« 現時点の精一杯(7/15 鹿島戦) | トップページ | 「監督」という仕事(7/25 川崎戦) »

2015年7月20日 (月)

諦念・・・(7/19 名古屋戦)

 昨日(7/19)はアイスタ日本平での名古屋戦でした。開場までの待ち時間中は暑かったですが、試合中はそれほどでもなかったのは幸いでした。

 結果は引き分け。スタンドの半分以上は審判団に文句を言っていましたが、ラッキーなジャッジもあっただけに、僕は勝てなかった事への失望感の方が大きかったです。神戸戦とは違った意味でガッカリしました。

<明治安田生命J1リーグ 2nd.stage 第3節 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 2ー2 名古屋グランパス

Small_cimg0990

 試合内容自体は、途中までは悪くなかったと思います。名古屋もウチと同じ3-4-2-1の布陣を敷いてきた事でミラーゲームのような恰好となりましたが、そこは想定内だったようで、マークをはっきりさせて守備の役割をはっきりさせてきました。最初の20分間はそれが悪影響を及ぼした感じで、本田や八反田が相手の2シャドウに引っ張られて全体が下がり過ぎてしまい、相手に完全に押し込まれる展開となりましたが、名古屋が次第に攻め疲れをおこした事とウチの3バックが相手の3トップの動きに慣れてきた事で少しずつ前目に重心が移せるようになり、そこでこちらの2シャドウの元紀や河井が上手く相手のブロックの間に入ってボールを引き出すようになって、逆にウチが名古屋を押し込むようになり、いくつか決定機を作れるようになりました。そして後半もその流れを引き継いで先制点を奪い、さらに相手のキーマンの闘莉王が退場。ここまでは非常に良い流れで、「久々に美味しい酒が飲めるかな」と思いました。

 が、ここからエスパがおかしくなっていきます。誰を見るのかが曖昧になって、名古屋の数的不利を感じさせない積極的な攻めに対して無駄なファウルが多くなっていきます。そしてPKを献上して失点。その後ウタカが個人技で持ち込んで勝ち越したまでは良かったのですが、その後も不用意なボールロストからカウンターを食らう場面が頻発し、80分に自陣でのFKをいったんは撥ねかえしたものの、その後のラインコントロールのまずさからノヴァコヴィッチに恩返し弾を食らい、その後の7分のアディショナルタイムも活かす事ができず、無念のドローとなりました。

 確かに審判のジャッジは酷かったと思います。ジャッジ基準がブレまくってましたから。ただ、自滅の側面の方が大きかったような気がしてなりません。後半1点を先制して、さらに数的優位まで手にした。こういう時は当然相手の方が焦っているのだから、ボールをゆっくり回していればどこかで選手が空くはずなので、そこを起点に攻めきる事を考えれば良かったはず。が、それをせずにバタバタバタバタしながら同じペースで攻めようとしたあたりに、試合運びの稚拙さを感じました。そして守備もかえってバタバタしてしまって、余計なファウルでみすみすチャンスを与えてしまった。「こいつら、山形戦や鳥栖戦の反省が全然できてないな」と思いました。

 そして何より解せなかったのが大榎監督のベンチワーク。2度目の勝ち越しに成功した70分あたりで、八反田、枝村あたりはかなり疲労しているように見えました。だから試合中見ていて「そろそろフレッシュな選手を入れて、もう1回前からプレスをかけるようにし、ボールを奪ったらフレッシュな選手を中心にボールを回させるようにすべき」と思っていました。が、迷っている間に同点弾を許し、あわてて村田、石毛、白崎を入れても、村田以外は大したインパクトを残せず。ゲームを落ち着かせるという意味では六平という選択肢もあったし、「本当に決断力のない人だな」と、怒りを通り越して呆れました。

 監督のみならず組織の長というのは常に決断力が求められます。それが出来ず後手後手にまわるばかりのリーダーは害悪でしかない。その意味で、もう何回もここで書いていますが、大榎監督に組織の長たる資格はありません。前の山形戦で長沢を最終ラインに組み入れたはいいが、ボールを前から追う選手がいなくなって、同点弾を許したあの時からなーんにも進歩してません。いくら「監督の仕事の7~8割は試合前の準備」であっても、これでは・・・。やっているサッカーも攻守とも個人頼みで、健太さんの時にも行われていたコレクティブな守備が完全に失われているし、これでどうやって監督を信じられるでしょうか。少なくとも僕には無理です。

 この日のように勝てる試合をみすみす落としたのはホームだけでももう3回目。このような形で勝てる試合を落としたチームは過去にも何チームかありましたが、それらのチームがどのような末路をたどったのか。僕にはもう絶望感と諦念しかありません。次は川崎戦で多少なりともこの絶望感を払拭する試合を見たいものです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 現時点の精一杯(7/15 鹿島戦) | トップページ | 「監督」という仕事(7/25 川崎戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/61921252

この記事へのトラックバック一覧です: 諦念・・・(7/19 名古屋戦):

« 現時点の精一杯(7/15 鹿島戦) | トップページ | 「監督」という仕事(7/25 川崎戦) »