« 失意の勝ち点1(8/16 新潟戦) | トップページ | 痛恨のドロー(8/29 FC東京戦) »

2015年8月23日 (日)

またも惜敗・・・(8/22 G大阪戦)

 昨日(8/22)はアウェイでのG大阪戦でした。当日は都内で用事があったため、スカパーでの観戦となりました。

 ここのところG大阪は調子を落としていると聞いていたので「少しは勝ち目もあるかな」と思っていました。実際、それほどの差は感じなかったのですが、結果は惜敗。残り10試合という事で少しでも勝ち点を積み上げたいところだったのですが、悔しい敗戦となってしまいました。

<明治安田生命J1リーグ 2nd.stage 第8節 於 万博記念競技場>

 清水エスパルス 0ー1 ガンバ大阪

 前述の通り、それほどの差は感じませんでした。ただ、チームの完成度という点では差があって、それが敗戦につながったのかな、と思います。

 守備面は前節からさらに整備されたと感じました。ブロックを作っている時に全体がコンパクトに保たれていて、トップへのパスコースを限定させる事ができていたので、G大阪はくさびのパスを出すのに非常に苦労していて、結局パトリックへのロングボール狙いに頼る形になっていました。さらにボールを奪われた時の切り替えが早く、本田、枝村がすぐボール奪取するために相手に寄せる事が途中まで出来ていたので、全体的にいい感じで守れていたと思います。ただ失点の場面だけはスキを作ってしまいましたね。ボールホルダーへの寄せが足りなかったし、パトリックの動きに対してキャラがラインを上げるのが遅れてしまいました。こういうわずかなスキをつくのはやはりG大阪は上手いなと思ったし、やはりスキを作らない守備組織作りが大事だと思いました。ただ全体的は、田坂監督就任後わずか3週間ですが、今後戦っていける守備組織が整備されてきたと思うので、ここは続けていってほしいですね。

 問題はやはり攻撃面ですかね。全体を通して、どのように点をとっていくのかが見えてきませんでした。チョン テセはポスト役として頑張っていましたが、いかんせん他のメンバーとの息があっていないですし、G大阪ほどの相手になるとやはりサイドから崩す事を重視すべきだと思うのですが、今一つ徹底できていなかったかなという気がします(まあ左サイドの六平、デュークがいずれも右ききなのが響いたと思いますが)。せっかくクロスを上げても中と合わない場面が多かったし、あれだけセットプレーのチャンスがありながら決定機をほとんど作れなかったのも問題化と。流れの中でもあまり決定機と呼べるものはなかったし、頑張っていたのは元紀とデューク、枝村くらいで、あとは攻撃に関しては消えている時間が多かったかなとおもいます。

 前述の通り、守備に関してはある程度戦える組織が出来てきたと思います。これならどんなチーム相手でもそれほど崩される事はないでしょう。問題なのは攻撃で、守備に意識が行き過ぎているところもあるかもしれないなと思っています。そこの攻守のバランスの落とし所をどこにするかが次の課題かなと思います。あとは攻撃の軸をチョン テセにするのかウタカにするのかはわかりませんが、どちらにするにしても、アタッキング・サードまでどう侵入するのか、アタッキング・サードに入った後にどう崩すのかのイメージをチームで共有する事が必要でしょうね。残り9試合しかない中でこれらを詰めていくのは大変だと思いますが、何とか早めにイメージ合わせをした上で攻撃面でも戦っていける目途を早急につけていってほしいです。

 次はホームでFC東京戦。リーグ戦ではここ3試合勝っていないどちらかというと苦手なチームとの対戦ですが、ホームでの試合ですし、残留を争っている他の3チームがこのままお付き合いしてくれるとは限りませんから、ここはぜひ勝ち点3がほしいところです。大変だとは思いますが、週末の試合に向けて最善の準備をしてほしいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 失意の勝ち点1(8/16 新潟戦) | トップページ | 痛恨のドロー(8/29 FC東京戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/62139850

この記事へのトラックバック一覧です: またも惜敗・・・(8/22 G大阪戦):

« 失意の勝ち点1(8/16 新潟戦) | トップページ | 痛恨のドロー(8/29 FC東京戦) »