボールを受けるようになり、少しずつ攻撃が機能し始めました。さらに60分にウタカが投入され、彼が起点となる動きをしてくれた事でより攻撃が活性化しました。ここから75分くらいにかけて3~4回決定機があったので、そこで決めていればまた違った展開もあったかもしれませんが、残留の決まっていない仙台も必死で体を張ってきたので、決めきる事ができませんでした。次第に焦りが積もってきてアディショナルタイムも含めた残り10分間はほぼパワープレー一辺倒になりましたが、前線の高さを失った状態では全く脅威にはならず、結局仙台にほぼ残留確実となる勝利を与える事となってしまいました。

 結果的には「カウンター主体で攻める」というゲームプラン自体が誤りだったと言わざるをえないでしょう。田坂監督としては選手がある程度緊張するであろう事を織り込んで手堅い戦術をとったともとれますし、その意味では監督の想定以上に選手が硬くなっていたのかもしれません。ただ30分を過ぎてもウラ狙い一辺倒だったのを放置していたのは、選手の応用能力の問題を差し引いても「失策」だったといわざるを得ません。早々にゲームプランを放棄して、何らかの形で修正を加えるべきだったと思います。

 選手もねぇ、愚直にウラ狙いばかりをやるだけじゃなくてもっと自分で考えろよって思います。その部分では、特に元紀にガッカリしました。最終ラインも、この日は角田、杉山力が終始不安定で、「おたくらがしっかりしないと困るんだよ」と何度思った事か。90分通して頑張っていたといえるのは鎌田と白崎くらいで、あとは頑張っている姿勢は見えるくらいでプレーにはなかなか反映されていない選手ばかりで、これが「点」が「線」にならなかった原因かなと思います。

 試合後、何人かの選手は座り込んで起き上がれませんでした。鎌田などはロッカールームに戻る時に泣いていました。この時の悔しさを絶対忘れないで欲しいです。それが来年以降へのバネになるはずなので(薄笑いを浮かべていたヤツもいたみたいですがね)。

 ただ、これだけJ1でダントツの最下位を走っているチームがすぐ昇格できるほど、J2は甘くないです。西隣のチームがそれを証明してくれています。「悔しさをバネに」だけで臨んだら、絶対にダメです。その意味でクラブは、何が今のチームに足りないのかをしっかり分析して、今から計画的にチーム強化の方策を実行していって欲しいです。

 僕も「何がまずかったのかな」というのを少し考えてみたいなと思います。ひとまず、「この日も富士山は美しかった」事を写真でお伝えして、この記事は締めたいと思います。

Cimg1019_small

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« ラグビーW杯グループリーグ | トップページ | なぜ降格の憂き目にあったのか・考察その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/62495453

この記事へのトラックバック一覧です: J2へ降格(10/17 仙台戦):

« ラグビーW杯グループリーグ | トップページ | なぜ降格の憂き目にあったのか・考察その1 »