« 無能な監督と11人のフヌけ野郎ども(7/11 神戸戦) | トップページ | 諦念・・・(7/19 名古屋戦) »

2015年7月16日 (木)

現時点の精一杯(7/15 鹿島戦)

 昨日(7/15)はアウェイでの鹿島戦でした。仕事でバタバタしてしまって、家に着いたらちょうど試合が終わっていました。

 帰りの電車の中でTLを見ていましたが、かなりハラハラドキドキする展開なのが伝わってきて、「何とか勝ち点1だけでも持ち帰って欲しい」と祈るような気分でした。それだけに最低限の結果は得られたので、ホッとしました。

<明治安田生命J1リーグ 2nd.stage 第2節 於 県立カシマサッカースタジアム>

 清水エスパルス 0ー0 鹿島アントラーズ

 で、先程録画した試合を見終わったのですが、「うーん、やはり前途多難だなぁ」という印象は拭えませんでした。

 この日、大榎監督はメンバーとフォーメーションの両方をいじってきました。GKに杉山力を入れ、中盤の3人は総取り替え。フォーメーションも、ボランチを2枚にしてトップはウタカ1枚とした3-6-1にしてきました。前節に破綻した守備組織を立て直すためだったと思いますが、100%上手くいったとは言い難いと思います。

 ボランチを2枚にして前の河井、元紀を鹿島のボランチ2枚にぶつけた事で、確かに前節のように真ん中で簡単に起点を作られる事はなくなりました。が、サイドのスカスカ感は相変わらず。両WBには相手のサイドハーフを見させようとしたと思うのですが、彼らがつられて空いたスペースを相手の思い通りに使われて、何度も危ない場面を作られました。さらにその時はこちらの3バックが対応せざるをえなかったわけですが、そのために空いたスペースを誰が埋めるのかがどうも曖昧だったし、「サイドは捨てて真ん中ではじき返す」戦術をとったと仮定しても、そのわりには相手のトップや二列目がフリーになっている事が多く、正直いつやられてもおかしくなかったと思います。無失点で終わったのは相手のラストパスやシュートの精度が低かったという面が大きく、とてもとても「守備が機能しはじめた」とは言い難いという印象です。

 全員がよく集中して、体を張って守っていたのは確かです。それはとても評価できます。田坂コーチが一番にテコ入れしたのはそこかな、とも思います。ただ、これは某サッカー雑誌の受け売りですが、日本の選手は守備において簡単に体を投げ出し過ぎという面もあります。やはり大事なのは最初のポジショニングと「どこにボールホルダーを追い込むか」についての共通認識です。それについては昨日のエスパはまだまだだったと思います。とはいえ、あの惨敗からわずか3日しかたってませんからね。その意味では、現時点での精一杯だったのでしょう。まずはほんの少し前に進んだ事を評価しつつ、引き続き守備の立て直しに努めて欲しいと思います(「今まで何やってたの?」という思いはありますがね)。

 攻撃は、まああれが精一杯でしょ。あれだけ押し込まれたら。むしろ後半はよくチャンスを作った方だと思います。それだけにどれかは決めて欲しかったですね。特に元紀の3回目の決定機。あれは決めないと、エースナンバーが泣きますよ。

 これで最下位は脱出したらしいですが、まだボトム3なんで全く気を緩める事は許されません。次はホームで名古屋戦。前節のような大失態はできませんよ。サポーターからの信頼を取り戻すためにも、最善の準備をして欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 無能な監督と11人のフヌけ野郎ども(7/11 神戸戦) | トップページ | 諦念・・・(7/19 名古屋戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/61897327

この記事へのトラックバック一覧です: 現時点の精一杯(7/15 鹿島戦):

« 無能な監督と11人のフヌけ野郎ども(7/11 神戸戦) | トップページ | 諦念・・・(7/19 名古屋戦) »