« 2か月ぶりの勝ち点3(7/29 横浜FM戦) | トップページ | 東アジア選手権緒戦 »

2015年8月 1日 (土)

大榎監督、辞任

 既にご存知の通り、エスパルスの大榎監督が辞任しました。後任には田坂ヘッドコーチが監督代行として昇格します。

 本ブログの読者はご存知かと思いますが、僕は大榎監督の能力に疑問を抱き、散々酷評してきました。彼が監督でいる限り、J1残留は非常に困難とも思っていました。ですので、正直ホッとしています。また大榎監督が横浜FM戦での勝利という置き土産を残してくれた事や自ら身を引いてくれた事、さらに1年前にさかのぼって、あえてシーズン途中での監督就任という火中の栗を拾ってくれた事に対しては、感謝しています。残念ながら現時点で自分が理想とするサッカーを具現化する能力は欠けていますが、まだそれほど年ではないですから、これからいろいろ勉強して、指導者として捲土重来を期してほしいです(上から目線な書き方で恐縮ですが)

 一方、この辞任は大榎監督の意思がなければ起きなかった事で、クラブは「やろうとしているサッカーは間違っていない」と、むしろ監督を擁護する姿勢をとり続けてきました。一年前には前任のゴトビ氏と選手との間の亀裂が深刻になっていた事をG大阪戦まで気付かなかったという愚も犯しています。この2つの事象は、強化担当がプロになりきれていない事を表しているいると僕は考えており、その意味でクラブに対する不信はぬぐえていません。ただ少なくとも1年前は予算の少なさが強化担当の行動を縛っていたところもあるとは思うので、営業も怠慢だった、つまりクラブ全体がプロになりきれていないという事を表しているのではないかと考えています。

 幸い、左伴社長が就任して、営業面は強化されてきました。今後は強化部門にもメスが入るのではないかと思います。これを機に、選手も含めてクラブ全体がプロフェッショナルな組織へ生まれ変わってくれればと思います。そこに「地元出身だから」とか「レジェンドだから」とかいうようなしみったれた感情は無用だと思うので(すべては切り捨てられないでしょうが)、少しずつでもプロらしいクラブになってほしいです。

 明日から練習が再開されます。監督が変わったからといって成績が劇的によくなるわけはなく、全ては明日からの練習にかかっています。もう1度イチからやり直す覚悟で、J1残留に向けてチームが一丸となってくれる事を期待します。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 2か月ぶりの勝ち点3(7/29 横浜FM戦) | トップページ | 東アジア選手権緒戦 »

コメント

大榎監督を辞めさせなかったのはオーナーです。
テセやウタカを連れてきたのは原強化部長の素晴らしい仕事があったからですし、左伴社長もスポンサーを地道に増やしていて、オーナー以外のフロント陣は、プロフェッショナルとしての仕事をしていると思います。
本当にクラブ全体がプロになるためには、第三者が経営を監視する仕組みを導入しなければいけませんね。

投稿: 6 | 2015年8月 2日 (日) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/62000369

この記事へのトラックバック一覧です: 大榎監督、辞任:

« 2か月ぶりの勝ち点3(7/29 横浜FM戦) | トップページ | 東アジア選手権緒戦 »