« 田坂ヘッドコーチ就任 | トップページ | 夏の移籍期間開始 »

2015年7月 6日 (月)

女子W杯決勝

 日本時間で今日(7/6)に行われた女子W杯決勝で、日本はアメリカに2-5で敗れ、準優勝に終わりました。

 前にも書きました通り「決勝まで行けば上出来」と思っていましたし、今回も勝つ確率は低いだろうと思っていました。が、それにしても前半の16分間で4失点を食らったのはショックでしたね。1失点目はアメリカが「日本は高さを警戒するだろう」とその逆をとった完璧なゴールでしたが、それでパニックになってしまった感じでしたね。2失点目もセットプレーからだし、3失点目は完全なミス。4失点目も攻めにでようとしたところを裏返されてのもので、何とか踏ん張ろうとすればするほど裏目に出てしまうような感じでした。逆にアメリカは最初からラッシュをかけて日本の良さを消しにかかってきたわけで、それだけ本気で来られると「かなわないな」と思いました。

 ただ、2大会連続でファイナリストになれた事は、それだけでも名誉な事です。試合終了直後に宮間が「やる事はやった」というような表情をしていましたが、それに文句をつけるつもりはありません。タイトルホルダーとして各国から警戒されながらも勝ち上がってきたのですから、胸を張って日本へ帰ってきて欲しいと思います。

 一方でやはり気になるのが、4年前の優勝メンバーをスタメンから引きずりおろすようなメンバーが有吉と岩渕くらいしかいなかった事ですね。来年のリオ五輪までは何とか引っ張るとして、その後はそうはいかないでしょう。それこそ3年前のU-19のメンバーなどが下から突き上げないと。協会はそこは肝に銘じて欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 田坂ヘッドコーチ就任 | トップページ | 夏の移籍期間開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子W杯決勝:

« 田坂ヘッドコーチ就任 | トップページ | 夏の移籍期間開始 »